KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


07
Category: 島発2等   Tags: ---

熱狂的な支持者

今季の蔵仕事、昨日でワタクシの仕事は終了しました。
と、云う事で本日は壊れた、壊れたと言っていながら誰も直そうとはしない道具の修理しに出勤。
最初は機械でチュィンと削ってなんて考えておりましたが、ちょっと機械を当てた瞬間にこれはザツな仕事になると察してコツコツ手作業。
40mm×10mm×5mmで彫り込みを入れてそこにピッタリはまるようにパーツ造り。
最後はヤスリで合わせてすき間なくピッタリ。
道具は職人の命ですからね妥協はしません。
向こう10年は大丈夫だろうと思うのですが、釘もボンドも使っておりませんので来季の造りまでのオフシーズンで乾燥してやせちゃったら抜けちゃうかもな~。





なんにしてもやってく内にモノが増えていったり巨大化したりするもので、当初はコレで十分と思っていたカメラバック、クランプラーの5ミリオンダラー… だったかな? 
とにかくこれでは間に合わなくってしまいました。

DSC_0847.jpg

華氏が愛用しているスリングタイプのカメラバックを見て、あぁ云うタイプの方が使いやすそうだな~と思ったもので今回はスリングタイプで検証。
どうも近頃のクランプラーの色遣いがワタクシの趣味に合わないものだから、と思ったのですが一応チェック。
どうやら今の売れ筋はミリオンダラーシリーズではなく、マイルドエンスージアストみたい。
マイルドな熱狂的支持者って熱狂的なのか??
なんてボヤキながら見て行くうちにマイルドじゃない熱狂的支持者にたどり着き、これを見た瞬間、頭の先から足の指先までビリビリと電気が流れた。
しかし値段も結構なもんでして、amazonが紹介してくるスリングタイプのカメラバックなど機能としては変わらずに3000円もしないとなると考えさせられる。
おそらく安いものでもカメラバックと云うくらいですから十分な機能を備えていることだと思います。
ですがね、えぇ、過去を振り返って御覧なさい、結局妥協して銭失いだったじゃないか。
妥協しても本命への憧れは消える事はない。
結局そりゃ後悔って事になるじゃないですか。
なんて思いながら2カ月くらい保留していたけれど、忘れることもなければ考えが変わる事もなかったので遅かれ早かれ行く道ならば、考えていてもせうが無い。
いつやるか、今でしょ、と魔法のカード発動。

ぢ・エンスージアスト到着。

DSC_0848.jpg

見た瞬間デカッと思ったけれど、カメラ入れたり、今までのバックと並べてみたら、こんなもんかと納得。

DSC_0849.jpg

やっぱ妥協しなくてよかったな。


スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
5
6
7
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom