KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


In 09 2014

29
Category: 島発2等   Tags: ---

小佐渡んつんぶり

ミルキウェイもくっきり、かなり小さな星々まで見えるのでコレはひょっとすると見えるかもしれん、と経塚へ。

昨日のお昼に噴火してまだ情報もなにもない、
命からがら灰まみれで無事に下山出来た人達と空高く舞い上がった噴煙の映像だけ。
あれだけ高くあがれば噴煙が見えるんじゃないかと小佐渡最高峰にあがってきましたが

IMG_0275.jpg

経塚山のつんぶりっちゃこんなんだったっけ??
たしか30年ぐらい前は山小屋があってもっと見晴らしがよかったと記憶していたのですが、うっそうとして木々の間からガメラレーダーが見えるだけでなんも見えん。
山小屋も無い。
あれって女神山だったのかな???

DSC_8736.jpg

名前は知りませんがかいらし花が一輪咲いておりまして、ここまで来てなんも撮るモンが無いのもなんだかな~と撮影。

あまりにもイメージとの違いに戸惑い、ここまできてどこか見張らせる場所は無いんかいとウロウロ。

DSC_8737.jpg

あれは城山公園だねぇ。
つーか、ガスってて新潟さえも見えん。
携帯でチェックすると御嶽山はこの方角。

IMG_0278.jpg

双眼鏡で目を凝らしましたがやっぱ見えませんね。
せめてアルプスがみえれば諦めもつくのですが無駄足だったか。

DSC_8746.jpg

経塚の牧場って大きいんですね~。

DSC_8740_20140929120834ad0.jpg

こんな広々した牧場があったとは知りませんでした。

DSC_8747.jpg

一部砂利道が雨水で深くえぐれておりまして、無事に帰れるのかと心配しましたが無事下山。
紅葉もまだ早く、サドカケスとホオジロとキジバト、カラスしかいませんでした。

ごきげんよう。
さようなら。






スポンサーサイト


27
Category: 自転車 ラン   Tags: ---

少々疲れました。

小佐渡てぇてぇの翌日、ゆっくりするつもりでおりましたが次の日には台風がやってくる。
んじゃ、明日休んでゆっくりのんびり10kmくらいてってけ走りましょうか、と大珍宝御神体見たり、うんちしたりしながら結果的には12kmくらい。
んで、台風も大したことなかったけれどキッチリ休んでまたチャリです。

国仲一周。

IMG_0273.jpg

なんか足だるいわ~。
ちょいオーバーワークやなぁ。
二、三日ゆっくりします。


ごきげんよう。
さようなら。


26
Category: 自転車 ラン   Tags: ---

てぇてぇ

七浦ショートカットの大佐渡回り、三崎ショートカット小佐渡回り、
たぶんどっちも距離はおんなじくらい・・・ かな。
大佐渡回りは急いでも5時間ちょい掛かってしまいました。
小佐渡周りはどうなんでしょ、って事でいつもはのんびり写真なんか撮りながらライドですが、今回はてぇてぇ。
TTですよ、タイムトライアル。
なんなんすかね~、やっぱり赤玉って遠く感じる。
水津~赤玉間ってのはどうしてあんなに遠く感じちゃうのでしょう。
引き足、ダンシング駆使して進む事一時間半、松ヶ崎到着。

IMG_0254.jpg

てぇてぇだから止まりたくなかったのですが、写真の一枚も撮っておかんとブログネタにならねぇと停車。
すぐそこに見える弥彦・角田山、それに連なる小さな山々が蜃気楼でポコンと浮かび上がっている。
佐渡じゃあんまり使えないアプリ ARyama1000 でチェック。
へ~、あれが黒姫山か、ここからだと100km圏内なんだね、とちょっとゆっくりしちゃいました。
さ~、再出発。
これから登り坂、飲料確保せねばと小木の佐渡汽船にピットイン。
センサー式、水が出たと思ってボトルを差し込むと止まってしまう蛇口にイライラ。
素直に自販機で買うべきだったか(ーーA

なんか気合入れてきたら小木坂も大したことないね。
どこまで続くかわからない、旅のアスリートには厳しいのでしょうけれど、土地勘があるこっちにしてみたらシンドイのは小木中までって知ってるからね。

20140923.jpg

ってことで、106km 4時間25分だったかな。
大佐渡回りから考えますと予想以上に速かった。
ガーミンの移動時間は4時間18分。
2分違えば1kmの差が出ますので、ハイドレーションパックなどを背負ってノンストップにすればまだ短縮できそう。
ランの方でも20kmを越すと 600ml のボトルじゃ全然間に合わない、ハイドレーションパックの必要性を痛感。
ということで物色したのですが帯に短し襷に流し、品切れだったり、やたら高かったり・・・
でもよくよく考えますともうすぐアタシャ、シーズンオフ。
慌てて買わなくてもよいのです。
だけどこういうの、スイッチ入ると今すぐ欲しくてたまらないのよ。



ごきげんよう。
さようなら。

テーマ 自転車(スポーツ用)    ジャンル スポーツ


24
Category: 島発2等   Tags: ---

ワイルドで行こう

そんなこんなで無事に30km走を終えたその晩、それはも~、ちょ~眠みー。
しかしまだまだ一日は終わらない。
いったん帰宅したワタクシはウォーキン。
星がきれいで、流れ星がビュンビュン飛び交うのを眺めつつ、ちと寒いな、なんて言っていたのは最初だけ。
2km近くに到達するころには汗だく。

だーつだ、だだっだ、だ~ん、なんて伴奏まで自分で口づさんで
げちゅもららーにん♪
へらおんざはいうぇ~♪

ぼ~んちゅび~わ~ぁぁいる♪

と歌いながら、ちょ~デニスホッパー風に歩く事5キロ、ようやく到着。

DSC_8730.jpg

今年もまた金北山神社ん祭りんお呼ばれ。

スゴイごちそう・・・ だったみたいです。
一階の青年部に混ぜてもらったのですが、まぁ見事にかっさらげてな~んも残って無かったw
だけど酒だけは豊富。

二階に上がってくれぇ、と言われましたが二階だなんて雲上人ばかりで、あんなところに上がったら高山病になってしもぅっちゃ、ここでいいここでいい、酒だけあればそれでいい、と断固拒否。

そしたらお蕎麦もってきてくれました。

DSC_8731.jpg

見かねて二階から一皿下ってまいりました。

DSC_8733.jpg

は~、なんかもう一年経ちましたかって浸っていると、
酔っぱらって飼い犬のタマキン握ったらマジ噛みされたという淑女に
あま~い、の人と呼ばれてしまいました。
なんのこっちゃ、と思ったらスピードワゴンのイトダジュンにワタクシが似ているとか・・・
そんなん初めて言われたし。
自分じゃやくみつるの方がしっくりくるような気がしますけも。

という事で例によって例のごとく記憶もうしない、その後30km走のダメージも相まって二日間廃人と化し、体重計に翻弄される事になるのでありました。
美味い酒には翻弄されます、あぁ酒に弱いワタシ・・・。

ごきげんよう。
さようなら。



21
Category: 自転車 ラン   Tags: ---

リトライ

前回の30km走、26キロで失速し、29キロで左ひざにランナー膝の兆候が現れた為に急遽徒歩に変更。
本番前の自信になるどころか、かえって不安材料になってしまった。
そろそろテーピングも練習しておかねば、と膝を補強し本日の目標は20km。
スタート前に軽量化とトイレに入るも、出る事は出たけれど、まだ残って居る感じ。
という事で一先ず佐和田海水浴場のトイレ目指してスタート。
幸いにしてトイレに行きたくなることも無く順調。
佐和田から真野へ向かい畑野で20km到達。
至って順調。
最短距離で戻ってもいいけれど様子を見ながらいけるところまで。
20kmを越すと急激に喉の渇き。
自販機、コンビニ、給水出来るところを考えながらボトルの水を飲む。
根本寺近くの休憩所の水飲み場でボトルの水を入れ替えて顔を洗う。
かいた汗が塩の結晶になってジャリジャリする。
25kmを越したら左足小指にマメができた。
前に出来たマメの皮が昨日剥けたばかり。
どうしてタコにならないもんかと悪態をつきながら進む。
噴きだした塩で皮膚炎をおこし始めていて顔がヒリヒリするけれど、約3時間30分
とりあえず今回は30km走りきりました。

20140920.jpg

左ひざ内側もうチョイしっかり補強した方がいい感じ、メモメモ。



13
Category: お酒   Tags: ---

秋の夜長

しばしの独身生活。
稲刈りも始まって夜ともなると車さえ通らず虫の音だけが響いている。
ジッ、じょわぁぁぁ、と炭に脂が落ちるたびに煙を上げて室内に漂い明かりを遮るほど。

DSC_8722.jpg

これはたまらぬ。
吟醸の香りは気どりすぎ。
やっぱ清酒。

DSC_8724.jpg

一日の疲れをねぎらってくれる一杯。
調子にのっちゃう二杯。
独り静かに飲む酒はまわるのも早くて飲み干す前にうつらうつらと舟を漕ぐのでありました。

ごきげんやう。
さやうなら。


12
Category: 自転車 ラン   Tags: ---

ちゃりんこでGO!

なんだかんだいってロングライド以来、一回くらいしか乗っていない様な・・・ チャリ。
朝晩涼しくなって今乗らないとすぐに冬が来てしまう。

昨年はランニングで右ひざを故障。
今年は今のところ無事ですが、左ひざが不安。
今こそ、ランとチャリを織り交ぜてトレーニングする時じゃないかと、すっかり埃をかぶったチャリに空気を入れ直しスタート。
目指すは最北端、と言っても出発が遅いからいけるところまで。

DSC_8212.jpg

もう少し時間に余裕がありますが、引き返すにはここが無難と北松ヶ崎で折り返し。

DSC_8213.jpg

走りづらい国道は避けたかったので黒松から野球場を通って田野沢へ。

DSC_8215.jpg

約50km、リハビリにはちょうど良い距離。
翌日はランニング。
太もも周りにチャリの影響を感じる。

その翌日はチャリ。
普通に生活している分には気付きませんでしたが、乗った瞬間
ケツ痛っ!!
思わぬところにダメージが残っておりました。
この日は南東。
川崎から椎泊の道、新しくなってる~。
全然知らんかった。

IMG_0222.jpg

で、風島ビェンテンで折り返し。

IMG_0223.jpg

越後はすぐそこに見えるのに・・・ 走っても走っても佐渡。
50kmちょいでした。
やっぱさ~、年内にもう一回くらい大佐渡一周しときたいな。
でも始業時間から逆算すると朝4時にスタートしなきゃいけない訳で・・・。
そうなると3時頃に起き出して・・・無理っす。

んで、何日か後、てってけ、てってけランニング30km走やりまして翌日は爆睡。

はい、起きました、4時過ぎ。
起きたけれど、朝飯だなんだと準備してたら結構時間掛かってスタートが遅くなった。
5時半位だったでしょうか。
とにかく外海府まで。
出来るなら一周。
今は余裕があるけれど、後半を考えるとゆっくりはして居られないハズ。
七浦はショートカットして中山峠越えで一気に相川。

戸地のあたりは8月頭の台風の影響で白穂になったと小耳にはさんだの心配しておりましたが、この辺は問題ないみたい。

DSC_8707.jpg

一日過ぎたスーパームーンが西の海に沈もうとしていました。

DSC_8710.jpg

おっとこんなことしちゃいらんねぇ、先を急がねばとペダルを踏みます。
入崎でトイレにピットイン。

石名の清水寺で給水。

DSC_8711.jpg

跳坂、いつも休憩するトンネル前は工事中で止められず。
おそらくネルフがジオフロント造るための工事だな・・・ 知らんけも。
止まらずに過ぎようかとも思いましたが、それじゃ何のためにわざわざカメラ担いできたのかという事で、トンネルを越したところで停車。

DSC_8715.jpg

雨でも降ったのかな?
川の水量は大したことないのですが、なぜかどこも河口付近濁っておりました。

DSC_8716_01.jpg

あぁやっぱあいぽんとは写りが違うね。
この時点でもう時間が無いと焦りました。
でもまぁ、焦った所でペダルを踏む以外に術は無いけどね。
関~大野亀、わずか10㎞位の距離だけど一時間掛かっちゃう。
ロケーションは最高だけどね。

DSC_8718.jpg

風の神様には鳥居の外からごあいさつ。
北鵜島の下り坂。
跳坂がZ坂ならば北鵜島の裏Z。
ここは電線工事で交互通行。
カーブでバスが中々進めず足止め。
もう休憩している暇は無い。
大野亀も素通り。

DSC_8721.jpg

この写真を最後にひたすら、ケイデンスにらめっこで繊細なギアチェンジを繰り返し戻ってきたのはバッチリ遅刻の始業一時間後。
七浦ショートカットで急げば4時間ぐらいで行けるかな、なんて甘過ぎました。
107km 5時間掛かっちゃった(^^A
スタート直後はまだまだ時間あるし、先は長いし、とどうしてもペースゆっくりになっちゃうもんね。

ごきげんやう。
さようなら。




テーマ 自転車(スポーツ用)    ジャンル スポーツ


11
Category: 自転車 ラン   Tags: ---

スイ~ッ

スイ~ッと行ってきました、早起きして。
あぁ、もちろん甘いものの話じゃないです。

IMG_0243.jpg

107km

もう今日は編集する気力ないのでごきげんやう。
さやうなら。


テーマ 自転車(スポーツ用)    ジャンル スポーツ


10
Category: 自転車 ラン   Tags: ---

そういえば・・・

いやいや、すごい雨でしたね。
え~っと・・・ たぶん9月1日の夜。
帰宅しようと外に出た瞬間、目の前に稲妻が走り ダダーン。
思わず首を引っ込めるほどでした。
それと同時に ダバダバ大粒の雨が降り出してまぎれもなくゲリラ豪雨。
怖いのはいつもより雷が落ちる場所が近い。
玄関から車に乗り込むわずかな距離でびちょびちょビッチョリーヌ。
液体ワイパー塗り込んでおりますから、結構な雨でも間欠ワイパーしか使わないのですが、この日ばかりは最速モード。
前が見えん(--;

まさか、とは思いましたがやっぱり居ました、ランナーが( ̄□ ̄;
さすがにコレは危険と察したかガソリンスタンドにピットイン。
雨だけならまだしもこの雷はマジでヤバいもんね。
ワタクシもランナーの端くれなので車横付けして、乗ってきなよ、送るから、と。
ずぶ濡れだからシートを汚すからと遠慮していたのですが、聞けばゴールまでまだ5km以上あるし、
そんな気を使うような車でもないから遠慮すんないと乗せてきました。
あんなところ走っていたら冗談抜きでカミナリ落ちちゃうもん。

話を聞いたら佐和田から両津までいつも走ってるとか・・・
それってフルマラソン位あるんじゃないの、と聞いたら片道14~15km位だとか。
こんな夜中に30km走やってるのか、しかも度々(--A
ほんとこの島はスゲー人がフツーにゴロゴロ居過ぎw


と、いうことでトライアスロンの翌日、早起きして30km行ってきました。

20140908.jpg

新穂で給水休憩した時にウォッチ止めて再始動するの忘れちゃったから28ラップまでしかないけれど、ナイキ+ のGPSではキッチリ30km。
26km辺りで膝に異変を感じて失速。
29kmで左の膝に一瞬ですが明らかにランナー膝の痛みが走ったので、すぐに走るのをやめて歩いてのゴールでした。


あっ、あと何べん撮っても同じ面しか写らないから撮らなかったのですが、撮らないの? と言われましたもので一応スーパームーンね。

DSC_8704_02.jpg

どう頑張ってもアポロ計画のバギーとかは写せませんので悪しからず。

それではごきげんやう。
さやうなら。

テーマ ジョギング・ランニング    ジャンル スポーツ


09
Category: 島発2等   Tags: ---

佐渡国際トライアスロン2014

あのトライアスロンのボトルって毎年大会名がプリントしてありますが、終わった後どうするんでしょう??
やっぱり破棄?
なんかもったいない、とは言うものの洗ったり保管したりと衛生面を考えますと毎年新調って事になるのでしょうけれど
とにかくすごい数だし、捨てるには惜しいよな~と思ってしまいました。

今年は暑すぎず寒すぎず、凪もよく、クラゲも少なげ。
前浜方面は向かい風きつそうでしたが、リタイア者も少なかったみたいだし、トライアスロン日和でしたね。

DSC_8226.jpg

と、いう事でまた写真バシバシ撮っちゃったけれど、やっぱ望遠のきらくあんとしては表情撮りたくなるものだから
勝手に載せて欲しくないって人もおりましょうから、ブログネタにもならず。
は~、またまたハードディスクの肥やし。
無駄なシャッター切ってしまった・・・ 的方向。

でも、見てると ん?この人二年前にも撮ったような・・・ 意外な楽しみ方がある事に気付いたけれど
二年前の写真は別のハードディスクに保存しているものだから比べられない。

と、いう事でごきげんやう。
さようなら。




06
Category: 島発2等   Tags: ---

季節は確実に・・・

録画したエヴァQを見ていたらベルが鳴ってる。
てっきり何かの演出だと思っていたら自分の携帯が鳴っていた。
祭譚さんだった。
「いろいろ書いてくれてありがとう。」
と皮肉たっぷりに言われました。
ひひひ、居もしない舞台で祭譚さんをやり玉にあげたり、ECでは美女はべらせてたとか、祭譚イジリしちゃったからな~。
で、改まって何かと思ったら、まぁこういう言い方はしなかったけれど、砕いて話せば
女子大生と飲ませてやるから笛持ってこい、と。

わおーん、キャンキャン、と電光石火の超特急で

行く訳ねーでしょ(--;

4時からって・・・ 土曜の四時に店閉めていける訳ねーし。
ましてや、そこまで車ぶっ飛ばしても一時間掛かるし。
今、三時だし。
店閉じてから、というけれどたどり着くころにはきっと虎と化した地元のおっさんばかりで
そこまで行って酒も飲めずにオイラな~んも美味しいところ無いべさ。
結局、祭譚さんに欲しめられたって事だな。

そんなこんなで改めてテレビをつけると

「季節は確実に秋に向かってますね。」

も~、なんだかな~。
それを言うなら冬に向かってるじゃねぇのか、秋なのに秋に向かってるって、テレビメ~ンのくせにいつまで夏のつもりなんだか。
まったくおめでたい話だな、と思った次第。

DSC_8218_20140906205852def.jpg

ごきげんやう。
さやうなら。





03
Category: 島発2等   Tags: ---

言えるか

時代の波に平伏したりしない、世間がどこに向かおうと言いたい事をいい、書きたい事を書く。
あの時代に言えるだろうか。
一昔くらい前、全国の女子高生がルーズソックスを履いたのを見て
こんな勢いできっと戦争に向かっていったのだろうと、みんながみんな右向け右で恐怖心を覚えた。
どこを皮きりに第三次世界大戦が起きても不思議じゃない不安定な世の中、日本も蚊帳の外じゃいられない。

実際に言ったかどうかはわからないけれど、スゲーな白蓮さん、ロッケンローラーだぜ。
時代が戦争の波にのまれ様としてもかくありたきだな、とは思うもののワタクシなどは
フンっとそっぽ向いていても周りにしっかり流されちゃうのだろうな。
という事でHOTEL MANCHOで白蓮さんの書を拝見しました。

IMG_0182.jpg

しっかしスゲーな、歌詠んでもらうだけじゃなく、こんなデカイ紙に一筆お願いしますって今の時代じゃ頼めないし、なかなか応じてもくれないよね。
やっぱ皇族としてお育ちはちがうな、と思っちゃった。
わざわざ見に行った訳ではなく、あの日あの時いにしえの友を誘って飲みに繰り出そうかと思ったのですが、
打ち上げがあるからと誘いだせず。
逆にワタクシが打ち上げに誘われて、一度はお断りしたのですがコレを逃すと果たして次はいつ会えるのか、
下手すればもう二度と会う事もない、という事もあり得るお年頃。
お邪魔虫とは知りつつも恥を忍んで宴席の端に加えていただいた結果、万長コレクションを見る機会に恵まれちゃったと。
そんなものだからアンベチャンにもお会いしました。

IMG_0184.jpg

実際のアンベチャンは全然落ち武者なんかじゃなかったよ。
テレビで見る強烈な個性はじぇんじぇん感じない。
凛としてきれいな人でした。

そんなこんなで帰りはホテルのフロントで運転代行呼んでもらおうと思っていたのに終わったのが遅かったからすでにフロント真っ暗。
酔った足でコンビニに行きカレーパン喰って車中泊。
ひどい胸やけに悶え苦しんだのはあの晩の事でした。

どうせ自宅まで帰るんだからいつも使ってる代行自分で呼べばよかったんだよな。
相川に居るから相川の代行呼ばなきゃ、って思ってるのがまさに酔っ払い。
あんときゃまったく思考回路が繋がらないのよ。

ごきげんよう。
さにょうなら。






1
2
4
5
7
8
14
15
16
17
18
19
20
22
23
25
28
30

top bottom