KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


10
Category: 島発2等   Tags: ---

帰路

膳棚行きのメンバーと別れ独り帰路に就いたワタクシは、何年ぶりかで寒戸(さぶと)に立ち寄る。
鳥居の様に横たわる杉は変わらずにいましたが、ワタクシはひどく落胆した。

DSC_3869.jpg

立派なお社が・・・

DSC_3870.jpg

お堂になってる。
海府大橋が開通したばかりの頃、家族でここを訪れたとき、たまたま神主さんが居てでっかいスズメバチが大きな羽音をたてて飛びまわるのに怯えながらお祓いをしてもらった記憶がある。
いまはお堂とはわかるけれど、残念ながら神社という感じではなくなってしまっていた。

今はもう朽ちて無くなってしまったけれど

DSC_3872.jpg

ここに小さな小屋が建っていて、仙人が住んでいたんですよ。
仙人、のようなじゃ無いですよ。
白くてなが~い髭をはやした仙人がホントに住んでいたのですよね。
あれ本モンだよ、本モンの仙人。

大ザレを越し、いつも通りワタクシを呼び止める風の神様にごあいさつ。

DSC_3882.jpg

参道を歩むと、クルミがたくさん落ちておりました、山なのに。

DSC_3883.jpg


そうそう、そういえばおかしな話を聞きました。
子どもころよく山にクルミを取りに行ったと・・・。
クルミを山でとはおかしな話だ。
クルミは海岸で拾うもんでしょ。
あれ海の食いもんでしょ、海藻じゃないのって思うくらい海岸にゴロゴロ打ち上がっております。
ホントに山で採れるんですね~。
初めて実感した。
ケツポケに常備しているマカダミアナッツ割で割ってみました。

DSC_3884_20140210175556e84.jpg

生で食っても美味いもんじゃないね。


真更川を越して北鵜島を通過。

DSC_3886.jpg


DSC_3887.jpg

大野亀坂にさしかかろうかという時、

突然大野亀のむこうから海保のヘリが飛び出して驚きました。
くそぉ、くるとわかっていればカメラ構えて待っていたのに…。

DSC_3888.jpg

てか、膳棚渡れず落水したら118番海上保安庁だな、とか言っていたよなぁ…。

落ちた??

まさかね・・・ やっこさん等が落ちてもへりまでは飛ばしてくれまい。

カンゾウの咲き乱れる頃と違って寂しいかぎり。

DSC_3892.jpg

この季節なのに荒れていないと云うのも逆に寂しかったり・・・。

DSC_3896.jpg

充実した休みを終えて現実に戻ったのでありました。


スポンサーサイト



 

Comments

Edit帰路
一人楽しんでおられたのですね(^^?
寒戸崎にそんなお社があったとは知りませんでした。

海保のヘリが飛んでましたね。
私たちが膳棚から帰った頃でした。

てっきり、きらくあんさんが気を利かせてくれたのかと思いましたよ(^^)
Editん?
たしか師匠はお社の写真押さえていた気がするな~。
Edit!?
横たわる杉・・・すげぇ~な~

っていうかケツポケにナッツ割常備ってもっとすげぇ~v-12
Editえ~
ケツポケにおもしろいモン突っ込まずにジーンズ履いてる人の気がしれませんけも。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom