KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


07
Category: 島発2等   Tags: ---

自衛隊出動要請

貝塚祭り、朝の雨も日の出と共にあがり、時折小雪がちらつくものの一応晴れたといってよいでしょう。
ところが日没とともに今度は本格的雪。
ワタクシが鬼太鼓に参加するようになってから18年。
雨に降られたことはありましたが雪の中は初めてのこと。

仕事を終えて応援に行こうかと会計に電話して現在位置を確認したら現在一番山側最北端の家。
次は一気にウチのそばまで下りてくる。
そこで合流することにした。

総勢10人ちょい。
例年なら酔っ払いがはしゃいでワイワイやっているのに全員肩を縮めて寒さに震え、ポコポコと弱弱しい太鼓は悲壮感すら漂っている。

10人ちょいと言っても、内4人は見知らぬ御仁。
聞けば自衛隊の方々。
自衛官の団員に召集されたらしいw
太鼓の搬送や支えを手伝ってもらっていた。
当然ながら太鼓の打ち手にはならない。
今年2年目の最年少も朝から太鼓を打ち続けて活動限界。
放心状態で突っ立っている。
ほぼゴロさん独りで太鼓を打っている状態。

お隣の門付けをやっていると自衛隊の人がワタクシの元に駆けつけて

「太鼓お願いします。」

と直接お願いされる始末。
ということでそこからは残りの全戸、ほぼワタクシ独りで太鼓やっつけました。
長打ち番長の異名を持つワタクシ、日中は店番で参加しておりませんからチョロいもんです。

IMGP1223_01.jpg

IMGP1226_01.jpg

IMGP1228_01.jpg

IMGP1229_01.jpg

それでも団長の家では鬼が二人とも出て団長の家を土足で蹂躙。
家の中を突っ切って車庫から戻ってくる。
さらに鬼同士が組みあってプロレスごっこ。
まだふざける余裕があってたいそう可笑しかった。




スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
5
6
7
11
12
13
14
15
16
17
18
19
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom