KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


23
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

過ぎ去りし永遠の日々

通して書けば1本ですむのにカテゴリなんてものがあるからテーマ別に書かねばならない、めんどくさ。


10112301_convert_20101123132246.jpg


まぁサイズは可愛らしいもんでしたが、先日もそこに投げてお気に入りのルアーを引っ掛けて、そこに見えているのに回収できないという屈辱を味わっているもので、とにかく狙った通りに掛かってくれて良かった。

その姿を見るまでは黒鯛だと思っていたのですがスズキでした。

しかしワタクシが驚いたのは完全に陸の上に揚げてからでございました。


さえずり耳を傾け頭を上げると目の前に一羽の鳥。

お腹がオレンジで青いあなたはイソヒヨド・・・


ブシューーーーッ



鼻血を噴き出し、目玉が飛び出した。


か、カワセミや…


なんでこんなところに!?


カメラない…

あっても光量不足で写らんけど・・・。

呆気にとられていると、翡翠は飛び立ちまるで千鳥のように波間を抜けて沖へ飛んでいった。



渓流から一気に海に注ぎ込むこの島では餌が乏しくなるこれからの時季は海の魚も獲るのだろうか??





スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
5
6
7
11
12
13
14
15
16
17
18
19
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom