KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


13
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

三度目の調査

訪れるのは4回目になりますが、三回目は荒天につき入口までしかたどり着けませんでした。
前の二回は上流に向かって右側を行きましたが今回は上流に向かって左側。
狙いは一つ、とにかく猛禽。
それもまだ見ぬでっかいヤツ。

スニーカーで来たのは失敗でした。
道自体が沢になっていてビチョビチョ。
もっと歩かねばならないと思って来たのですが、意外にもあっさり最終地点に到着。
右側の道よりも全然楽ちん。
しかも沢に近い。

その短い道中で見つけられた猛禽は居たには居たのですが…

DSC_3980.jpg

ミサゴですね。
今回も大型猛禽はミサゴでした。
ペアでおりました。

DSC_3986.jpg

ついでに巣も見つけちゃいました。

DSC_3987.jpg

前回ワタクシが見つけた巣とは違いますね。
ついでに、こちらは何の巣か確認できませんでしたがもう一つ発見。

DSC_3989.jpg

この川で確認した猛禽の巣は3つ目。
いづれもミサゴより大きな謎の猛禽の巣ではなさそう。(内一つはミサゴの巣と本日確認)
今回も空振りに終わりました。







スポンサーサイト



 

Comments

Edit
ミサゴが首をのばしてこっちをにらんでますね。
卵か雛かがいるんでしょうか。

松の木のてっぺんの、案外と目立ちそうなところに巣を作ってるんですね。
Edit
いえいえ、松は手前でかぶってるだけですわ。
営巣中なのは間違いないですね。
謎の鳥を追うならこっちの方がいいかもですね。
なんせ右側は見つけたとしても川側が逆光になるもんで撮影が厳しい。
左側は右側の行程の半分もないかもしれません。
山野草を見るのなら右の方がよいとおもいます。
Edit
前回の佐渡行きのとき、はじめてこの左側の道を探検してきました。そのとき見かけたのはこの巣
じゃないようです。

佐渡恐るべし、どれだけワシタカの巣があるんだ...

ヒナを見てみたいなあ。大きくなれば巣にいても見えそうですが、親鳥が警戒音を出すと巣の中に
小さくなって隠れてしまうんでしょうか。近づきすぎずに、はるか遠くからこっそりとのぞいてみ
た慰問です。

Leave a Comment








1
2
3
4
6
9
10
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom