KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


11
Category: 島発2等   Tags: ---

ドブさらい

公共マスの設置工事が始まりました。

DSCN5923.jpg

看板の電線に引っ掛けないように上手い事やりますわ、さすがプロ。

ここは水が豊富なところなので80cmくらい掘った時点で水がジャンジャン湧き出します。

DSCN5930.jpg

まるで川ですね、と現場の人達もおどろいておりました。





このところ、ちょっとまとまった雨が降ると排水溝からジャンジャンあふれ出して

あと数センチで床下浸水になるところまで来るので

現場の方に、側溝のふたを開けてもらった。

コレが驚きで30cmの深さがある側溝の20cmも泥が堆積。

DSCN5922.jpg

コレじゃ流れるわけがない。

地べたに這いつくばって手の届く範囲、シャベルでちょこちょこ掻きだしておりましたら

見かねた現場の方がやってくれました。

DSCN5924.jpg

掃除してみてプロの目で見てもらって初めて判明したのですが、

なんとここ、ウチの店の中央を山に左右に流すように作ってあることが判明。

なのでこの排水も本来は国道に向かって右に流さねばならない。

ところが右側は蓋すら外せず掃除も不可能。

測量の結果、向こうの方が2cm低いから、まぁなんとか流れるけれど

これは早いうちに建設課に嘆願書を出した方がいいかもしれないと現場サイドからのアドバイス。

嘆願書の書き方なんて知らない。

詳しい人がいる方が説明も早い。

しかも今なら蓋も開いているのだから確認もしやすい。

こんなのは勢い、その場で役場に電話して来てもらいました。

県の管轄なので、今は県の方に報告するしか対応できないとの事でしたので、

んじゃ、県の担当者からこちらに確認するように伝えてください、

まぁ最悪でももうちょっと掃除しやすいようにしてください、と伝えていったん保留となりました。


スポンサーサイト



 

Comments

Edit
冷静に粘り強くかかって下さいな。
Edit
いやいや、別にけんか腰じゃないですよw
ただマジで掃除できるようにしてくれないと、あふれた水が一段低いウチに全部集中するんですわ。
しかもこの蓋外したら側溝も古いのであっちこちひび割れて国道からの圧力が掛かり、再び蓋がはまらなくなってしまって現場の方々がいなかったら戻せませんでした。

Leave a Comment








1
2
3
5
6
7
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom