KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


16
Category: お酒   Tags: ---

金鶴本醸造 生酒

DSC_9505_01.jpg

年度替りの書類提出やら、祭りやらでバタバタしちゃっていたもので改めてご紹介。

金鶴本醸造生、といえば暮れに発売される 本醸造しぼりたて生 がございますが、
こちらは4月から限定発売される商品。
一番の違いはアルコール度数。
16.6% とやや高め。
とはいえ原酒ではないのであしからず。
近頃はこういうの原酒じゃないけど原酒っぽい 「原酒タイプ」 なんていう方も、
居るかもしれない、けれど居ないかもしれない。
細かい判断はあなたにお任せ的方向で、あたしゃどっちがどうでも気にしない。
真実はアルコール度数が16.6パーで、ちょいと高いよって事なのです。

そんでもってもうひとつの特徴が炭素ろ過を行っていない、ということ。
だからといって無ろ過ではありません。
あくまでも炭素ろ過です。
まぁ砕いていえば、炭入れずにフィルター通しましたという話。
炭入れるときれいにはなりますが、やっぱ雑味だけ取り除くなんておいしい話はなくって、おいしい部分もとられちゃうものでして炭素ろ過をしないということで、より・・・ ん~・・・ より深い味わい?
ちなみに発売三日前になってようやく持ってきた案内のチラシには
「炭素ろ過せず生まれたての味をそのまま生酒で瓶詰めしました。」
と書いてありました。
なんか生まれたての味ってのがどうも引っかかってもっとうまいこといえないものかと思ったけれど、
そりゃも~、だばだ~♪あ~ぁ~、だばだ~、だばだ~、って歌いながら違いのわかるあなたに飲んで感じていただく他ございますまいってぇことでして、はい。

1.8L 2130円 (税込み2300円)
720ml 1065円 (税込み1150円)

※輸送の関係で島内と島外で価格が違うとの事です。





ごきげんやう。
さようなら。



スポンサーサイト



 

Comments

Edit美味かったです。
ずっしりとした中にキレもあり、不思議な感じでした。

原酒といわれると、なるほど近い感じしました。


まぁ美味い酒でオススメして会社の人にもお分けしました。
Edit
いやいや、原酒じゃないです、かならずタイプとかチックとか風とか原酒の後につけてくださいw

Leave a Comment








1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom