奇楽庵

毎日がとろけるスピード


20
Category: fishing   Tags: ---

払い出し

ずいぶんと早くに目が覚めて移動開始したものだから、釣り場に着いても夜は明けず。
ヘッドライトを置いてきてしまったのでゆっくりと着替えて夜明けを待つ。
結局待ちきれず月明りを頼りに移動開始。
視界が利かないといつもの場所でも少々迷うもので、まぁそんな事よりも怪我しないことが第一なので
早く明るくならないかなぁ、と思いながら一歩一歩慎重に進むのです。
近頃、夜の釣りをしていないからアピールカラーのルアー入れてきていない。
轟轟と唸る海に一投、また一投と打ち込んでいくのだけれど反応はない。
とうとうやっちまいました。
風にふけた糸が岩の上。
やっぱり切れちゃって痛恨のロスト。
スプール交換で再開。

ようやく明るくなって状況把握。

三角波をともなって強烈な払い出し(離岸流)。
今日出るのならここを置いて他にない。
通してみるとルアーに驚いた小魚たちが飛び跳ねる。
間違いなくココ・・・ の筈なのだけれどまったく無反応。
これで出ないのなら魚がいないとしか思いようがない。
諦めて撤収。
移動途中に可能性のありそうなところを確認するといつもなら難なく通せるところでガツンと。
まさかの根掛かりでさらにロスト羽目に。

あ~、ダメだ、ツイてねぇわ。

海を見ながら運転しているとどうにもこうに気にかかる払い出しにちょいと寄ってみると
きました、きました、読み通り。
チラッと尾っぽ見えたけどたぶんヒラメ。
でもすぐばれちゃった。
またすぐ来るだろうと思ったら全然こねぇでやんの。

んで、さらに気になる払い出しで、ゴン、とデカい当たり首を振って走り出したらすぐバレちゃって。
今度こそ獲ってやるぜ、と意気込んだら根掛かってルアーロスト。

信頼する上位三位のルアーを一日で Orz
今シーズン絶好釣だった運気も一気に払い出し。

DSC_4639_20161220201014ab4.jpg



スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








3
5
6
7
9
11
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom