KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


20
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

動かず

二日酔いでちょいと来た事を後悔したけれど、来たらきたでそれなりの収穫もありました。

まぁ詳しくは書かんけも…。

♂の位置、♀の位置を確認。

動きが無いので寝て待つ。

一時間半後、妙な鳴き声に飛び起きる。

見上げるとノスリがソアリング。

それに警戒して♂が鳴いていた。

ドックファイトを始めるかと期待したけれどノスリもそのまま飛び去り、オスも少し飛んだけれどすぐに定位置に戻ってしまったのでした。

DSC_6746_02.jpg
スポンサーサイト



 

Comments

Edit
いつも大迫力の写真に驚いています。どうやったらこんなのを撮れるんでしょう。この写真も、かなりの距離からピンポイントで撮っているように見えます。

鳥を見るのは好きなのですが、ワシタカ類の識別は苦手です。というか、まったくできません。

ぴゅーっと飛んで行ってしまうので図鑑と見比べる暇もないし、はるか遠くまで飛んで行ってしまうので、止まっている様子も見られないし。勉強法のようなのがあるんでしょうか。
Edit
shirotaさん、おひさしぶりです。
華氏が一度みんなで集まってオフ会やりたいですね、と言っておりました。

この写真もほぼピクセル等倍に近いくらいトリミングしております。
もっと引いた絵なら粗も隠せるのですが、ここで出会った人の話では雛を持ち去る密猟者が居る様だとのことだったので周りが写って場所バレしないようにザックリ切り落としております。

ワタクシも瞬時の識別ではなく写真に撮ってから調べるかんじです。
ハヤブサはひらけたところに居るので探しやすいですが、旋回能力にたけた森の猛禽はワタクシもなかなか見つけられませんです。

勉強法というか猛禽の場合先ずはトビであるかないか、からですね。
見分け方は尾翼。
閉じて凹尾、開いて三角形ならトビです。
尾翼を広げずに飛んでいる、広げると円尾だ、となるとタカ類。
小学生のころトキ保護センターの近辻さんにそう習って、それがいまだにワタクシの基本になっております。
とまっている猛禽さがしは枝にレジ袋みたいなものが見えないかですね。
大体、お腹が白いので遠目に見るとそう見えます。

あとはもうひたすらにチャンスを待つばかりですね。
バシッとピンのとれた飛びモノを撮りたいのですが、さっぱりうまくいきませんです(´_`A


Edit
ご無沙汰しております。二月に御祈祷の酒をもとめにうかがって以来
になります。毎日ブログを拝見しているので、マコトにマコトに自分
勝手ながら「無沙汰」な感じがしていませんでした。

華さんのブログも熱心に読ませてもらっています。オフ会があればぜ
ひ参加させてもらいたいところ。次の佐渡行きは七月最終週までおあ
ずけになりそうですが、そういう企画があればそのためだけにでも渡
島したいくらいです。

トビは翼の形も独特ですね。ここまではどうにか分かりそうです。
それ以外は、はじめは闇雲に望遠で写真を撮って確認、というのがい
いのかもしれませんね。うちのコンデジでもズームいっぱいにすれば、
どうにか判別できるかも。今度からやってみます。でも、このブログ
の写真を見ていると、いいカメラ、もしくは望遠鏡がほしくなってき
ます。道具だけよくても、腕がないとこんな写真は撮れないと分かっ
ているはずなのに(笑

外海府で、春に歩くといつでも巨大なワシタカが飛び立つところが
あって、オオタカではないかと想像、もしくは希望を込めた妄想をし
てます。江戸時代に、佐渡から江戸へ「鷹」を献上した記録が多く
残っていますが、多分オオタカではないかと。

「レジ袋」、おお、そんな見え方ですか。分かりやすいような分かり
にくいような(笑 大きさ、色合いがそういう感じなんでしょうか。そ
れっぽいところで双眼鏡を振り回して、レジ袋探してみます(笑
Edit
七月最終週ですか。
了解、ちょいと華氏と相談します。

トビの見分けができるのなら次はノスリです。
佐渡の山中で見る猛禽で最も多いものはトビ、ノスリ、ミサゴの三種類なので先ずはこの三種類の特徴をしっかり覚えるのが良いかと思います。
Edit
予定があれば、ぜひお誘いください。休暇を確保しないと:)

ノスリからはもう「分からん」。大きさと色がトビに似ていて、でもトビの特徴がないのはみなノスリと思うことにしていました。こんどカメラで狙ってみます。
ミサゴは、トビよりも少し大きめで、全体に(特に顔?)白っぽくて、首が長く感じるあれですよね。
Edit
shirotaさん
7月最終週ってどんな予定でしょうか?
こんなのは勢いですからね。
んでもってどんな感じがいいでしょうかね?
朝飯までは出ませんが奇楽庵で雑魚寝もOKっす。
外海府の方が都合が良いようならうちらが行くか、と昨日偶然会った華氏とちょいと話したのですが…。
ちなみにウチのメールは shimahatu2@yahoo.co.jp っす。

ノスリはダルマ鷹と言われるようにずんぐりむっくり。
これがまた平野部から結構な山奥いるんですよね~。
遠目に飛んでいるとクマタカ来たか!?といつも思うのですがノスリと判明した瞬間に、こんな山奥なんだからクマタカ来いよな~っとがっくりするんですよね。
Edit
アドレスありがとうございます。予定などご連絡します。

ノスリって、大きさがトビか、それより小さいくらいですよね(いまあわてて図鑑を見た;笑)。下面から見ると黒い模様が特徴なのか。

北外海府で見るのは、沢の高いところを通っている水路からなので、上からの姿を見たことがない... 以前北海道オホーツクに何度か行ったときに毎回見かけた、オジロワシくらいの大きさなのではないかと、記憶が美化捏造されつつあります。クマタカの可能性も...

でも、トビの次はノスリを覚えるといいということで、注意して見て歩いてみます。住んでいるのが田舎なので、最近も「トビでないワシタカ」がカラスと戦闘しているのを自宅庭から見ました。これも一瞬の出来事で、同定に至らずorz

カメラをいつも抱えておいて、見つけたらズームで撮るのが初心者向きかな。頼りのコンデジは先日キャンプで夜に酔っ払って沢に落ちかけたときに傷だらけになりましたが、まだ機能しています。

Leave a Comment








1
2
3
4
6
9
10
12
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom