KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


15
Category: 自転車 ラン   Tags: ---

2013佐渡ロングライド210 跳坂~両津

に、してもだ、跳坂を余裕の表情で登ってくるのはやっぱりフロントトリプル30丁の効果なのか!?

DSC_2009.jpg

ちなみにワタクシはこの時点でまだインナーギアを温存。
アウターだけでやってきました。

Zも無事クリア。
海府大橋を渡って相川エリアを通過。
なぜか気に掛かる諏訪神社を寄らないまでも会釈して通過し、大川を渡り真更川。
そのまま止まることなく浄蓮坊川も渡り北鵜島。
かなりスピードが乗る下り坂ですが、カーブが多いので慎重に下りいよいよ最北エリア。

DSC_2016.jpg

門のような短いトンネルを抜けると目の前に大野亀。

DSC_2018_20130515164620.jpg

ちくりんに日本三大巨岩と説明したら
「世界第二位の次は日本三大っすか。」
と笑われた。
残りの二つは和歌山と福井???だったかな。

ここでハプニング。
手前に写っている杭にチャリ立て掛けて立ちションをしていたら、ヨロヨロっとチャリが動き出した。
寸での所でshibaさんが押さえてくれたから助かりましたが、アレが無ければワタクシのチャリは崖下に落下してリタイアとなるところでした。

大野亀坂。
先に行くちくりんに次の左カーブ、迂回しろ~、と指示。
ここはインとアウトで登坂角がかなり違う。
ここさえクリアすればあとはダラダラ上るだけ。

願大橋の上から沖の姉打島を指さして
「あれ、姉打島って言って新潟地震の時は津波であそこまで潮が引いたんだってよ。」
とshirotaさんの受け売り情報を披露w

二ツ亀から はじき野AS までは気持ちのいい下り坂になるのだけれど、ここはまだ足を使うところにあらず。
50km/h位出せるからと調子に乗るとあとにひびくんすよね~、ただただ下るに任せる。

9時20分 はじき野エイドステーション。

塩にぎりでエネルギーチャージ、そして水分補給。
そこにパトカーがやってきて、すでに3人も怪我をしているので安全注意お願いします、と言っていた。

ちくりんはここに展望台がある事自体しらないというのでちょいと行ってみました。
はじき野フィールドパーク内には選手は誰も入っておらずガラッガラ。
実はこの日、日本野鳥の会佐渡支部の探鳥会がございまして、もうみんな解散しただろうと思っていたのですが、中に入ってみたら丁度鳥合わせしておりましたので、shibaさんとちくりんには先に行かせてごあいさつ。

DSC_2019.jpg

一種不明を含めて59種確認とのこと。
一覧を見せてもらいましたがやはり猛禽が中々出ない。
それにしてもワタクシが鳥を追うようになったきっかけになった少年時代、親子青空教室のバードウォッチング。
新穂ダムで110種確認ってやっぱ今にして思うと驚異的数だ。

みなさんに声援をもらい、展望台に向かうと二人はちょうど展望台から下りてくるところでした。

DSC_2020.jpg

八重が咲き乱れ、駐車場の喧騒が嘘のように園内は静かでのどかな時間が流れています。

DSC_2021.jpg

DSC_2022.jpg

DSC_2024.jpg

出発前に日焼け止めを塗り込むshibaさん。
日焼け止めしていないというちくりんに、おまいも塗っとけ~、と
バックをガサゴソ探したら、朝使って別のバックに入れてしまったようです。
結局、shibaさんに分けてもらいました。

さ~外海府を終了して内海府エリアに突入。
天気がよくなったのは良いのだけれど激風。
結構な向かい風。
この内海府コースはコレと云ってビューポイントもなくノンストップで両津弁当ステーションまで一気に行きます。

11時前、両津BSに到着。
11時にはここをスタートできるかと思っておりましたが、さすがに外海府エリアでちょいちょい遊んだものだから思ったより時間掛かりましたね。

毎年、足りない、と不満の多いお弁当。

DSC_2025_20130515174250.jpg

昨年は、引換券がある訳じゃなし、こんなんじゃ足りねぇわ、と二個喰っちゃったけれどなんか今年はコレで十分満足しました。
が、後で聞いた話し、今年は余るはずの弁当が足りなかったらしい…。
まさか、昨年のワタクシのレポ読んで2個食いが増えた訳じゃないッスよね??(汗

いやいや、そもそも少ないのが悪いんだよね(--A

DSC_2029_20130515174248.jpg


スポンサーサイト

テーマ 自転車(スポーツ用)    ジャンル スポーツ



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
11
13
16
18
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom