KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


In 07 2014

31
Category: 島発2等   Tags: ---

アタシャかまわん、っちゃ~構わんのですが、さすがに32度を越すとパソコンのためにエアコンスイッチオン。
なんだかな~、エアコンから吹き出す風がなんだろな~、
なんかションベン臭いんすけも(--;

そんなワタクシはまたまたウッカリ一つ歳をとってしまったのですよ、あ~うっかり。

そんなこんなで姪っ子、のような者と弟、のような者から高級ブランドのデニムハーフパンツを頂いた訳ですよ。
あぁ、こんな高いもの自分じゃ買えない。
でもアレじゃないですかぁ、ボクってヘビーオンス育ててる人じゃないですかぁ。
真夏にヘビーオンスってホント忍耐力いるじゃないですかぁ。
だけどやっぱり元々作業着な訳だから夏ほどデニムが育つ季節ってないじゃないですかぁ。

す、すずしい・・・。

あいや~、みんなこんな涼しい思いしてたあるか~
ニッポンジン、こんな堕落した日々を送ってたあるか~

その時、脳みそ箪笥の引き出しが開いた。
なんか、そう言えばオレ、持ってたよね・・・

衣装箱ガサゴソあけてみたら出てきました、アロハと一緒に。

IMG_0119.jpg

日替わりで履ける程持ってた(--A




スポンサーサイト


30
Category: 島発2等   Tags: ---

ご自愛くだされ

如何せんお肌が弱いもので暑くてもツナギ着用。
まぁ着てみると思ったほど暑いとも思わないものでちょいと草刈り。
とはいえ、こういう作業の時に愛用していたブーツが先日ソールが外れて御臨終。
致し方か無く、釣り用の防寒スパイクブーツを着用。

気分が悪くなってきました。
熱中症かの、早々に作業を終えて日陰に移動したのだけれど、どうも暑さよりコレかな?

IMG_0113.jpg

この保護ゴーグル、レンズのゆがみがひどくて掛けてると気分が悪くなる。
買い直さなきゃだめだな。

ってことで昼飯を食っていたら、なんだか食が進まない。
半分も食べたところで気持ち悪くなっちゃった。
ありり、こりゃホントに熱中症かの?
ツナギ、じゃなくても長袖、長ズボンは譲れないので、やっぱ防寒ブーツはなんとかしないと。

って事で革ブーツの修理は後回しにしてとりあえずのつなぎ

IMG_0114.jpg

ホットウェザートロピカルコンバットブーツ、のバッタもん。
革なのにやたら安いな、と思ったら甲革は確かに革でしたがヒールカウンター、アイレットのところはワタクシが嫌う合皮でござった。
まぁ、この価格ならヴァンプ(甲革)が革なだけでも上等と見るべきかな、ってくらいの価格だからヨシとするか。

ちなみにコレにした一番の理由は

IMG_0115.jpg

やっぱパナマソール。
三つ子の魂ってヤツでして、昔は欲しくてもビブラムソールしか売って無かったってのがいまだに影響しております。


25
Category: 島発2等   Tags: ---

おぅ、アクアマリン

暑い事は暑いけれど、昨日に比べると過ごしやすい。
いよいよ梅雨明けですかね。

と、言う事で水分補給。
先日、テレビでクルム伊達公子さんのトレーナーだったかな、
効率的な水分補給みたいな番組だったかな、
とにかく水1Lに塩2g、砂糖30~60gで経口補水液。
塩2g砂糖30gで作ってみたけれど、なんとも締まりが無い味でワタクシはここにカボス果汁でフレーバーウォーター。

こここ、これは・・・

懐かしのアクアマリンカボス。

いやいや、アクエリアスじゃないです。
アクアマリンですって。
たしか三国コカコーラのブランドだったかと・・・。
今で言うところの大清水みたいな感じなのかな?
しかしなんでこっちじゃ馴染みのないカボス味だったんだろ??
当時は自販機で水はもちろん、お茶だって売っていませんでしたから元祖甘くないジュースみたいな扱いだったような気がします。

という事で、

IMG_0103.jpg

改めて大分からカボス果汁お取り寄せ。


24
Category: 島発2等   Tags: ---

どうすべ

舞台が終わった猿八は放射冷却で心地よい風が流れて空には星が輝いていた。
だけど平野に降りてきたら もわぁぁぁん とよどんだ空気でフロントガラスも曇ってしまった。

車から降りたら

???

あれ? 取れちゃった。

IMG_0112.jpg

どうしましょ。
このブーツも買って22~23年か。
もう十分と言えば十分だけど、一応ボンドで貼ってみましょうか。
ソールもかなり減ってる事だし、先日shibaさんがやったみたいにソール交換に出してみようかしら。
ん~、でもこのブーツ、パナマソールだからお気に入りであってビブラムソールだったら魅力ないんだよな。






21
Category: 島発2等   Tags: ---

実験部隊

ケンさん、ケンさん、などと気易く呼んでいたけれど西橋八郎兵衛さんという立派な銘がある事を、すっかり忘れておりました。
というか、ほぼ知らなかった(^^A
そのケンさんがちょっとおもしろい事やるんだけど、とチラシを持ってきてくれました。

越敷(おしき)神社の拝殿を使って舞台をやると。
コレだけでは正直食いつきませんでした。
ところがこの越敷神社の拝殿、向かって右側の柱が外れて舞台になるのだという。
昔はここで演能などやっていたらしい。
おもしろい。
柱が外れる、コレだけでも見てみたい。
と、言う事で連休中のイタイ時間帯でしたが早仕舞していってきました、猿八山へ。

DSC_7955.jpg

一時はどうなるかというような雨が降っていたのですが、どうやらうまい具合に通り過ぎてくれたようです。

DSC_7959.jpg

予想以上に立派な舞台。
で、この舞台、中央で活躍する本モンの能楽師とサックスと文弥人形・・・ 何をやるのか、さっぱりチンプンカンプン。
それぞれがやるのか、みんな一緒にやっちまうのか、そんな事も知らずに行ったのですが、どうやら話を聞いていると演者もどうなるものやら、とにかく実験的にやってみましょう的方向らしい。
という事でタイトルの実験部隊、正しくは実験舞台なのです。
もしも人が集まらなくて、内々の宴会芸みたいなノリならばワタクシも乱入しようかとちょいと思ったりもしましたが、
さすがに中央のプロせんせの前では恐れ多い、なんて考えてもおりましたけれど、程良く人も集まりましてワタクシも大人しく観客。

まずは八郎兵衛さんの三番叟から始まりまして

DSC_7960.jpg

中央で活躍する観世流シテ方 清水寛二先生の仕舞。

DSC_7964.jpg

それから清水せんせと文弥人形、囃子は能の太鼓に小鼓、パーカッションにサックスと異色の・・・ ん~演題忘れた。

DSC_7969.jpg

ただこの実験で分かったのは、太鼓、鼓、サックスではすべてが低音でその場の空気を締める高音が足りないということ。
もちろんワタクシの個人的感想です。
なるほど、能楽囃子というヤツはうまい具合に最小限で揃えたんだな、と再確認、つ~か、初めて思いました。
もう何年も見ていないので今はどうなっているのかわかりませんが、
なんだかこの越敷神社は安養寺の舞台と通じるなにかを感じたのでありました。
いい舞台だわ。
来年も再来年も、実験に実験を重ねて活性して欲しいものです。

DSC_7972.jpg










18
Category: fishing   Tags: ---

そういえばこんな事も

ちょい投げしたら、ひったくられて思わずリールのハンドルを放してしまう強い当たり。
グイグイと潜り込むこの感じはチンデェさんッスね、と寄せてきたらシーバスさん。
だけどハンドランディングにはちょい足場高い。
持ち帰る程じゃないけど、7ftのやわい竿じゃ抜きあげるのも微妙。
さてどうしましょ(--;

まっ、いっかお持ち帰りサイズじゃないからばれたっていいや、と
スプール押さえて抜きあげたら陸に上がるか上がらないかのところで針が外れて帰って行きました。
いや、久々に活きのいいヤツに出会いました。
どうやらここに居る奴はもうチョイ型が小さいのかな、と一旦車に戻りルアーチェンジと念のためのタモ。

またまた元気なヤツが来ましたが、今度は難なく抜きあげられるかわいいヤツでございました。

IMG_0097.jpg

テーマ ソルトルアー    ジャンル 趣味・実用


17
Category: お酒   Tags: ---

酒粕あります。

きゅうりの粕漬け、魚の粕漬け、豚肉の粕漬け、あるいは塩漬けのフグの卵巣を買ってきて漬けている方もいるのかな。
今年の練粕入荷しております。

IMG_0104.jpg

甘酒とかつくる板粕のはないの、って方。
わずかですがありますよ、鬼管理で板粕のまま保存しております。

それにしても昔の金鶴の文字、今じゃこの粕袋だけかな。
この文字の頃、清酒が緑色のラベルだったの懐かしいな。



17
Category: 島発2等   Tags: ---

皆様も一度確認した方がよろしいかと

この梅雨でスウェードのブーツがカビまして、しゃっしゃっしゃっとブラッシングしたのち除湿剤と共にビニール袋に入れたのですよ。
あぁ、ちなみにワタクシ革ジャンもオフシーズンは除湿剤と防虫剤と共に圧縮袋に入れて保管しております。

IMG_0100.jpg

三日と経たずゼリー状になってしまいました。
すんげー湿気。
早くも交換です。





16
Category: お酒   Tags: ---

金鶴純米吟醸生酒

と、言う事で昨日今日とアップした記事はしかるべき日にちに移動して放置プレー隠ぺい。

お刺身、大好きだったんですけど自分で魚捌けるようになったら食べ過ぎて、今じゃそんなに食べたいとも思わなくなっちゃった(苦笑
なので刺身は能美太蘭家に差し入れて、ワタクシは粗の塩焼き。
でもこれもあんまり食べ過ぎると胸やけしますので、豆腐とレタスのサラダ、あぁゴマドレッシング最強。
今夜の酒は季節限定金鶴純米吟醸生酒。

DSC_0147.jpg

実はワタクシ、この数年この酒を飲んでいなかった。
理由は簡単。
品薄で自分では開けられなかった。
今年は増量により蔵にもまだ在庫があるという事なので数年ぶりに味見。
正直驚きました。
まだ醗酵ガスが残っていて微発泡で飲みやすい。
若干高めのアルコール度数を感じさせない、いい酒だわ。
昔のイメージとはじぇんじぇん違う酒でした。

四合瓶のみ 1389円(税込1500円)







テーマ 日本酒    ジャンル グルメ


14
Category: 自転車 ラン   Tags: ---

みんなどうしてんの?

気のせいかもしれませんがこの島、スポーツマン多いじゃないですか。
んで、スポーツ用のボトルですわ。
あれって、結構カビますよね、黒カビ。
風呂場につくトリコイデスなのかな?
ただの水でもカビますが、スポーツ飲料なんか入れた日にゃあっという間に黒くなっちゃう。
これがまた、水ですすいだくらいじゃきれいにならない。
ボトル本体は洗えるとしてもノズルの着いたキャップ部分がなかなか洗えないものだから、しょっちゅう漂白ですわ。

DSC_0144.jpg

主にチャリンコで使ってるキャメルパックのシリコンノズルの内側のカビがどう頑張っても取れない。
塩素系、過炭酸ナトリウム、まったく歯が立たない。
外せるなら外したい、でもキッチキチ。
無理して破りたくもない。
でもやっぱり耐えられない。
揺れる乙女心で思い切って外しました。
ブラシでシュッシュと簡単に取れちゃった。

あ~、スッキリした。

みんなどうしてんだろ、ちゃんと洗ってんのかな~?



12
Category: 島発2等   Tags: ---

も~バタバタです。

要領が悪いもんで時間が経つのがはやすぎる。
ブログ? そんなん更新してらんね~、なんて思っていたらあっという間に何日か放置プレー。
ということで本日15日ですが12日の編集。
ようようみれば、コメントなんかも頂いておりますが、まっいいよね(汗

そんなこんなで刺身すいた訳ですよ。

DSC_0140_01.jpg

でもカミさんもお出かけで独身の夜。
独りでは刺身食おうという気も起きず能美太蘭氏に電話。
刺身食べますか、と。

すると能美太蘭氏、食べたいけど・・・

ははは、昔、酒飲むのに禅問答のような事ばかりやっていたので完全に警戒している口調。
どうやらすでにご飯食べ始めているらしい。
昔ならすぐに酒飲みましょう、となりましたが、アタシもすっかり老いましてなぁ。
カミさんも居ないんで、とりあえず10キロぐらい走りに行こうかと思いまして、という事でこのまま能美太蘭家に差し入れしました。

で、結局片付けしてたら走りに行く時間も無くなりまして、うちんけぇってしーしてへって寝たのんさ、じゃんじゃん!(家に帰っておしっこして寝た。)



09
Category: fishing   Tags: ---

大雨洪水警報

雨だけならいいけれどカミナリ怖い。
釣り場に着いたけれど、目の前にカミナリバシバシおちるし、バケツひっくり返したような雨だし、
音だってゴロゴロゴロなんてぬるいもんじゃない、パリパリパリずだぁぁぁん、あぁぁん、あぁぁん、あぁぁん、だもんね。
怖くて車から降りられません。
すぐに通り過ぎるかと思ったけれど、ますますひどくなる。
そんな中、雨具も着ずに釣りをするおっちゃん一人。
おそらく入れ食いなんだろうな。
じゃ、なきゃ気がふれているとしか思えん(ーー;

大雨洪水警報は出っぱなしでしたが青空が広がったので、ちょいとね。

IMG_0089.jpg

さきにちっちゃいのが釣れまして、久々なので持って帰って食っちゃおと早々に締めちゃった。
そしたら次の一投でデカイのキチャッタ。
先にこっち釣れてくれたら殺生せずに済んだのに・・・。
この後、再びチビが釣れましてこれはビチャリング。

おかず確保、撤収。




テーマ ソルトルアー    ジャンル 趣味・実用


08
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

パンダ

予想以上に行動範囲が広がっているようで、ハヤブサもいよいよ仕上げ、といきたいところでしたが雨で動けず。
布団でゆっくり朝寝を決め込んでいたのですがお隣さんが朝の4時から草刈り機バリバリ回してうるさい。
まったく自分が住んでいないし山の中だと思って好き勝手やって下さる。

なんか居ねぇかな~、と鳥探しながら出勤。
カルガモに交じってあの白いのはウミネコかな~、と確認したら
え?! パンダ??

DSC_7947.jpg

冬の人気者、パンダガモことミコアイサが一羽・・・。
なんで今時分にこんなところに??
もう7月、夏・・・てか秋だよ。
あの羽の感じだと風切りを抜いて生え換わるのを待っているのかな。




テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


05
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

まちぼうけ

車を止めると出迎えるように若鳥が飛んでいた。
まだ車から下りてもいないので撮影は出来ず。
まぁ向けたところでこの光量ではどうにもなるまい。

雨上がり、すでにワタクシの身長をこした藪が濡れていて全身びちょびちょ。
ポイントに着くと大きなナブラが湧いていた。

DSC_7930.jpg

会長!近くに居るかな??
知らせようか、と思ったけれど居ても到着するころには消えるだろうし・・・

このところ読んでいた文庫本も読み終えてしまった。
いつもなら鳴き声くらい聞こえるのだけれど今日はそれも無い。
残念だが本日一枚の写真も撮れず撤収。
行動範囲も広がってそろそろ限界かな。
そんな事を考えながらの帰り道、ふと見上げると

DSC_7935.jpg

お見送りかw
すぐそこに若がいた。

DSC_7937.jpg

DSC_7938.jpg

飛び立つとさっきまでワタクシがいた、いつもの場所に戻って行った。
しかもいつもの場所に二羽ともいるし・・・。
きらきらで目がくらむけど斜めから恋するワタクシに、ツンデレーションな若たちなのでありました。

(シークレットシークレット Puppy love /perfume参照)

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


04
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

再び

今日も風がない。
ポイントに着くと若どの、けたたましく鳴いている。
餌持ってこい、と鳴いているのかとおもったら

DSC_7890.jpg

なんとまたまたトビウオを食べているではありませんか。
でもやっぱり舌に合わぬようで、まだこんなにあるのに貯食しちゃいました。

DSC_7895.jpg

DSC_7900.jpg

DSC_7921.jpg

二羽ともワタクシのすぐそば、おそらく20m程のところで激しく鳴いているのですが見えない。
結局、ワタクシのいられる時間には親は姿を見せず。

帰り道、いつもと違うコースに。
この辺りで一番の高台に。
相変わらずいい眺め。
遥かむこうにあじさいが見事に咲き誇っておりました。

DSC_7929.jpg

超望遠なのでコレは一部、悪しからず。
畑仕事のおばちゃんがおりまして、ちょいと距離もあるので声も掛けずに通り過ぎようと致しましたところ、呼び止められました。
あいさつをすると

おばちゃん 「ウチんのもオタクと同業での。」

どうやらこの辺りではすでにワタクシがどこの誰かと情報が行き届いているらしい(苦笑

おばちゃん 「こっちにもおったんだけど、今は飛ばされてエサシにいっとる。」

奇 「あ~そうなんですか・・・。」

てか、アタシ、自衛隊じゃないです・・・(汗
おばちゃんよく見て、たしかに迷彩きてるけど、自衛隊のピクセルカモフラージュじゃないし・・・
次期米軍正式採用じゃないかと噂にはなっているけど、あくまで噂なので米軍のコスプレでも無いからね。


02
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

けなりー。

日に日に、飛ぶことへの恐怖感も失せて飛行時間も長くなります。
なんとも気持ちよさそうに飛び回る。
親鳥ほどのスピードは無いけれど親鳥以上に保護色で距離感がつかみづらい。

DSC_7764.jpg

DSC_7769.jpg

DSC_7772.jpg

DSC_7773.jpg

DSC_7774.jpg

DSC_7776.jpg

DSC_7787.jpg

DSC_7788.jpg

DSC_7789.jpg

この三枚は普段ワタクシがどんだけデカイ写真の片隅しか公開していないかがわかるかと。
ちなみに最後の写真もノートリではありません(^^A

DSC_7845.jpg

DSC_7846.jpg

DSC_7847.jpg

DSC_7848.jpg

DSC_7842.jpg

すい~っと上昇旋廻水平線をかすめて、
か~っなんとも気持ちよさそうに飛びやがる。
とん、欲しめるよん、けなりー。

それにしても連日穏やかで風が吹かない。
親鳥がちっとも餌を持ってこない。





テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


01
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

たりないんだもの。

7月1日 今年の一番蝉が鳴いた。

4月から通い続けたこの場所もどこで見切りをつけるべきか、と考える.。
巣立ちの瞬間を見られなかったものだから、なんだか未完成でモヤモヤする。
やっぱな~、そうだよな~、そうなんだよ、飛んでるところが無いんだよな~。
やはりもうしばらく通う事にしました。

曇ったり晴れたりめまぐるしく天気が変わる。

幸いにして見える位置に若殿2羽とも確認。

DSC_7620.jpg

DSC_7603_01.jpg

DSC_7647_01.jpg

DSC_7674_02.jpg

DSC_7751_01.jpg

それにしても風が吹かない。
ワタクシのいる間に餌を持ってこない。






テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真



3
6
7
10
11
13
15
19
20
22
23
26
27
28
29

top bottom