KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


21
Category: 島発2等   Tags: ---

風邪ひきました、もう治りました。

一度はパタッと来なくなった迷惑メールですが、一日置いて いんふぉ@ナニナニ で始まるメールが日に30通近く。
さすがにもううんざりしてリンク付きのメール拒否設定にしたらぱったりと来なくなったはいいけれど、オークション終了間近を知らせるメールなんかも来なくなってこれはコレで始末が悪い。
なんとかならんのかい。

長岡から帰ってきて2日目、喉に違和感。
まぁ思い当たる節は多々ありますが、近頃朝起きるのがしんどかったので疲れもあったのでしょう。
早い段階で薬飲んでマスクして大人しくしていたら二日で直りました。

そう、それは蔵仕事前半戦。
連休明けの火曜日だったか、突然明日仕事休みでお願いしますと言われ、
もっと早く言えよな~、事前に言ってくれれば調整して店閉めて特撮博物館観に行ったのによ~。
とぼやいて以来、事前に知らせてくれるようになったのですが、連休明けというビックチャンスは以来無く、
こりゃもうダメだねと諦めておりました。
それがハッピーマンデだかラッキマンデだかで小正月を動かしちゃったから15日本番が暇になっちゃった。
そこに蔵仕事の休みもドンピシャ。
この気を逃してなるものか、と即行動いた次第。

あの日朝の気温-3.7℃。
普通ならフライトジャケットはN2BまたはN3Bをチョイスするところですが機動性を考えますと、保温性は落ちますがここはB15Cを着て出発。
もしかしたら帰りは酒飲んでるかも知れない。
最悪の場合、自宅まで戻らず店に泊るパターンも想定して車は店に置いてバスで港へ。

乗船したらいつもとは違う船室に???

何この船? 何丸??

とエントランスに確認に行ったら現在最古参あら懐かしやこさど丸。
へ~、こんなだったっけ。
たしかこの船からスタビライザーがついて時化でも安定性が増したんだよな~、その代わり水平を保ちつつローリングするけどね、っと酔い止めの缶ビールをプシュッ。
カーッ、朝一のビールは初めて飲んだあの日の味がするぜぃ。

毛布けかて寝ていたのだけれど、気~持ち寒くて目を覚ますとすっかり夜が明けておりました。

DSC_3703.jpg


新潟駅までバス移動。
お得なSきっぷは発券メカでも買えると聞いていたけれど、片道のみという張り紙がしてあったので確認せずに緑の窓口。
改札口を抜けると発車ベル、8時24分発ギリギリアウト。
致し方なく次の9時初の新幹線が待つホームへ上がってしばらくしてから8時24分発出て行きました。

DSC_3705_2014011612325861c.jpg

もしかして、あれに乗れたんじゃね(--?


9時発に乗車して待っていたのですが発車6分前、
コイツは長岡に止まらない、次は大宮
という事に気が付き下車。
9時14分発に乗り替えたものの、あのまま日帰り東京もアリだったかな、なんてちょいと思っちゃったりして。

なんか長岡に近づくにつれて雪が・・・。

DSC_3706.jpg


そんなこんなで無事長岡入り。

DSC_3709.jpg

8番線から市内循環くるりん内回り9時57分発がくるまでくそさみぃバス停で待ちましたよ。
待ちわびましたよ、待ち焦がれましたよ。
しかし待てど暮らせどバスは来ない。

??? 見逃した???

どゆこと???

次は10時22分発。
すでに10時24分ですけも。
すると越後交通のおばちゃんがやってきまして、事故で内回り来ないので外回りに乗ってくれと。
もっと早く言えよぉぉぉ、寒過ぎてちょい悪寒するし。
外回りに乗ると道中くるりん内回りは赤い車に追突しておりました。
ハイブ長岡で下車、外回りと内回りはコースが違うので少々歩かねばなりませんが何なのこの雪の多さ。

DSC_3711_20140121184103af4.jpg

 
せっかく朝イチに乗ったのに接続が悪くてエライ時間掛かっちまいましたがようやく到着。

DSC_3731.jpg

最終日間際の平日、ガラガラでゆっくりと思っていたら甘かった。
この人たち、仕事何してんのってくらい人が居ました。
一時間位かと思っていたのがあまかった。
なんと3時間も掛かるという予想以上の見応え。

CMで撮影OKみたいなこと言っていましたが、撮影していいのは最後のセットのみでガッカリ。

DSC_3714.jpg

DSC_3715.jpg

ホントは巨神兵なりウルトラマンになりきって撮影できるのですが、なんせワタクシ独りですので明るいレンズに付け替えてボカす以外に遊びようが無い。

DSC_3726.jpg

このセットで撮影している人達を俯瞰して撮ろうを一番後ろでレンズを向けるとオートフォーカスを動かすためのオレンジ掛かったライトで照射。
するとそこに居た皆さん、スタッフまでもが一斉にワタクシの方に振り向く。

あっ・・・ 違います、ボク巨神兵じゃないッス・・・。
今のプロんトンビームじゃないッス・・・(汗

DSC_3712.jpg


コンデジならいい方で大半は携帯で撮影しているのですよ。
そこにバカでかい一眼持っているだけで正直恥ずかしかったですね。

さて売店です。
とにかく第一目標はエバ猪口。
行ってみるとなななんとラスイチ。
ワイングラスなんかはまだまだありましたが、猪口は数が少なかったのか、それとも新潟という土地柄故に盛況だったのか、とにかく無事手に入れられてよかった。

常設展も見る気満々でしたが、すでに3時近い。
もう帰路に就かないと・・・。
後ろ髪引かれる思いで美術館を後にする。
しかしくるりん内回りの接続がよく無い。
赤十字病院まで歩いて外回りで長岡駅。
長岡と言えばあさひ屋さん(だったかな?)神楽なんばんを買って帰るのがワタクシのお約束。
その足でホームに上がってみたものの、終点に近い長岡ではホームに売店なんも無いんすね。
一旦下りてなんか食わないと腹減って死にそう。

DSC_3733.jpg


で、なぜか富山の鱒ずし。
電車くるまで待てなくてホームでガッツきました。

新潟駅に就いた時点で4時の船は出港済み。
最終の船に乗る前にもう一つミッション、マイタさんに会いに行く、というのがあるのだけれどすでにかなり時間が押している。
高速バスに乗るべく待っていたのですが、そこに路線バスが入ってきたのでそっちに飛び乗りました。
これが大失敗。
いつもなら30分程で行ける距離ですが帰りのラッシュ、渋滞にはまり動かない。
高校生の下校時刻も重なってバスは鮨詰め。
ようやく青山あたりにきた時に高速バスが抜いていったし・・・。
さらにそこから30分以上かかりましてマイタさんちのそばに着いた時にはすぐ引き返しのバスに乗らなきゃ的方向。

一応、ここまできた事を電話で知らせるとすぐに迎えに行くという事ですっかり日も暮れてしみましたが無事マイタさんち到着。

DSC_3736.jpg


たぶん6年ぶり位に奥方の顔も見られてやっぱきて良かった。
しばし談笑して佐渡汽船まで送ってもらいました。
蔵が無けりゃ泊ってくところなんですがね~、残念。

帰りの船、新潟の夜景を眺めて思いました。

DSC_3755_201401211929456bf.jpg

壊してぇ~。

巨神兵で びーっ・・・ どどどどどどんって・・・


発想がテロリストだな(--A







スポンサーサイト



 

Comments

Edit
最後のジオラマ、よく出来てるねぇ~。ヽ(^o^)丿
Edit
テロしちゃダメよw
Edit
鱒寿司食べてすし詰めバスに乗って(笑)
でもジオラマ見て友に会ってよい旅でしたね!

でもやっぱり新幹線は小学生の焼き物作品みたいだねぇ~
Edit
特撮博物館は前半戦は小松崎茂の直筆画見ただけで感動しましたが、これで巨神兵東京に現る見て終わりか~、と思ったら後半戦のメイキングがスゴイ見応えでした。
まさかあれもこれもジオラマで一切CG無しだとは・・・
いや~すごかったッス。

Leave a Comment








1
2
3
4
6
9
10
12
14
15
16
17
18
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom