KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


In 05 2017

28
Category: 自転車 ラン   Tags: ---

ロングライド2017 モモノフ

はじきのASを出発。
昨年大事故が起こった鷲崎の下り坂も今年は何事もなく通過。
外海府がスイスイ行けたからもしやとは思いましたが、内海府に入った途端激風。

DSC_0048_20170528192855128.jpg

ぺこちゃんも応援です。
わかめのカーテンが強烈に磯の香りを放っておりました。

だんだんと腹が減ってきてもうすぐなはずなのに両津BSが中々に遠い。
途中、蔵人が応援しておりましたものでちょいと寄って、風つえー、などとしばし雑談。

ようやく両津弁当ステーション到着、ちょー腹減った。
まさか今年も食わせねーなんてことはないでしょう、と歩いていくと

本部テントでももクロが流れていて、モノノフが・・・。
完全にワタクシを待ち構えているような・・・。
というか手招いている。

ヤバい、どうしる俺。

何がヤバって・・・

俺、これでも・・・

隠れモノノフだし。

ただ隠しきれていないだけ(汗

とか言いながら笑いながら合流し、ふつーにモノノフ談義。
今モノノフが集まれば当然週末に迫った新潟テルサ大会の話になるわけで
チャリンコ乗ってる場合じゃないってのが正直なところな訳ですよ。

が、先ずはとにもかくにも腹ごしらえ。

DSC_0050_2017052819290195b.jpg

無事ゲット。
一昨年までの唐揚げとおにぎりとだいぶ感じが変わりました。
しかもスイーツ付き。
写ってないけどさらに越後姫(イチゴ)もございました。
暑さのせいか、すでにおにぎりをからだが受付なくなり始めておりましたが、無理やりにでも押し込む。
それからなんか知らんけど、やたら空咳が出て止まらない。
タンでも出るのならまだしも、ほんと水っ気のない空咳。

一先ず腹ごしらえも完了したし、まぁ仲間も居ないおひとり様なので休んでていてもしょうがない。
早々に出発です。

DSC_0055_20170528192856cb1.jpg

DSC_0056_20170528192858656.jpg

DSC_0057_20170528192859e97.jpg

本日のいでたちはモノノフですが、モモノフさんに
「出陣します!」
とご挨拶。

すると、マイクを持ってこっちに駆け寄ってこようとした。
ワタシは逃げたw

この流れ、マイクを持ってきた彼はおそらくこう言うだろう、
百田夏菜子になり切って、百田夏菜子のモノマネで間違いなくこういうはずだ。

「私たちぃ、今会えるアイドルぅ↑↑」

「週末ヒロイン」

「ももいろクローバ~」

そしたらワタクシは全力で答えねばならない。

ぜぇぇぇぇえぇぇぇっと!

と。

後半戦に蓄えていた体力ゲージがガクンと減って、あしたのジョーの様に白黒になるか、その場で即身仏にも成らん勢いで答えねばならない。

隠れモノノフなのに、である。

ただ隠しきれていないだけ。

すると

「タマノフ残り110km、行ってらっしゃい!」

のコールw


モノノフに背中を押されて後半戦の始まり。










スポンサーサイト


26
Category: 島発2等   Tags: ---

ロングライド2017 参

そういえば弁慶のはさみ岩、鎮目奉行の墓を過ぎたトンネル手前、海側の車線崩落して交互通行だったのに直ってましたね~。
でもすぐまた交互通行に戻ったからロングライドのために応急処置して埋めたんですねぇ。

はい、北狄を通過して入崎ASはスルー。
次のピットインは石名清水寺の清水で給水。

DSC_0033_201705231943551f7.jpg

矢柄の坂を上り切る手前でチャリ止めて望む三島大島蟹ヶ瀬。
島内最大のウミネコ繁殖地。

DSC_0034_2017052614123371e.jpg

DSC_0035_2017052614123526f.jpg

再び走り出すとトンネル前に居たボランティアスタッフのおじちゃんに

「余裕だね~。」
と言われ
「ははは、全然飛ばす気ないんで~。」

と答えてニッセイのおばちゃんトンネルに入る。
このトンネルの中で後ろから来た人に

「たまにブログ観てます!」

と声を掛けられた。
ロングライドで声を掛けられたの初めてですわ。
たまに、というところが正直でありがたいw
そこは いつも見てます、でいいんじゃねーの?って気もしますが
それだと更新しなきゃってせわしなくなりますのでたまにくらいでちょうどいい。

ん~、毎年気になる海府荘私設AS、寄ってみようか迷いましたがスルーです。
なんだかあっけないほどスイスイ進んで外海府エリアももうわずか。


DSC_0037_20170526141236253.jpg

それにしても天気は良いけれど霞み掛かって視界がイマイチ。
この霞がのちに健康被害を及ぼすことになろうとはこの時は知る由もない。

DSC_0040_201705261412377ea.jpg

やたらめったら大袈裟に言われるけれど実は見掛け倒しな跳坂Zも難なくクリア。
トンネルも広くて明るくなっておりました。

海部大橋、大ザレを越して相川エリアも終了。
両津エリアに突入。
大体、同じくらいのスピードの女性の後ろにピタリとついてしばらく走っておりましたら、
ウェアの端をもぞもぞと引っ張って、あっ・・・ これ完全にお尻気にしてる的方向。
コラ完全に嫌われておりますので、すんませーんと追い抜いたのですが北鵜島の裏Zの下り坂。
ワタクシはスピード殺しながら下っていたら シャーっと後ろから追い抜かれてあっという間に視界から消えた。
最初の左カーブ、この人の集まりはアレか!
車田植えだな!!

辛い田植え作業を越後龍 上杉謙信の車懸かりの陣で田んぼを攻略するという・・・ もちろん嘘です。
その昔、UFOがこの上で空中停止して ぴーっ てミステリーサークルを作った跡をなぞるように植える・・・ いうまでもなく嘘です。
本来の車田植えの由来、その他はおのおの方で勝手に調べてください。

ちと寄って行きたかったのですがこんな下りのカーブで停車したらとんでもない事故を起こしかねないので泣く泣く通過。

DSC_0041_20170526144505c67.jpg

楽しい外海府も終了ですわ。
大野亀、わずかながらカンゾウの花が咲いておりましたね。

DSC_0043_20170526144507940.jpg

この時季でも地上絵見えるんやねぇ。


DSC_0044_20170526144508b04.jpg

こんなところにこんな大きな落書き、一般の人ができるもんじゃありません。
もちろんこれはUFOの仕業・・・ 以下省略。

最北端 はじきのAS

DSC_0045_201705261445093ce.jpg

まだ時間が早いので人もまばら。

DSC_0046_20170526144511ac5.jpg

走り出すと風の抵抗を受けてホイールがくるくる回るのが面白かった。



25
Category: 自転車 ラン   Tags: ---

ロングライド2017 とろけるスピード

二見の町に入ったとき、並走するようにトキが飛んでいた。

が、

辺りを見回しても自分しかいなかった・・・。
みんなちょー高速でクランクを回し、バターにもならん勢いでカッ飛んで行った。
まさにとろけるスピード。
応援のじっちゃばっちゃんに
 「トキん飛んどるね~。」
というと
 「おーっちゃ、トキんとんどらー。」
と帰ってきた。

走り出してすぐな感じですが、七浦は短い。
一応、定番の夫婦岩。

DSC_0027_201705231943593e3.jpg

相川ASにピットイン。
距離的には通過したいのですが、ここの蕎麦は外せません。
蕎麦におかゆに喜助さんの饅頭をいただいて離脱。
ここから、例年通りワタクシは音楽ジャカジャカならしてやかましくライドオン。
これは自分のポジションを他人に知らせるカウベルとかあるのですが、その代わり。
無音でシャーっと抜き去ったりするとびっくりされちゃうときとかあるもので。
基本的には右から行きまーす、など声掛けするのがマナーになっておりますが、
ワタクシの場合やかましいのでいったい何がやってきたと皆さん振り返ります・・・。

DSC_0030_2017052319440185a.jpg

本当はもうちょい下で撮りたかったのですが、いかせん下り坂でみんな飛ばしますからヘタなところで止まると巻き込み事故を起こしかねない。
下り坂が始まる辺りでの撮影。
ワタクシが止まってカメラ出しているのを見て、あ~、ビューポイントか、なんて声も聞こえてきて
ん~、みなさん初夏の佐渡を満喫しているのだろか??とちょい複雑。
とは言えわき見ばかりして事故られるよりはいいか(^^A



23
Category: 自転車 ラン   Tags: ---

ロングライド2017 いざ、出陣! 

3時15分に目覚ましをセットしたけれど、こんな時は自己暗示だけで起きられるので2時50分起床。
昨夜のうちに準備しておいた土鍋を火にかけ炊飯。
その間に日焼け止めを頬骨、鼻筋中心にこれでもかというくらい塗りこむ。
お尻内ももにワセリン、びちょびちょビッチョリーヌと塗り込んで、いつもならレースパンツ直履きなのですが、
謎の発疹が現れるのが下腹というか太もも付け根辺りが特にひどいので、今回はパンツ履いてレーパン。
その頃には飯も炊けて蒸らしも完了。
朝飯を済まし最後まで迷った末に、やはり黒はイマイチテンションが上がらないと、モノノフではなくタマノフ、黄色いユニフォームを纏っての出陣。

このウェアのため例年ですと背負うタイプのカメラバッグを使用するのですが、今回はウエストバッグに。

が、先に結論を申しますとこれだけは大失敗。
背中にしょってるときはそれほど重さを感じなかったのに、しかもカメラ自体は昨年より軽いのにウェストバッグに入れると滅茶苦茶重かった。

DSC_0022_20170523194356bf3.jpg

集合場所につくとまもなく夜明け。
暑くなりそうな気配。
今年はA1スタートなので、集合場所のごった返しを見ることなくスタート地点に誘導開始。
A1スタートとは言え全然ぶっ飛ばす気のないワタクシは後ろの方A2の前くらいに陣取りたかったのですが
意に反して結構前(汗

DSC_0025_2017052319435805c.jpg

スタートゲートがすぐそこに見える場所でスタート待ち。
周りはワタクシの様な遊び半分の格好どころか大会Tシャツで走る人すらいないガチスタイル。
願わくば皆様に迷惑を掛けない様、三列目からスタートできることを祈るのみ。
これに至っては問題なく、一番左後ろからのスタートとなり胸をなでおろす。
その時、写真パシャパシャ撮ってるスタッフさんに声を掛けられた。
全然気づかんかったけれど shibaさん じゃありませんか。
Bコースしんがりスタッフのビブスを着用。
しんがりって常にケツかっちんで事故とか起きたら絶対見なくちゃいけない大変なポジション。
とは言え話をしている間もなくスタートの時間。

無事走り出したワタクシはケイデンス60くらいでキープレフト。
皆様、シャカリキにこいでカッ飛んでいきます。
かすけさんの裏でおじさんに のんびり行けよ~ の声援に アーイ! と答えてるのワタクシくらい。
質場に至る頃には誰一人いなくなった。
スゲーな、これがA1か。
平均ケイデンス80とか90とか、スピードでいうと平均35km/h以上で行っちゃうんだろうな。










20
Category: 自転車 ラン   Tags: ---

ロングライドだ、いえぇぇぇぇぇーぃ!

空前絶後のぉぉぉ、超絶怒涛のハイテンションタイトルにしてみました。
明日はいよいよ、ロングライド本番。
ちょい天気よすぎて暑くなりそうな気配。
いままでA2 あーりんカラーのゼッケンでしたが、今年はれにカラー。
A1スタートですが、ワタクシ自身全然ぶっ飛ばす気無し。
スタート前の寒いのが嫌だから早々に走り出したいだけでA1スタート。
カメラは懐かしの入門機D60。
スナップ写真とかこのくらいの機種で十分。
何より軽い。
だけどここにきてブレブレ。

タマノフで行くのか、それともモノノフとして箱推しにゼッケンをつけるべきか・・・。

IMG_2543.jpg

ただなぁ、こういった大会の場合、黒って地味なんだよねぇ。
く~、悩ましい。




18
Category: 自転車 ラン   Tags: ---

本番前最終ライド

18197936_1318122224939502_863668450_n.png 18191562_1318107534940971_1689978718_n.png

おそらくはロングライド本番前に乗れるのは今日が最後。
両津から小佐渡断層ラインを真野へ抜けるか、それとも・・・

はっきりした答えを持たず出発。
一気南下して女神山トンネルを抜けた。
多田まで5分。
一気に下って今度は旧道を紅葉山経由で戻ってくればたぶん行って帰って二時間のはず。
しかしながら魔が差した。
一度下ってまた上るのもいやだけどそれ以上にワタクシは Uターン が大嫌い。
女神山トンネルを抜け出してさらに上り。
峠を小佐渡林道へ。
たぶん新穂ダムへ抜ければ、これもまたちょうど二時間ぐらいじゃないかと。
結果から申しますと

IMG_2533.png
IMG_2535.png
IMG_2537.png

かなり shibaさん好みのコースでした。
進んでも進んでも新穂ダムにたどり着かないし二時間どころじゃない、ほぼ三時間。

最高点はおそらくここ。

IMG_2531.png

標高556m。
妙見山ヒルクライムやる気満々のshibaさんなら中腹。
小佐渡の尾根沿いを走っているはずなのにほぼビューポイントゼロ。

IMG_2526.jpg

ひたすらこんな感じ。

IMG_2527.jpg

IMG_2528.jpg

弥彦が一番よく見えるポイントは岩首に下りる分岐点。

IMG_2532.jpg

ここから新穂ダムへ降りる分岐点までが路面が川になっていたりでよろしくない。
さらに分岐してから一気に下ると思ったら二、三回アップダウン。
落ち葉も積もって道幅も狭い。
ブレーキレバーが握りづらいロードバイクでは長時間ブレーキ握ってるのは握力が維持できずつらい。
思った以上にキツイコースでした。
以前、新穂ダムから杉池へ抜けたとき非常につらい思いをしたのですが、数年たってたまにはいいかと思いましたが
そもそもロード向きじゃないコースだったよ・・・。

あのときもそう思ったんだった。

せめて眺めだけでも良けりゃいいんだけどねぇ。




17
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

そんな季節です。

18197936_1318122224939502_863668450_n.png 18191562_1318107534940971_1689978718_n.png

チュウサギやアマサギさんがご到着。
もうすぐ梅雨ですね。

DSC_551801.jpg



16
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

憂鬱

18197936_1318122224939502_863668450_n.png 18191562_1318107534940971_1689978718_n.png



サイクルジャージの時だけ現れる謎の発疹。
それって化学繊維アレルギーじゃないの? って。
ランのときに身に着けるコンプレッションではこの症状は出たことがないので上はそれでいいとしても
レーサーパンツ履かずにロングライド、いやいやいやそら無理やろ~。

今年のロングライドが一気に不安になってしまいました。

DSC_5621.jpg

ちょいと 妙見ぬ桜 観に行ってみましたが

DSC_5633.jpg

DSC_5637.jpg

ん~、元気ねぇなって感じ。
んでやっぱカメラマンは大勢。


15
Category: 自転車 ラン   Tags: ---

ライドオン

18197936_1318122224939502_863668450_n.png 18191562_1318107534940971_1689978718_n.png



ほとんど乗っていないのに、次の日曜はもうロングライド本番。
タマノフ出陣! の予定。
という事で、本日は国府川沿いを一旦真野湾まで出てロングライド130kmコースの小佐渡断層ラインを一気に両津湾まで。
国仲は今にも降り出しそうな怪しい雲でしたが、断層ラインはしっかり降ったみたいで路面ウェット、すいすい~とはいけません。

IMG_2508.jpg

地層観てうっとり。

IMG_2510.jpg

ガガガ、と持ち上がった時とか、地層の層になるときってきっとものすごい環境の変化があったんやろうな~。
などと地層を前にして白昼夢。
それにしても左端の穴ぼこが気になる。

IMG_2511.jpg

どうも人口的な気がする。
ここ削る前は穴蔵でもあったのかしら。

大佐渡の方は青空も見えるのにこっちは雨が降ってきまして先を急がねば。

IMG_2512.jpg

このルートはなんですな、新穂に至ると両津まで下り坂。
トレーニングにはやはり両津から真野へ抜ける方がよろしいようです。

本日は 47km 約二時間のライドオン。
おそらく次はもう本番なのですが、困ったことが一つ。

ジャージ脱いだら体のいたるところに発疹。
実は 5/2 にも同じ症状がございまして、考えられるのはジャージを外干しした時に花粉か何かが付着した??
今回二回目。
いったい何が原因なのかしら。
シャワーを浴びたら次第におさまったのですがビビります。
とりあえずジャージだけでしっかり洗濯して部屋干し。

約50kmであの症状だと210kmなら死んじゃうわ。





14
Category: 島発2等   Tags: ---

YTNKG

18197936_1318122224939502_863668450_n.png 18191562_1318107534940971_1689978718_n.png


TKG(たまご掛けごはん)最大の欠点は飲み物になってしまう事。
腹持ちは悪いし、あれで腹を満たそうとすると、いつもの倍ほども食ってしまう事になる。
だけど食材がないとき、ササッと済ませたいときにはお手軽なのは間違いない。
今回は納豆も入れてスキレットで焼きました。

IMG_250602.jpg


YTNKG 焼きたまご納豆掛けごはん・・・かな?
たまご納豆掛けごはん焼きかな??
たまご掛けごはんに卵焼きが加わってなおかつ飲み物ではなくちゃんとご飯なので満足感が得られます。


13
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

撮れてんのに

18197936_1318122224939502_863668450_n.png 18191562_1318107534940971_1689978718_n.png

スピードキングの上に動きがトリッキーで読めないアマツバメをしっかりと引き付けてようやく捉えたのですが・・・

光量が足りないんだよなぁ。
ズバリ、野鳥撮影を一言で申しますと

ムズカシイ

に尽きます。


DSC_5508.jpg

DSC_5510.jpg



12
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

記憶に残る写真

18197936_1318122224939502_863668450_n.png18191562_1318107534940971_1689978718_n.png

今回の三人展でワタクシが出した写真は写りの美しさよりも記憶に残った一枚、という形で淫靡でわいせつな画像が多いのですが、
でも、本当に記憶に残っているのはシャッターチャンスをモノにできなかった瞬間なんですよね~。
あれから三年経つのにこういうシーンに巡り合わない。

DSC_6050_20140601194157b37.jpg



10
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

こっちを向いてくれ

18197936_1318122224939502_863668450_n.png

昨夜の天気予報では夕方から雨という事で朝は走る気満々でおりましたのに雨じゃんよ。
という事で、久々に鳥探しながらダラダラ流しておりましたら、うっかり探餌のトキだと思ってスルーするところでした。
探餌のトキには今や興味を示さないのも贅沢な話ですが・・・。

く~、普通に探餌、羽繕いしてるところは取れたのですが、シャッターチャンスは逆向きのホウロクシギ。

DSC_5465_02.jpg

こっち向いてもう一回を期待しましたがそんな上手く行くもんじゃないんすよね、ガックシ。
この後、歩きながらどんどん離れていきましたのでワタクシもその場を後にしました。



08
Category: 島発2等   Tags: ---

三人展

配達に出たその足でちょいと覗いてみたのですが、誰も居ませんでしたw

18197936_1318122224939502_863668450_n.png

連休中にお運びいただいた方はお分かりだと思いますが、
ワタクシの写真は二人とは違って淫靡でわいせつな写真が多いのです。




IMG_248801.jpg

特に画像もないので携帯の写真貼っときます。



06
Category: 島発2等   Tags: ---

千歳からキーン

4/24の空。

DSC_5332.jpg

千歳救難隊のU-125A
千歳からここまで一時間くらいで来られるのかな??
U125ってわりかし静かな機体ですよね。



05
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

へ~

ガキシキ展やってるよ。
18197936_1318122224939502_863668450_n01.png
18191562_1318107534940971_1689978718_n01.png



上くちばし、左右に牙みたいに尖った部分があるのは有名ですが、下側の嘴にもあるんですねぇ。
はじめて知りました。

DSC_538401.jpg



04
Category: 自転車 ラン   Tags: ---

ライドオン

ガキシキ三人展開催中
18197936_1318122224939502_863668450_n01.png
18191562_1318107534940971_1689978718_n01.png


はい、ワタクシは次なるロングライドに向けてお尻慣らし。
一回目に30kmほど乗ってなんともないと思ったのですが、二回目に乗ったら思ったよりお尻にダメージがあって
なんでしょうね、サドルに当たる部分って肉じゃなく直接骨って感じなんすよね。

という事で本日ようやく今年三回目。
一旦両津まで出て東海岸線を一気に南下。
時間的には風島弁天で折り返しなのですが一気に行きます。

IMG_247901.jpg

ソメイヨシノは確かにきれいなのですが、咲く時期が寒い、早すぎる。
やっぱ今ぐらいに咲いてくれるとほのぼのして見られます。

IMG_248001.jpg

松ヶ崎をかわし多田から山越え、最短距離で国仲へ。

なんか

IMG_248101.jpg

県警のヘリまで出して山狩りしてましたけど・・・
山菜取りで遭難でもしたのでしょうか??

IMG_248201.jpg

66km 約三時間のライドオン。
本番まであと何回乗れるかな。
早起きしても準備に手間取っちゃうのよね。




02
Category: 島発2等   Tags: ---

明日からですな。

展示には程遠い段階で いや~、今日ははかどった とマイペースな華くん。
5月3日からなんて間に合うのか?? と思いましたが、とりあえず何とかなりました。
芳名帳とかいるんですかねぇ、FBでチェックインしてもらえばいいんじゃね、と話すガシマ君と華君。
さすがに感覚が若い。
年代の差を感じるわ・・・。
あぁいうのは書きたい人も居るし、後で見たら面白いから置いとけばいいと思うけど。

ワタクシの写真はほとんどがここですでに公開した写真なのですが、ここで紹介した写真のカットした部分を見て華くん激しく尿漏れしておりましたね。

DSC_3100_01.jpg








1
3
7
9
11
19
21
22
24
27
29
30
31

top bottom