KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


20
Category: 自転車 ラン   Tags: ---

2014 スポニチ佐渡ロングライド210

5/17 ゼッケンを受け取って戻ってくると悪魔おじさんが通過して行った。

DSC_5245.jpg

昨年は夫婦岩で一緒になって写真を撮らせてもらった。
今年もどこかで会えたらいいな。


5/18 朝4時起床。
真っ先にトイレにて軽量化に励む。
パタパタと葉っぱを打ちならす音。
え!? 雨?? と外を確認。
マジか~、天気予報は曇りからの晴れだったじゃねぇかよ。
雨だとハナッから話変わってくるし・・・。
どうするカメラ、持っていくべきか、置いてゆくべきか。
店から自走で行くつもりだったけれど、一旦自宅まで車でトランポ、それから最終判断。

いざ車を出してみると、局地的な雨のよう。
この日のためにカメラバックにはパラフィン塗り込んで防水処理はしてきたけれど、
果たしてその防水性能がどれほど効くものかは試した事が無いからわからない。
アウトなら一眼レフがオシャカとなってしまうけれど、流れる雲の行方と天気予報を信じて雨天装備は置いてゆく。

DSC_5247.jpg

5時7分 集合時間は5時15分なのだけれどすでにこの状態。
ここから徒歩でスタートゲートへ誘導。

DSC_5249.jpg

皆さん寒い寒いと口にしていましたが、例年比べたらそれほど寒くない。
さらに昨年まで6台2列の12台づつスタートだったものが一列増えて18台づつのスタートだったから待ち時間も短かった。

当初ワタクシは右側に居たのですが集合場所からここへ移動するまでに左側に移動。
右側の人はスタートから左側に寄る訳で他車を巻きこむ危険もあるし、ワタクシももうすっかり慣れたもんで慌てて行く必要は無い事を十分に存じておりますのでハナッからキープレフト。
出来ればドン尻の三列目スタートであってもらいたいと思ったのですが、一列目左端からのスタート。
一先ず、無事にスタート。
皆さんビュンビュン飛ばして行きますがワタクシは例年通り、50~60ケイデンスの安定走行。
悪魔おじさんをスタートから2kmも進まないうちに抜かしてしまった。
今年もどこかで写真撮りたかったのに(><;
エイドステーションで追いついてくれるかな、とも期待しましたが結局以後出会う事はありませんでした、残念。

至って順調。
天気も快方に向かっている。
稲鯨に到達する辺りで日も差してきて、ウインドブレイカ―を脱いでも問題無さそう。

DSC_5250.jpg

夫婦岩に到着。
ここでウインドブレイカ―を脱ぐ。
トイレに寄る人以外は皆さん素通り。
そんなに慌てなくても十分間に合うのにな~。
だ~れも寄って行かないなんて・・・ みなさん、楽しんでます?? と思いつつ再スタート。
大浦で鎌岩を眺めつつ登り坂に差し掛かろうと云うところ、ワタクシを抜かしたおねぇちゃん、抜かすなり幅寄せ。
わっバカ、オイラの前輪巻きこんじゃうべ。
ヒヤリとしましたがギリギリ接触はまぬがれました。
そんな調子で走ってると事故っちゃうから~。
抜かす時の声掛け、進路変更の手信号しましょうよ。
声掛けると結構答えてくれて気持ちいいっすよ。
手信号は手を伸ばすとバランス崩しやすいから、お尻の脇にチョンと手を添えるだけで相手に伝わりますから。
じゃないと怪我した上に高い自転車、一瞬でオシャカになっちゃうんだから。

ちょっとイラッとしていたら、背後から女性の声で
「バック開いてますけど大丈夫ですか?」
どうやら夫婦岩でウインドブレイカ―をカメラバックにしまった際にチャックを閉めた忘れた模様。
「全開ですよ!」
と言われ、ありがとうございますとお礼を言って停車。
カメラ落っことさなくてよかった・・・。

老人ホームの施設内から応援してくれているのに手を振って応える。
春日崎を越してしまえば七浦海岸エリアも終了。

6時40分相川エイドステーション到着。

DSC_5252.jpg

昨年、コスリヤくんがおそばのテントでボランティアをしていたのですが今年はいませんでした。
千畳敷きでトイレに立ち寄り、ここからⅰpodと携帯スピーカーで音楽じゃかじゃか掛けながら行く事にしました。
ロードバイクって静かで早いから、突然抜かされるとビビったりする訳ですよ。
今までのロングライドで、その解消にいいなと思ったのがカウベル。
カランコロン、自分の位置を知らせてくれます。
ですがワタクシは思いっきり騒がしく行く事にしました。
昨年は口笛吹きながら走ったから、もうこの際ホントに音楽掛けちゃえ的方向。

この時、カメラバックに引っ掛かってゼッケンが外れかかっている事に気が付いた。
うわ~、ゼッケンホルダー無くしたのショック~。
と、もうそこでゼッケンを外して折りたたんでポケットにしまっちゃいました。
ヘルメットのゼッケンステッカーとフレームに付けたチップがあれば十分。
でも来年はベルトタイプの用意しようかな。

佐渡最長の鹿ノ浦トンネル。
みなさんの赤く点滅するテールランプがきれい。

DSC_5254.jpg

7時40分入崎エイドステーション到着。
ここもゆっくりせずにすぐに出発し、石名の清水寺で清水をのんで休憩。
ここもだ~れも立ち寄らず皆さん素通りでビュンビュン行っちゃう。
そんなに跳坂Zが楽しみなんでしょうかね~。

DSC_5255.jpg

8時14分 着きましたよ~。
この坂は見た目だけです。
気張って登らなくても上がれます。
気負ってひーひーいいながら上っている人に、音楽掛けながら上るワタクシに余裕ですねと言われてしまいましたw
Aタイプの気張るところは小木のエッツミ坂だけ。
後はただペダルを回して居ればゴールできます。
ただし、昨年は大佐渡エリアインナーギアを使用せずに回りましたが、今回は練習不足と膝上あたりに若干攣りそうな気配を感じたので早々にインナーギアを使用。

DSC_5256.jpg

8時22分 トンネル前到着。
さすがにここは停まって写真撮る人が大勢でしたね。

跳坂を登りきり、ブレーキを握りながらの下り坂。
一気に大ザレを越して旧両津市へ。
外海府エリアから佐渡最北エリア突入。
今年もワタクシを引き寄せる風の神様、諏訪神社の前を手をかざして旅の安全を祈願しつつ通過。
大川を越して真更川。
浄蓮坊川を越して北鵜島へ。
ここで前を走る人のふくらはぎを見て、この足、Zさんじゃね??
と抜かしながら確認したけれどすでに危険な裏Zに突入。
声は掛けずに追い抜いた。

最初のヘアピンで、どうやらこの日、車田植えが行われるようで装束を着たおばおねぇさん方がいた。
さすがに見物してる程の余裕はない、残念。

DSC_5260.jpg

8時41分 北鵜島通過。
ついに大野亀が目の前に。

時間無いからつづく。
















スポンサーサイト

テーマ ロードバイク    ジャンル スポーツ



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
5
6
7
11
12
13
14
15
16
17
18
19
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom