KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


14
Category: 自転車 ラン   Tags: ---

新潟シティマラソン

行ってきました、新潟シティマラソン。
さすがに今回ばかりは一眼を持っていく訳には行きません。

IMGP0035.jpg

船の中で同級生と会いまして、駄弁りながら信濃川沿いに歩いて体育館に。
受付を済ますと同級生はミズノブースでお買いもの。
ワタクシはメールを打っておりまして、送信し終えて見上げたら同級生を見失いました。
携帯チェックしてみたら、アイツの電話番号登録されていなかった。
駄弁りの道中、携帯番号変わってねんだよな、なんてお互い言っていたのに変わっていないどころか携帯番号自体知らなかったというw
結局、合流せず単独行動。
まっ、その程度のお付き合いという事でいんじゃね。

IMGP004001.jpg

準備万端整えて目覚ましは5時にセット。
念じれば起きられるワタクシには必要ないけどね。
4時半にバッチリ起きちゃいました。

しかしこの手荷物預かり専用袋、

131013_0543~01

使えね~。
結局もう一枚買う事になってしましました。


宿から会場まで約2km。
徒歩にて移動。
ポツポツ濡れない程度に降ったりもしましたがスタートが近付くにつれ快晴。

早々に手荷物預けてしまって失敗。
やはり自販機使うくらいの小銭は携帯してくべきだった。
それとなぜかどこにもゴミ箱が見当たらない。
スタート前にパワーバーとゼリーを摂ったはいいけれど、包み紙をどこに捨てたらいいものかと困ってしまいました。
結局、自販機脇の空き缶、ペットと分別されているゴミ箱に入れてしまいました、申し訳ない。

さて出走前の集合です。

131013_0746~01


ワタクシは一番鈍足組Dブロックでのスタート。
前過ぎず、後ろ過ぎずの位置に付けた… と思うんだけど。

ちょうど目の前で篠田市長の開会宣言、きゅうちゃん高橋尚子選手の御挨拶。

131013_0809~01

きゅうちゃん、オーラあるなぁ~。
他の選手には無いアイドル性がありますね。

さて、誘導が始まって8時半。
いよいよスタート。
どんどんぱんぱん、花火が上がります。

が、ワタクシはまだやっとグラウンドを出るところ。
まったく動きません。

徐々に動き出してワタクシがウォッチを作動させたのが8時34分。
その時点でまだスタート地点に達していないという。

スタート直後、みんな明らかに5分台のペース。
ワタクシは引っ張られないように気を付けて6分10秒台。
まぁいい感じ。

新潟のメインストリート柾谷小路に出て万代橋に差し掛かると先行者の頭が見えて、全面完全通行止めのところを一斉に駆け抜けてゆく群衆のその迫力におもわず おぉぉ~、と声をあげました。

131013_0845~01

さすがに走りながらなんでうまく撮れねェや。

ここまでが新潟マラソンって感じでした。
ここから先は酷かった。
6車線使って走っていた1万3千人がT-JOY万代から信濃川沿いにせま~い一車線に集中。
ごった返しでペースダウン。
まったく前に出られない。
さらにおしっこがしたくなっちゃいました。

そんな中、後ろから、お~という声共にモーゼの十戒みたいに道が割れてゆきます。
かんばって~、頑張って~、と声をかけながら高橋尚子選手がハイタッチしながら上がってゆき、ワタクシを越した位のところで前のグループが一斉に
「おー!」「おー!」
と勝鬨と共に2度拳を振り上げた。
きゅうちゃんがなんか「頑張るぞー」とか言ったのでしょうが残念ながらワタクシは聞こえず。

新潟県庁でトイレにピットイン。
ところが、ところがですよ・・・
1万3千人が走っているのにトイレは両脇に男女兼用でたったの三台づつ、計6台。
大渋滞です。
結局、ここで5分ロス。
この後、道が開けるのかと思ったらこの先も交通規制は左側一車線。
きも~ち、もうチョイペースアップしたいけれど、まっ、先は長いんだ、いい感じいい感じ。

9kmくらいで左足に思わぬトラブル、左足薬指にマメ。
この距離でこんな症状が出ると言う事は完全にソックスの選択ミス。
新品下ろしたのが失敗。
でも大丈夫、着地点は親指付け根の盛り上がりのところだから小指薬指にマメ出来てもたいした問題じゃない。

青山海岸、ハーフの折り返し近くで女性選手が路肩に倒れてぐったりしていましたね。
ハーフ折り返し地点を通過してようやく自分のペースで走れるようになったのはいいけれど向かい風強ぃぃぃ~。
ガーミンの記録をみると西北西21km/hとなっておりますので結構なもんです。
ランナー膝を患って走れる限界は10km位だろう、と予測しておりましたが、すでに14km地点を通過してまだ足は生きている。
ただ、もう一つ失敗だったのがUVケア。
初めてロングライドに出た時と同じように唇が腫れてきた。
汗で出た塩分で焼けちゃうんだろうな~。
リップクリーム持ってこなかったのは失敗でした。

今回の第一目標は折り返し地点。
その先は行けたら、行けただけラッキ~♪と思う事にしていた。
新川漁港で折り返して戻ってきた近所の先輩3人組とすれ違う。
見た感じそれほど早いペースではないけれど、Cブロックスタートと県庁の便所ロスで約4kmも開いてしまうのか…。
そしてワタクシの第一目標にしていた折り返し地点到着。
大丈夫、まだ行けます!
かえりは追い風… のはずなのに全然押してくれない。
一瞬追い風キター、と思ったけれどそれで終了。
さらに一番むこうに見える NEXT21 が進んでも進んでもちっとも近づかない、こりゃメンタルやられるわ~w
ワタクシは思いのほか元気で沿道で応援してくれている人に
「ありがとやーす。」
なんて返事返しながら進む。
ハーフの折り返し地点まで戻って、ようやくあの忌々しい NEXT21 も松林に隠れて見えなくなった。
そしてついに30kmキロ地点到達。
予定通り、アミノ酸チャージ。

下り坂を降りると関屋分水。
右手に新潟県庁がすぐそこに見えます。
行けるよ、ここまできたらもうゴールまで行けるよ、
そう確信したその時

3・2・1・・・

ゲート閉まりまーす。


はい???

え??? まじ?

ワタクシの目の前10メートル 30.8km第六関門閉鎖。

え~、まじか~、まだ行けるぜ、メンタル折れてないぜ、まだ足も動くぜ、
まじか~、前をゆくあの人とオイラににどれだけの差があるって言うのよ。
え~、え~、えぇ~~~・・・

ま~、じ~、か~~~

初レースは強制終了のDNF。

リタイヤじゃないよ~、強制終了だよ~。

県庁か~ 県庁の便所待ちでロスした5分が運命の分かれ目になってしまいました。
も~、1万3000人が通過する地点はそれなりの数用意しておけよな~。
仮設トイレがたったの6台ってホントありえね~し。
あんなにコースが狭いのに10kmもハーフもフルも一斉スタートってどうなの??
つーかだからみんなあんなにハイペースだったのか~。


競技場に強制連行。
靴を脱いでみると両足小指薬指にマメが出来ていました。
でも大丈夫。
不完全燃焼に終わったワタクシは信濃川やすらぎ堤をトボトボ歩いて万代橋を渡りユニクロへ。
別に欲しいモンもなかったので、また歩いて佐渡汽船いこうかと。
メディアシップビルの前を通るとなんかやってるから覗いてみました。

131013_1441~01

大道芸フェスタですって。
おじさんが独りでギターからドラムからやっておりました。
しばし見ていたのですが、肝心の歌唱力の方がちょっと・・・
その上でやっていた絨毯展で戦艦大和の艦長寝室に敷かれていた玄関マットレプリカに
お~、ちょっと欲しいかも~
なんて思ったのですが20万近い金額にドン引き。

結局、歩いて佐渡汽船。
近所の先輩と合流し、船内で打ち上げ。
やっぱりDブロックスタートだとそれだけで5分は遅くなるから、申告時間早めに言ってCブロックから出ないと厳しいって事でした。

ところで、Cブロックってどのくらいのタイムで申告すりゃいんでしょう??


20131013.jpg



スポンサーサイト

テーマ ジョギング・ランニング    ジャンル スポーツ



 

Comments

Edit
ほんとにお疲れ様でした。トイレ待ちの時間が運命の分かれ道だったのには残念でしたね。

力を残してのリタイアは悔しいです。

もしかして・・・トイレでウンでも落っことしてきたんですか(冗談)!
Edit
ウンならば5分じゃなく10分ロスでしたね~(爆

Leave a Comment








1
2
3
4
6
9
10
12
14
15
16
17
18
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom