KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


12
Category: フライトジャケット・ミリタリー   Tags: ---

B-6 The REALMcCOY’s 

こいつぁ夜は積もるね。

DSC_3254.jpg

毒キノコにやられて死亡説がながれるまでサボろうと思っていたのに、うっかりコメントに即レスしてしまったお調子者。
普段はコメント放置プレーなのに(--A
もしもアレがコレラダケならお腹ピーピーで未来から仁先生が来ない限り死に至るらしいのですが、正真正銘天然ナメコで大変おいしゅうございました。


非常に夢見が悪くて朝からどよよ~んな気分を払拭すべく気合入れ。
昨夜帰る時も気合を入れてヒューストンのB-15Bで帰ったのにまだまだ焼入れがあまいよう。
本日はB-6だ!(冬の気合はフライトジャケットに現れる。)

DSC_3245.jpg

もう20年以上のお付き合い。
ミルスペックと数多の実物を検証して素材からミシンに至るまでこだわったフライトジャケットは、レプリカにして本物以上と言わしめた伝説のリアルマッコイス製。
伝説という位だからもちろん旧マッコイね。
ただしコレ、当時の会員のみ対象で代官山本店で行われた検品落ちセールで手に入れた品。
ワタクシも数寄もんの目を凝らしてどこがダメで検品落ちになったのかと隅々まで検証しましたが、まったくわかりませんでした。
ホント、他の追従を許さないすごいメーカーだった。
フライトジャケット大ブームのあの頃でも着れば胸張れる絶対的な存在。
当時、遠目に見てもリアルマッコイスだ、と一目でわかるのでスーパーで買い物してる時に前からA-2を着てる男性と普通にすれ違ったのですがやり過ごしてから振り向いて確認すると(A-2は背中の一枚革が特徴)向こうも振り向いてこっちを確認してお互いニヤリとした。
はは、懐かしいね。

DSC_3247.jpg

DSC_3248_20131212115430c9d.jpg

袖まわりの皺とコーティングの剥げ方をみるとうっとりしちゃうね。

DSC_3253_20131212121647a1b.jpg

う~ん、セクシ~。
しかし、20年でここまでならワタクシが思い描くコンプリートまであと20年は掛かっちゃうね。

DSC_3242_20131212121649a28.jpg

楽しみ尽きない、リアルマッコイ(正真正銘)の証。



スポンサーサイト



 

Comments

Edit
生きてましたか(笑)

自分にはフライトジャケットはよくわかりませんが金鶴じゃなくて韓国?だかのお酒を抱かせて

「これがホントのリアルマッコリ!」




失礼しました。。。。
Editリアルマッコリ・・・( ´艸`)
うちのA-2も気になって引っ張り出したら白い物体が・・・あ~!SCHOTTにも~ 泣
Edit
マッコリ抱えるならB-15Cだな~ってそういう意味じゃないw

shibaさん、A-2なら拭けばいいだけですやん。
革ジャンを普通の服感覚でしまっちゃだめですよ(^^A

Leave a Comment








1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom