KIRAKUAN


05
Category: 島発2等   Tags: ---

ついに会えました。

あの人と話しても、この人と話しても、蔵仕事をしていても、焼き鳥を食っていても、SNSでは妹、のような者のお友達、あらゆる方面からその名は聞こえてくるご高名な「師匠」。

まぁその内にどこかで会うでしょう、と思っていたのですがもう何年も経つというのにいまだにあった事が無い。

それは長岡で特撮博物館を見終えて携帯の電源をオンにした瞬間でした。

2月1日、師匠に会わせてやるから出てこいやぁぁぁ、とは書いて無かったけれど、まぁそんな感じで連絡が入ったのです、手旗信号の動画で。

だけど仕込みがあるから無理なんだな、と思ったら丁度蒸かしが無い日にぶつかりまして、急遽参戦。

そしてついにお会いしました。

DSC_3829_20140205200924d61.jpg

あぁ、あなたがご高名な師匠ですか!!
やっと会えました!

DSC_3824.jpg

も~、噂はかねがね、行く先々でうかがっております。
という具合でオフ会・・・

いやいや、ワタクシと師匠はオンラインでは繋がっていないからオフ会ではないな。

DSC_3832.jpg

師匠とワタクシのカメラの兄弟機、師匠が兄貴でワタクシが弟。
んで師匠は面の絵を、ワタクシは点の絵を、と対照的。
ですが、師匠は出力もするしコンテストにも参加する。
ワタクシは出力はほとんどしないただ撮って御蔵入り。

DSC_3833.jpg

そんな師匠にいろいろと教えていただきました、何かを。

DSC_3835.jpg

いや~、実に有意義な時間でした。

DSC_3836.jpg

それにしても6人中、4人が一眼、1人がミラーレス、とカメラ率が高いものだから、一皿一皿出てくる度に
パシャパシャパシャ
鳴り響くシャッター音。

DSC_3840.jpg

これまた噂には聞いていましたが 海府荘さんのフレンチ がここまでガッツリフレンチだとは思っていなくてひどく驚きました。
あぐらでナイフとフォークというのが想像以上に違和感があったのだけれど、も~、そんなことも笑いの種の内でした。

おかげさまで、食後の「会議」も盛り上がり、酔っぱらって手帳にメモした内容は字が汚くてまったく解読不能。
なんの話をしていたのかも記憶喪失。
そんな状態で気付いたら午前二時。

いや~、楽しいひと時でした。
ご同席の皆さま、ならびに海府荘さん、大変お世話になりました。

写真についてはこちらと完全シンクロしております。




スポンサーサイト



 

Comments

Edit
これは目の毒だ v-10

同じお題でも受ける印象は違うもんだね!※文体除くw

Edit
カメラばっかり、変な飲み会でしたw

Leave a Comment








1
2
5
7
9
13
14
16
17
19
22
23
26
27
28
29
30
31

top bottom