KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


16
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

でじゃヴ!?

幻の鳥を探しての遠征。

海岸線を延々と北上するのですが眼を釘付けにするような影はなし。
石名から馬首に抜けよう、と当初は考えていたのですが冬季閉鎖とある。
ゲートなんかあったっけ?
行けるんじゃね?? と思ったけれどドンデン線のように結構登ってからゲート閉鎖みたいなことになっていたら眼もあてられない。

DSC_0140.jpg

とうとう旧相川の最果て大ザレまで来ちゃいました。


ヒヨドリ、ホオジロばかり。
姿現さずとも鳴き声はというとウグイス、キジ、シジュウカラ。
そしてキツツキのドラミング。

DSC_0145_20120316125603.jpg

真更川に到達する直前、眼に飛び込んできた神社。
なんだかすごく気になって行ってみました。

DSC_0152_20120316131550.jpg

神社の名前もなんもない。
はじめてきたはずなのですがなんかここ知ってる… でじゃヴ?

境内の杉にエナガやってきました。

DSC_0149_01.jpg

DSC_0150_01.jpg



真更川から山居の池を目指したのですが、いくらも登らないうちにこの有様。
動物の足跡しかなくなった。

DSC_0153_20120316132100.jpg

この足跡は… ウサギけ?
デカイな。

DSC_0156_20120316132629.jpg

先行車のわだちでもあれば進むのですがこの時点で先に進むのは危険と判断。
せめて尾根辺りに未確認飛行体でも確認出来れば徒歩でもう少し先に進んでみるのですがそれらしき影もなし。
今回のターゲットは海岸線ではまずお目にかかれないので残念至極、だっちょの想いで引き返し。

DSC_0159.jpg

大野亀、フィールドパークでもコレといったものに出会えず。
黒姫で山と山の間空高く、白い鷹が横切っていたっけれどファインダーに捉える前に死角に消えてくたびれ儲け。

疲れで睡魔と不整脈、ちょっと横にならなきゃヤバいな…。
ホント疲れた。












スポンサーサイト

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真



 

Comments

Edit野生鳥獣との触れ合い
ワタクシの場合、野生鳥獣たちとの触れ合いは先月の中旬で終了いたしました。
カメラで獲るというのは禁猟期間がないので1年中ですもんね。
ウサギの足跡ですが、一晩中活動し、朝、寝床を探す頃になると足指が開いてきますので、幅も広くなります。
ウサギもそろそろ毛変わりですね。
Edit
>寝床を探す頃になると足指が開く
そういうものなのですか・・・
カメラは一年中ですが光量の関係で冬は厳しいです。
最後の鷹はたぶんファインダーに捉えたはずなのですがピンがあってなくてぼやけて見えなかったと思うのですよ・・・。
ファイダーに入れるだけでも至難の業なのに同時に前後も動かさねばならないのでホント苦労します。
Edit
山居池への道の入り口付近でこんなに積もってますか。
今年はやっぱり雪が多いんですね。

ウサギ(サドノウサギ?)の足跡は、四つの足跡がかたまって見えるところを見ると、走っていったんでしょう。トンチボでもいたんだろうか。
Edit
カーブを二つ曲がっただけでこの有様でした。
この時点で数センチですがこの先吹きだまっていることを事を考えると先に進むのは危険と判断しました。

Leave a Comment








1
2
3
4
6
9
10
12
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom