奇楽庵

毎日がとろけるスピード


In 12 2015

31
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

さらばじゃ

DSC_2597_01.jpg

それでは皆様、良いお年を

ごきげんやう。
さようなら。


スポンサーサイト


30
Category: お酒   Tags: ---

DSC_2346_20151230212622673.jpg


泣いても笑っても後一日ですねぇ。
要領が悪すぎて仕事が終わらない(T-T


ごきげんやう。
さようなら。




29
Category: 島発2等   Tags: ---

寒いですねぇ。

DSC_0007_20151229193414f9b.jpg

DSC_0010_01.jpg

DSC_0011_20151229193416893.jpg

DSC_0012_20151229193417920.jpg

首筋から眉間から、血管収縮してんだなぁって感じの頭痛。
体が対応し切れません。

ごきよなら。


28
Category: 島発2等   Tags: ---

すげーと思うんだけど。

加茂湖を撮影する人は多いけれど、この木はなぜか皆さんスルーしてますよね、何でかな~。
そりゃまぁ、環境の厳しい尾根近くでもないし、何百年、何千年もたっていないだろうし、
枝が迫力満点にぐにょんとしてる訳じゃねぇけれどすげーと思うんですよね。

DSC_0005_20151228181949a89.jpg

誰が植えた訳でもないだろうに根上がりですよ。
しかも石抱きですよ。

DSC_0006_201512281819524bb.jpg

すげーな~、っていつも思うのですが不思議と写真サイトの人たちスルーしてますよね。
すげーと思うんだけどなぁ~。
俺だけなのかな。


ごきげんやう。
さやうなら。








27
Category: お酒   Tags: ---

再入荷のお知らせ

DSC_2336.jpg


欠品しておりました真稜純米にごり1.8L先ほど入荷しました。

DSC_2548_20151220172207443.jpg






26
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

生きていたか

DSC_2623_01

近頃は探餌の朱鷺に目を留めることはありませんが、毛並みのきれいなヤツがいるなぁ、と思ったら貴重な足環の無い固体。
まだ生きてたか~。
元気そうで何より。



25
Category: 島発2等   Tags: ---

イブ

DSC_0002_2015122518020338c.jpg

DSC_0003_20151225180205a55.jpg

巨匠華くんとは時間が違いまして、
あと次元も違いまして、はいごきげんやう。
さやうなら。


24
Category: お酒   Tags: ---

DSC_2324.jpg


23
Category: 島発2等   Tags: ---

真稜純米吟醸 至 新酒生 越淡ver.

DSC_0193_2015122319584619d.jpg

真稜純米吟醸 至 新酒生
本来は酒米が山田錦なのですが、これは越淡麗で醸されヴぁーじょん。
先ほど入荷いたしました。

つーか、特に明記されてるわけではないのでコシタンとか言わなくてもいいような気もするんですが・・・。
なんせやまだ・・・ んにゃ、それは業界の話なのでいっか。


ごきげんやう。
さやうなら。





21
Category: 島発2等   Tags: ---

三崎蕎麦

名人から数年ぶりに電話が掛かってきまして、まぁカクカクシカジカ。
早い話が蕎麦会だ。
待ってました、ガッテン承知と近頃すっかり寝ている るっぱち蕎麦っ喰いの会 能美太蘭理事長の尻叩きまくって緊急招集。
懐かしい顔がそろってさしづめ同窓会の様相。

DSC_2515.jpg

DSC_2528_20151220172210d2c.jpg

その昔、名人指導の下、蕎麦を植えるところから、
高級料亭御用達のあごだしを作るかあちゃんたちの所に行ってあごだしの作り方を習ったり、
刈り入れ、ごろごろと石臼でそば挽いたり、はたまた昔三崎で食べられていた蕎麦どじょうや蕎麦の茎が入った煮物をいただいたりと蕎麦のいろはを教わったのでございます。
この日の蕎麦も名人自ら育てた蕎麦で、十割り蕎麦。

DSC_2507.jpg

宮本常一に キミがこの小木の蕎麦文化を守り伝えなさい と言われた名人の蕎麦は冷たいぶっかけのみ。
少々腕が良すぎて、そうめんバリに細いものだからまわりから、
上品過ぎる、もっと太くて黒くて香りがぶわっと口にひろがるように打ってくれとか、ざるで食べたいとか、皆言いたい放題。

ワタクシも確かにざるで食べたいのだけれど、なんだかなぁ、あんなに腹いっぱい喰ったのに、
翌日になるとすぐまた食べたくなる不思議な魅力のあるそばなのでございます。

DSC_2548_20151220172207443.jpg

場所は八幡館のまん前で 土日に数人で予約すれば打ってくれるとのこと。
ん~、詳しいことは忘れましたが、たしか三月くらいまではできるっていってな。

DSC_2529.jpg

それではごきげんやう。
さやうなら。


あ~、蕎麦喰いてぇ・・・。









20
Category: 島発2等   Tags: ---

冬水田んぼ

DSC_0191.jpg



19
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

遠いし、暗いし

DSC_2460.jpg

おまけに冷え切ったレンズが指先から体力を奪っていく。
動きも全然止められないし

DSC_2468_201512191455597a1.jpg

ボヤキがとまらない。


18
Category: 島発2等   Tags: ---

王莽時

DSC_2319.jpg



17
Category: お酒   Tags: ---

DSC_2322.jpg



13
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

オジロワシ

DSC_2439.jpg

ちょいピンが追いつかん。
飛来、本日確認。




09
Category: 島発2等   Tags: ---

ま、十分でございます。

DSC_0187_20151209203313a9b.jpg

今やフルサイズか、ミラーレスか、カメラの世界は高性能、軽量コンパクト路線まっしぐら。
カメラ買いなおすなんて夢のまた夢なワタクシには関係の無い話。
久々に入門機D60で撮影。
写すだけでプリントもしないワタクシには十分ですわ。
高級機種なんか必要ない。
そんなんいらんな~。

でもくれると言うのなら喜んでいただきます。

とりあえずサンタさんに毎夜念を送りながら、床に就くのでございます。

ごきげんやう。
さやうなら。



04
Category: お酒   Tags: ---

眠れない夜

 見まひたか、こないだのももクロchanのオープニング。
めちゃくちゃ面白かったわ、若大将会議。
まさか4年も前にあんなやり取りがあったなんてw

 再びももクロを紅白の舞台に押し上げるためにモノノフとしてどうするべきなのか、夜も寝ながら考えていたワタクシは
午前三時半、またまた叩き起こされたわけですよ、落雷に。
目を閉じていても明るいまぶた越しの閃光。
すかさず叩きつける轟音。
家が潰れるんじゃないかと思うくらい揺れて怖くて眠れない・・・。
結果再び眠りに付いたのは5時過ぎ。
今夜はゆっくり寝られるのでせうか。

 なんだかさっぱりしない朝を向かえると

DSC_0173.jpg

地獄谷線のあたりまでチョイ白くなってる。
大概初冠雪はすぐに消えるのに今年はこのまま根雪でしょうか。


 さてさて、板粕でございます。

DSC_0174_20151204195028743.jpg

入荷しております。
嘘かまことかぞんじませぬが、今年もガッテンしちゃった、みたいな話を聞きましたが
ワタクシはその前に 目がテン を見ておりました。
長野の長寿の秘密のひとつに味噌汁に酒かすを入れるというやつ。
酒かすはうまみ成分が豊富でコレを入れると味噌の量を減らして減塩出来ると。
高血圧のワタクシにもこれは朗報。
しかしながら難関がひとつ。
何を隠そうワタクシは粕汁が苦手。
でもやってみました。
すぐに答えは出ました。
今まで食べた酒かす汁は入れすぎだったんだな~。
酒かす入れましたって言わないと気づかない程度で十分味噌の量を減らしておいしく出来ると判明。

あ~、またひとつ大人の階段上っちゃったな~。

DSC_0175_20151204195029521.jpg

漬物用の練り粕もございます。



それではごきげんやう。
さようなら。









1
2
3
5
6
7
8
10
11
12
14
15
16
22

top bottom