KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


09
Category: DIY   Tags: DIY  リフォーム  

二階補修

補修作業が二階に移ったのはちょうど一年前。

天井が低く小さな窓が一つ。

照明は裸電球が一つ。

壁は漆喰を塗っていない粗壁。

コンセントの差し込み口は無い。

ものすごい閉塞感で物置状態で放置されていた部屋。

IMGP0495_convert_20100327182116.jpg


閉塞感を解消すべく御前への土壁を大胆に取り払った。

IMGP0509_01.jpg

そして新たな枠組みを立てたのち上部の変木の部分をどうしようか頭を抱えた。

IMGP0533.jpg



スタイロフォームとつまようじを駆使し天井裏からの断熱を行い、

IMGP0546 (2)

さらにここに合わせてカットしたコンパネで塞いだのです。

DSCN5434.jpg

畳だった床はフローリングに変更。

IMGP0698_convert_20100816193445.jpg

資金難から粗壁は次々とコンパネで閉じられました。

DSCN5840.jpg


匠は角材とツマヨウジと木工ボンドで同じ大きさの四角い枠をいくつも作り始めました。

DSCN5842.jpg




そしてついに(ひとまず)完成の日を迎えました。


ちゃんちゃんちゃんちゃらちゃららら~♪



大正から時を止めたままだった様な二階。

IMGP0495_convert_20100327182116.jpg


寝室として見事に生まれ変わりまわりました。


DSC_2581.jpg

カーテンがちょっと長い様ですが後々詰める事を考慮して半額で売られていたものを購入。


今のところは住む予定は無いので

唯一、雪が降ってもすべての扉が閉じられる部屋なのでこたつを置いて当面は居間として活用。


あのいくつも作られた長方形の枠は、

DSCN5842.jpg


ぶち抜いた土壁の開口部として残した部分に窓としてはめ込まれました。

DSC_2587.jpg

右側は御前の様子が見られるようにアクリル板で、

左側は断熱性も得られるダンプレートを使用することでコストを抑えつつ明かり取り。



なんということでしょう、匠は熱がこもる夏場も考え風を通せるように開閉式にしたのであります。

DSC_2588.jpg


コンパネと変木のどうしても埋められないすき間を漆喰で補い、

フライトジャケット好きなきらくあんの為に匠はイレクターで衣紋掛けを付けたのであります。

DSC_2583.jpg

階段に脇作られた本棚からいつでも好きな時に大好きなマンガを読むことができます。

DSC_2584.jpg




これで今回の二階補修はひとまず終了したのであります。


しかし一眼とコンデジの画像の差がスゴイな・・・(--;


次は塀垣やらねば… はぁぁぁ




スポンサーサイト

テーマ 家づくりブログ    ジャンル ライフ



 

Comments

Edit
おお~~っ!すばらしいじゃないですか!
なんか落ち着いてま~~ったりできそう。。。
コタツの天板をアップでお願いします。
Edit
どこのご家庭にもある普通の天板ですけも(爆

Leave a Comment








1
2
3
4
6
9
10
12
14
15
16
17
18
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom