奇楽庵

毎日がとろけるスピード


08
Category: DIY   Tags: ---

塀垣

あそこから6億出たぞ、おめぇ買ったか、とすごいテンションで聞かれましたが、サマージャンボ金なくて買ってねぇし・・・。
は~、6億か~、人生変わるんだろうね~。
まぁ、買っていないワタクシにゃ関わりのねぇこって。

そうそうそう、今年なんでナースセレブでーしょん(EC)のポスターもってこないんだ?
もってきた時留守してたかな??
と思ったのですが、なんか意識してみても全然見かけないんですが、貼ってあります??
どうなってんでしょ?




はい、ってことで竹垣にしたのはもう20年近く前の事。
もうダメだ、朽ちたと思いつつ見て見ぬふりを続けて5年以上は過ぎているかと。
直すにも竹が手に入らない。
辺りを見れば、もっと手を入れましょうよ、って竹やぶばかりですが、だからと言って勝手に伐採する訳にもいかず。
今住んでいる場所も元々は竹藪があったのですが、大家さんが おのれ にっくき と駆逐したものですから八方ふさがり。
それに竹垣は見た目は美しいのですが耐久性に難あり。
作るなら20年はもつように作らないと、そうちょこちょこお手入れするほどマメじゃない。

という事で、今年ついに直さねばならないところまで追い込まれましたもので久々の大工仕事。
金物はすべてステンレス。
骨格に当たる部分は栗材・・・なんてのが理想ですがそんモン買えるはずもなく、防腐処理をした2×4、ではないけれどそれ系木材。
杉下見板が・・・ 予想より高くて一度目の買い出しでは買えなかった。
と、いうか、欲しいサイズが品切れで長いものしかなくワタクシの車では運べなかったから丁度良かったのだけれど。

そんなこんなでのんびり構えておりましたところ、オープンワラで狼、否、虎どもが来ると言う事になりオープンワラ撮影がえりにホームセンターへ。
この時点で下見板が入荷していなかったらもう完全アウトでしたが、あるんですね~。
このくそ暑い、ジッとしていても気分が悪くなる炎天下の中 大工仕事。

枠組みを作って、カットした下見板を打ちつけて行きます。
ワタクシはプロではないのでどっちが正解かわかりませんでしたが、木裏を表にして打ちつけました。
風をまともに受けないよう風抜きを設けて間隔をあけて板を打ち付ける、
と言えば格好良いけれど、ぎっしり板を打ち付けると下見板がもう一束必要でそこはコスト削減、
といえばまたまたかっちょい~けれど、とどのつまり金がねぇのさ。
一束8枚、塀垣の幅と板の幅で計算して何センチ間隔で打ち付けて行くか、その辺はキッチリしました。
で、片面できた時点で防腐、防虫処理。

IMG_0120.jpg

もう片面は先に防腐防虫処理をしてからでないと打ちつけられないので、一先ずこの時点で宴会。
さてさて、もう片面の防腐処理は二日酔いの影響もあり2日の時間を要しました。
まともに互い違いに打ち付けますと通りから若干見えちゃうもので、裏面は見られたくない方向から見えないようずらして打ちつけて完成。

IMG_0137.jpg

この程度でも12500円ぐらい掛かってしまいました。
あぁ、生きて行くって大変(TーT


スポンサーサイト



 

Comments

Edit!?
ジャ、ジャイロは不燃ゴミになったんだかや!?
Edit
あ~、やっとキャノ再起動に成功しましたがアップは遠いな~。
誰かデカボックス、屋根一式セットで買ってくれんぇかな、なんて近頃思っちゃいます(TーT

Leave a Comment








7
8
9
10
14
15
19
20
21
22
24
26
27
28
29
30

top bottom