奇楽庵

毎日がとろけるスピード


01
Category: 奇印0.05L   Tags: ---

旅に出ます。

座右の銘は、と聞かれれば
いつか、その内にと口にする前に動く、とは答えないけれど
いつか、その内にというヤツはやる気が無いんだと思ってるワタクシはもう決めたのです。
旅に出る事に決めたんです。
空飛ぶ汽車ぽッぽに乗ってテルメー姐さんと惑星アンドロメダまで行く事に決めたんです。
もちろん機械の体を手に入れるために。

DSC_2485.jpg

お~カモナニスゥ、空に出かけよう~、準備なんかいらない♪

と、口づさみながら・・・
否、ちゃうちゃう、それは銀河鉄道じゃなくてニルスのふしぎな旅だし!

DSC_2486_20131001143620530.jpg

え~っと、ナンバーのビス2本。
テールランプはビス一本緩めれば外れます。
その奥に10mmナット片側2本づつの計4本。
上部に10mmナット3本。
タイヤハウス内に片側3本づつの計6本のビスを外し端から引っ張ればバンパー外れますっと。
あっ、ナンバー灯とテールランプのコネクタは抜いてください。

DSC_2488.jpg


その際、コレ飛んでいくので注意。

DSC_2487.jpg

で、あっちこっちで戦士の銃をずっきゅんばっきゅん撃ちまくりまして、ナンバー灯のすき間にコード突っ込んで~

DSC_2491_20131001145105f00.jpg

両面テープで固定して~、プラスの配線は右側のハーネス一部切り裂いて緑赤の配線(バックランプ)に接続。
んで、バンパー戻して~。
マイナスアースはバンパー固定のビスから取りましょ。

DSC_2495.jpg

カメラからコネクタの距離が短過ぎて車内まで引っ張れない。
ちょっとイヤな予感はしたのですがちょん切っちゃいました。
やっぱりか…。
なかは非常に細いコードが4本。
仕方が無いので1本、1本ハンダ付け。
写真撮ったハズなのに一番苦労したここの写真残っていなかった。

途中アルカディア号とキャプテンハ―ロックに出会っちゃったりして~、なんせ同じ戦士の銃をもつものですからひかれ合っちゃうんだろうね。
で、配線回す関係でボンネット開けたら

DSC_2496_2013100114510921c.jpg

おわっ、ボディ一緒でも載ってるエンジン全然ちゃうやん。
人知れずモデルチェンジしてたのね。
てか、前のエンジンの方が若干燃費よかったみたいなんすけど…。

そしてたどり着いたのです、アンドロメダに。

DSC_2498.jpg

ドライブレコーダーで

DSC_2499.jpg

バックモニター・・・ ローアングル過ぎ(--; ナンバーの位置低いから仕方ない。

これで1万もしないなんてスゲー世の中だ。
という事で、それまで付けていた3千円のドライブレコーダーと入れ替え。

DSC_2497.jpg

しかし、これバックミラーとしての機能はほぼ無いに等しくね?
機械の体を手に入れることが必ずしも幸せではないと知ったワタクシはアンドロメダまできて機械の体を手に入れる事をやめたのです。

だって機械に頼り過ぎるとこんな目にあうんだもの。

DSC_2501.jpg

カラカラカラカラ(〒▽〒

乾いた笑いしか出ねぇわ・・・ 号泣。

あ~ぁ、何のための作業だったんかな~。
凹むわ~、車以上に凹むわ~。

旅に出たくなった。

教訓、ガイドラインを信じちゃいけない。


スポンサーサイト

テーマ 軽自動車    ジャンル 車・バイク



 

Comments

Edit
(最後の写真)あんで、まぁ~!

私のバックモニタには画面にマジックでタイヤの仮想通過ラインを書きましたわ。
見た目は悪いが、なんとなく正確かな?
Edit
モニターにマジック(爆
大胆過ぎますw
コレの場合バック以外はドライブレコーダーの画面になるのでマジックでラインはちょっと・・・(^ー^;
Edit
新車がぁ===!!!

どんだけギリギリを狙ったんですか!
Edit
いやいや、モニターのガイドライン見ながら余裕でバックしてたんですが1m以内の両脇は死角になるみたいでガリッとやっちまった時もモニターにはなんも写っていませんでした(TーT
ガイドラインの奥行きは合う角度にしたのですが縦の幅ラインは当てにしちゃダメっすわ。
考えたらコレ魚眼レンズだもの。
まっすぐの縦ラインの訳無い(--;

Leave a Comment








1
3
6
15
19
21
23
24
25
27
28
29
30

top bottom