KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


20
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

遭遇

冬の猛禽を探して雨の中ウロウロ。
ホント朱鷺様だけはやたらいらっしゃる。
あそこにお朱鷺様のお付きの忍びの者が居らっしゃるから、こっち回って仕事行くべか、と進路変更。
するとワタクシの目の前を大きな影が横切った。
不覚!まったく気づいていなかった。

エンストもいとわず車を停めて窓を開け、カメラに手を掛けるもストラップがシートとドアの間に挟まってとれない。

慌てに慌てまくったファーストショット

DSC_3370.jpg

ロバートキャパ並みの必死さ。
オジロワシだという事だけはわかります(タジタジ

DSC_3375.jpg


今季はオジロワシの飛びモノを撮りたいので距離を置いて対峙。
トビがやってきて挑発するのですがコレには動じず。
それでもカラスにはうんざりのよう。

DSC_3403.jpg

飛んでいく方向読み違え(ガックシ

忍び号の目前に着地。
さらに距離をとり遠く離れた場所で待機。
朱鷺が多過ぎて近づけません(--;

DSC_3409.jpg

朱鷺とオジロワシのツーショット。
さすがに遠過ぎ。

その後、ワタクシの目の前に朱鷺が飛来。
如何せん、オジロワシは肉眼では見えないほど離れているのでちょいと目の前の朱鷺にうつつを抜かしたすきに居なくなっちゃった。
痛恨のロスト。


スポンサーサイト

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
6
9
10
12
14
15
16
17
18
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom