奇楽庵

毎日がとろけるスピード


19
Category: 自転車 ラン   Tags: ---

佐渡トキマラソン2016

IMG_1462.png

IMG_1464.png

IMG_1467.jpg

やむ気配なし。
テンションダダ下がり。
この時点で最終の船だけが△だったけれど、他はすべて欠航決定。
結果、最終も欠航となりましたが。
皆さま雨をさけておんでこドームに集中。
この時、スタート地点は雨だけで風はなし。
10時、フルのスタート。

IMG_1468.jpg

あ~、も~、ホントにやるのかぁ・・・、って感じ。
ということでハーフのスタート。

IMG_1469.jpg

ワタクシはごみ袋に百均の雨がっぱを着てスタート。

ところが走り出したと同時に雨が上がり、二キロくらい?
椎崎温泉で蒸し風呂状態。
カッパは無用の長物。
脱いでしばらくは持って走り、途中でスタッフに処分をお願いする。
みるみる天候回復。
青空になってゴーグルが欲しいほど強い日差し。
このころから風が強くなりだした。

IMG_1470.jpg

走りながらなので指入っちゃったけれど折り返し付近、同じ日とは思えない空。
ただし激風。
風にあおられて自分で自分の足を引っかけるほどの風。
新穂中学校を曲がると今度はブレーキを掛けながら走るほどの追い風。
道の駅前の給水所はテントを片付けだして、畳むのが間に合わないテントを皆で必死に押さえている。
追い風に乗ってこれはタイム出せる感じかな、と思ったらラスト五キロほどで突然右ふくらはぎが攣りだしちゃった。
結果、今まで一番遅いタイム。
まぁ、不安だった左ひざも無事だったし完走できたから良しとしましょう。

戻ると手荷物預かり所も強風でテントを畳んでおりました。

IMG_1471.jpg

で、ワタクシが帰路についておりますと国道沿いに明らかにヤバい雲がものすごい勢いで現れたかとおもうとやまきホテルの裏手山中に落雷。

IMG_1473.jpg

それを合図に大粒の雨が降り出し、車さえも前に進まない程の強風。

IMG_1475.jpg

これがまさにこの時点で全国一の瞬間最大風速37.4mが吹いた瞬間。
おそらく手荷物もびしょぬれだろうなぁ。

こりゃ、中止しないとヤバいよ、と新穂瓜生屋に先輩が棒ふりをしていたのでそこに行ってみるとまだ走っていたのでワタクシも応援。
それがパッタリと選手が来なくなりどうした??
と話していたらやはり大会中止。
選手は新穂小学校でストップ。
ですが想定外の事態に選手輸送のバスがないのか、寒さに耐えられずゼッケンを外して自力で帰ると走り出すや、タクシーを呼んで乗り合わせで帰る人。
新穂小学校は厚意で体育館を解放してくれたらしいのですが、潟上イセキ農機で止められた人は屋根もなくこれかぶっててとゴミ袋を渡されただけだとか。
さらにゴールしていないからおにぎりも渡せない、なんてことになったようで
どうせ人数分あるんでしょうからおにぎり配っちまえばいいのに。
中止は正しい判断だと思うのですが、その後の対応に反省点の多い大会となりました。

つーか、毎年ワタクシが苦言を呈している給水所からゴミ箱までの距離が近すぎってのが全く改善されない。
走りながら飲み終えてコップ捨てようとおもうともうごみ箱がないからポイ捨てせざる得ないのですよね。
今回は風に飛ばされて田んぼに入っちゃったゴミも多いんじゃないかな。








スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
3
6
15
19
21
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom