KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


29
Category: 島発2等   Tags: ---

小佐渡んつんぶり

ミルキウェイもくっきり、かなり小さな星々まで見えるのでコレはひょっとすると見えるかもしれん、と経塚へ。

昨日のお昼に噴火してまだ情報もなにもない、
命からがら灰まみれで無事に下山出来た人達と空高く舞い上がった噴煙の映像だけ。
あれだけ高くあがれば噴煙が見えるんじゃないかと小佐渡最高峰にあがってきましたが

IMG_0275.jpg

経塚山のつんぶりっちゃこんなんだったっけ??
たしか30年ぐらい前は山小屋があってもっと見晴らしがよかったと記憶していたのですが、うっそうとして木々の間からガメラレーダーが見えるだけでなんも見えん。
山小屋も無い。
あれって女神山だったのかな???

DSC_8736.jpg

名前は知りませんがかいらし花が一輪咲いておりまして、ここまで来てなんも撮るモンが無いのもなんだかな~と撮影。

あまりにもイメージとの違いに戸惑い、ここまできてどこか見張らせる場所は無いんかいとウロウロ。

DSC_8737.jpg

あれは城山公園だねぇ。
つーか、ガスってて新潟さえも見えん。
携帯でチェックすると御嶽山はこの方角。

IMG_0278.jpg

双眼鏡で目を凝らしましたがやっぱ見えませんね。
せめてアルプスがみえれば諦めもつくのですが無駄足だったか。

DSC_8746.jpg

経塚の牧場って大きいんですね~。

DSC_8740_20140929120834ad0.jpg

こんな広々した牧場があったとは知りませんでした。

DSC_8747.jpg

一部砂利道が雨水で深くえぐれておりまして、無事に帰れるのかと心配しましたが無事下山。
紅葉もまだ早く、サドカケスとホオジロとキジバト、カラスしかいませんでした。

ごきげんよう。
さようなら。






スポンサーサイト



 

Comments

Editshirota
江戸時代、浅間山の天明噴火(1783年ころ?)のときには佐渡に灰が降ってみなびっくりしたとか。

テレビもない時代「なんだなんだこのホコリみたいなのは」と言っていたところ、
数日もかからずに浅間山の噴火だと分かったようで、当時の情報網ってすごい。
Edit
忍者ッスね、伊賀衆っすね。
きっと忍法ムササビで海を渡って知らせたんですね。
迅速密な情報網、さすが天領だw
Edit
生き物を撮るのは流石ですね。
牛の迫力が凄い。
Edit
え!? ・・・居たから撮っただけですけど(大汗
テクニックもなんも使ってませんよ(--A
Edit
あら、まぁ、そうですか?
でも、写真って同じ時間に同じものを撮っても、人によって全然違いませんか?

素人評ですが、、、。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
11
13
16
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom