KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


08
Category: 島発2等   Tags: ---

さんきょんぃけぇ

DSC_2702.jpg

与六郎櫻も花の無いこの時季に車を止める人はいない。
葉も落ちているからよくわかる、このままではこの桜は周りの杉に駆逐される。
おそらくそう遠く無い未来に。
自然とはそういうものです。
大急ぎで周りの杉をすかした方がよいと思うのですが、ワタクシは管理者でもなければ管理者も知りませんのでこうしてボヤく以外に術がない。

そして数年ぶりにやってきました。

DSC_2710_20131108201447a47.jpg


山居の池。

DSC_2705.jpg

DSC_2704.jpg

DSC_2706.jpg

左の湖畔の道はすぐに水没しているので右に。

DSC_2707.jpg

しかしその道も崩れて先に進めず。

DSC_2708.jpg

何も言わず、当然の様に先に進む元旦冒険家ICHIRO。

DSC_2709.jpg

こんなところが何箇所かありまして

DSC_2713_20131108202435ebe.jpg

そして見ちゃったのです。
激・見ちゃったのです。
山居んぃけぇの龍神様。

DSC_2712.jpg

普段の姿でくつろいでおられました。


ところでコレって一周できるのかね?
と、思ったら

DSC_2714.jpg

キャンプ場??
イヤイヤイヤイヤ、どう見てもテント張る場所ないし…。
なぜにこんなところに炊事場??
水源は池の水を手動ポンプでくみ上げ。

DSC_2719.jpg

取っ手折れちゃってますけも。

どうやらここで行き止まり。
この先には道はなさそう。
池の水が流れ出して沢になっているようでかなりぬかるんでおりまして、元旦冒険家も普通のスニーカーではこの先は無理と判断したようです。

DSC_2717.jpg

DSC_2720.jpg

DSC_2721.jpg

静かな湖畔でした。



スポンサーサイト



 

Comments

Edit
あれあれ、ついに一周困難になってしまいましたか。

この池で巨大魚が目撃され、地元の者はアレを捕ってくれようと相談中、
なんて記事が明治の新聞にありました。平成の御代、この池の主はサン
ショウウオだとか。オオサンショウウオだったら北限記録を大幅に塗り
替える世紀の大発見!
Edit
さすが郷土史家・・・ 明治の新聞って(汗
着いた時に鴨が二羽飛び立っただけで鳥の気配も感じず静まり返っておりました。
嘘かほんとかブラックバスが居るとか居ないとか(汗
水温低くて大きくなれないって話を聞いた事があります。
Edit
1周はマムシが多いので要注意です。
Edit水深10mあればいますね。
場所とサイズを考えると調査には行けないですが…


50アップあげれずに一年が終わりそうです。
Edit
甚吉さん
この時季はもうマムシの心配は無いでしょう
Edit
C1どの
ここにバスは要らんよ。
また釣り人も必要無い。
そういう場所です。
Edit
そうですね、今の時期なら100%心配ありませんね。
あったかい時期は気をつけましょう。

Leave a Comment








1
2
3
4
6
9
10
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom