KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


11
Category: DIY   Tags: ---

残りの人生を共に

あたしゃモノ持ちがよいといやぁ聞こえがいいが、まぁ早い話が捨てられない。
なので普段から持ち歩くものは丈夫で長持ちが絶対条件。
世の中は5年も使えば随分と使ってるみたいな感覚でしょうが、最低でも10年。
20年ぐらい当たり前で使えなければ納得がいかない。
先に書いたシステム手帳のように20年も使ってまだまだこれからも使うつもりでいるような男ですから物を選ぶ時も慎重。
丈夫で長持ちにシンプルである、が加わる。

そこでお財布ですわ。
20代の前半は裂き織りの財布をいくつか使っておりましたが、やはりどうしても5年も使うと糸がほつれる。
これが嫌になりまして革の財布にしたのです。
当時の条件は、丈夫で長持ちシンプル、二つ折りで小銭が出しやすい。
それに見合う財布を見つけて使っていたし、まだまだ使えるのですが時代ですわ。
あたしゃカードが大っきらいで極力持たないようにしていたのですが、
キャッシュカードや免許証から始まり、病院の受付やポイントカードやら、金も入っていねぇのにカードとレシートでパンパンですわ。
となると、二つ折りの財布ではカードが ヘコっと曲がったりなんだかんだで都合が悪い。
百円ショップに行ってカード入れを買ってカードは別に持つようにしました。
ところが最初買ったカード入れはアルバムタイプといいますか、一枚一枚めくるタイプ。
レジまで行ってカードどこ行ったと探すのがスマートじゃない。
こりゃやっぱり、バッと拡げて見られるタイプで無いとダメだわ、って事で再び百円ショップで買い直し。
これは良かったのですが、やっぱり財布と別々に持ち歩くのが面倒な上に、革に見せかけたビニールの表紙がひどく貧乏くさくて耐えられなくなってきた。

と云う事でお財布探しですわ。
来た40年を思えば、これから先の40年もそれほど長い道でもない。
そうなればこれが最後の財布かもしれんのです。
どういうのが使いやすいのか先ずは自分なりによ~く検証。
そして一つの結論に達しました。
ですが… どうにもこうにもこれだというものが見つからない。
中々上手くいかない世の中です。

DSC_0709.jpg

DSC_0711.jpg

DSC_0713_20130211155501.jpg

DSC_0716.jpg

DSC_0718.jpg

DSC_0719.jpg

自分好みのロングウォレットが見つからないならそらも~作るしかねぇわな。
カード入れだけで24枚収納予定。
市販の物は最高でも18枚くらいでしたね。
でも実際、自分のカード見てみたら20枚ぐらいあるしさ。
どうでもいいような会員証でも別に持つと無くすからまとめておきたいもんでね。
でもここまで作った段階で革が無くなりましたとさ…。
残りの人生常に持ち歩く財布なんだからゆっくりじっくり、時間かけて納得いくように作りますわ。


スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
6
9
10
12
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom