KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


13
Category: お酒   Tags: ---

秋の夜長

しばしの独身生活。
稲刈りも始まって夜ともなると車さえ通らず虫の音だけが響いている。
ジッ、じょわぁぁぁ、と炭に脂が落ちるたびに煙を上げて室内に漂い明かりを遮るほど。

DSC_8722.jpg

これはたまらぬ。
吟醸の香りは気どりすぎ。
やっぱ清酒。

DSC_8724.jpg

一日の疲れをねぎらってくれる一杯。
調子にのっちゃう二杯。
独り静かに飲む酒はまわるのも早くて飲み干す前にうつらうつらと舟を漕ぐのでありました。

ごきげんやう。
さやうなら。

スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
11
13
16
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom