KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


13
Category: お酒   Tags: ---

黒木本店

船に乗り、バスに乗り、電車に乗り、モノレール、そして飛行機。

DSC_7223.jpg

室戸岬を上から失礼し、移動に移動を続けて13時間。

ほとんど寝る事もなくついに宮崎空港にたどり着いた。

さすがにこれだけ乗りモノに乗っていると乗り物酔い。

気持ち悪くはないのだけれど、ふらふらと揺れている。





また詳細にレポートを綴る気でおりましたが、

別にいいやん、オイラがどこで何を見てきたかなんて興味ないやろ、と思ったらだんだん面倒くさくなりました。

というか、興味あります、も~隅々まで知り尽くしたいです、なんてのも気持ち悪いけど・・・。



と、言うことでウニャララがホニャララでワタクシ達がたどり着いたのは循環型の酒造りのパイオニア

宮崎は児湯郡高鍋町 黒木本店

DSC_7301.jpg

今や幻とまで言われる焼酎 「百年の孤独」 の蔵元。

本来は昨年来る予定だったのですが口蹄疫で保健所(だったかな?)から渡航自粛を呼びかけられ一年繰越。

黒木社長のあいさつでも

「昨年から待ちわびておりました。」

と言われました。



さてさて早速蔵内見学。

DSC_7306_20110713120114.jpg


蔵元からは撮影OK、ブログもOKと許可を頂きましたが、ワタクシなりにいろいろ考えまして自主規制。

そうすっと見せられる絵はほとんどない。

そこんところがレポート書き始めたけれどさてどうしましょ、と頭抱えた部分でした。

DSC_7311.jpg

焼酎もろみは清酒と違ってものすごく暑い部屋で元気に醗酵しておりました。

清酒のホーロータンクと違って甕造りはジャケット巻いて外から冷やすということができないので循環型の暖気樽で温度管理。

焼酎の仕込み蔵なんて小さいものですわ。

場所をとるのは貯蔵庫。

何年も寝かさねばなりません。

DSC_7307.jpg


唯一涼しい分析室で話す黒木社長。

DSC_7345.jpg

トップクラスの男はさすがに影が良く似合いますw










スポンサーサイト



 

Comments

Edit
黒木さん、ちょっと感じ変わったなぁ・・・

失礼ながら、焼酎蔵でも見学は白衣着るの?
自慢じゃないけどワタクシ、
清酒蔵以外のアルコール製造場では着たことがありません。
Edit
まぁ写真は一瞬の切りとりで音声が出ませんからねw
白衣と帽子を準備されていましたよ。
ワタクシどもは白衣は持参しておりましたので帽子だけ拝借しました。

Leave a Comment








1
2
3
4
6
9
10
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom