KIRAKUAN


21
Category: 自転車 ラン   Tags: ---

2014 続スポニチ佐渡ロングライド210

大野亀坂 ここでしんどいのは最初の左カーブ内側の勾配がキツイ。
右側によれば回避できますが、そっちは満員御礼。
センター寄りに出来る限りの迂回をしていたら後ろから来た人にこれまた、何この音楽??と言われて
あっ、オレっす、と苦笑い。
誰か歌いながら坂上ってるのかと思いました、と笑われました。

ここで再びZさんらしきふくらはぎ発見。
北鵜島で写真撮っている間に入れ違っちゃったみたい。
声を掛けたのですが、すでにかな~りお疲れの様子。
この方、まったく練習せずに佐渡国際トライアスロンBタイプやっちゃうつわもの。
たしかトキマラソンでもフルやってるハズなんだけど・・・。

昨年、shibaさんが寄ってソフトクリームを食べたいと言っていた大野亀ロッヂに到着しましたが、まだ涼しくてソフトクリームという感じではない。
またshibaさんはボランティアスタッフとして130キロについておりますので同行せず。
ここはスルーして一気に弾野エイドステーションへ向けて進みます。

二つ亀に差し掛かると下り坂。
皆さん、前傾姿勢でかっ飛んでいきます。
50km/h以上出る事でしょうがここは頑張るところにあらず、腰を伸ばしたり楽チンするところ。
しかしまぁ、ハチがスゴイ事。
名前は知らんけど黒い蜂。
群れていてぶつかってしまいます。
攻撃的な蜂ではないのですが、稀に風圧でその場で動けなくなると刺してくるので要注意。

9時 はじきのフィールドパーク エイドステーション到着。

これだけの人がいて、ホントの最北端まで行ったのはボクだけ??

2014051801.jpg

園内無人、閑散としています。

DSC_5261.jpg

昨年は咲いていた八重桜も今年は葉桜。

DSC_5264.jpg

バックの中で露出とか変わってしまったようで白トビ画像になっちゃった。

DSC_5266.jpg

昨年の今頃を思い出しながら眺める吊り椅子。
園内と駐車場ではまったく別の世界が広がっておりました。

はじきのエイドステーションを出発しようとした時、大野亀方向に向けて救急車が走って行った。
ここに至るまでマシントラブル以外の事故を見ずにたどり着きましたが、ついに事故が起きてしまったか。
気を引き締めて行きます。

楽しい外海府エリアは終了。
一気におべんとステーションへ駆け抜けます。
内海府トンネル内で後ろから車がきたので
「車行きまーす!」
と声を出したら前のトレインが一斉に
「わかりました!」
と返事が返ってきてちょ~気持ちいい~。
積極的に声出して安全確認、みんな無事故でゴールしましょう。

10時30分 両津港 おべんとステーション到着。
なんでも昨年は一軒ドタキャンしたとかでお弁当が足りなかったとかw
今年は3種類、と言ってもどれもおにぎり二個とおかず少々なのだけれど例年より豪華に見えちゃった小木屋さんのお弁当を頂戴しました。

DSC_5269.jpg


おんでこドームの柱を背にどかりと腰をおろして座りササッと平らげると日焼け止めを塗り直し。
もうすることもないから10時55分両津出発です。

DSC_5273.jpg

DSC_5274.jpg

次の停車予定は柿野浦、鼓童研修生の背後から通り過ぎる自転車を狙って写真撮ろうときめて出発。
川崎の坂を越えて椎泊。
ハルクホー岩(仏崎)のむこうに御新造さんのときわ丸を横目に入桑。
両津湾を挟んで対岸に見える大佐渡を眺めてあそこ走ってきたのか~、と感じ入る。
みかえり峠を越して赤橋の大川、そしてついに東海岸の終わり姫崎を越えて前浜エリア突入。
水津を越して赤亀、風島弁天。
停まって写真を撮ろうか、でもまだまだ両津を出発したばかりと云った感じでスルー。
この判断がのちに大きく影響する事になろうとはこの時微塵も感じておりませんでした。
風島弁天を越すと後はもうひたすら風との戦い。
昨年に比べればまだ弱いような気がしますが、大きな鯉のぼりも真横になびく向かい風。
ただひたすらにケイデンスを一定に保つ様、ギアを合わせてひた走る。
いつも思うのですが片野尾のトンネルを越してちょっと行けば赤玉ってイメージなんですが、実際走ってみると赤玉の遠い事。
たしかこの辺りでお昼を告げる時報が流れて、お尻がしびれてきましたが柿野浦まであと少し、と止まらず進む。
そしてようやくたどり着いたのです、柿野浦へ。
しかしそこには鼓童の研修生どころか、人っ子一人見当たらない。
ここ、柿野浦だよね・・・ と確認しましたが間違いない。
ワタクシは停車予定ポイントを失ってしまいました。
のっぺりした光景にここで止まってもねぇ・・・。
研修生の応援が無かった精神的ダメージはかなりのものだった。



つづく







スポンサーサイト

テーマ ロードバイク    ジャンル スポーツ



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
5
6
7
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom