KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


In 06 2014

28
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

風吹かず。

巣立ってしまった今となっては行ったところで出会える確率は激減。
ひよこから鳥になったと言ってもまだまだ飛行技術は未熟。
自分では狩りが出来ないからうまくいったら見られるはず、と行ってみたところポイントに着く以前にメスが一番高い見張り台。

DSC_7429.jpg

若鳥かと確認したらこちらはオスでした。

DSC_7425.jpg

若鳥は居ないな~。
餌持ってくれば場所も特定できるのだけれど、またまた風が無いものだから中々親鳥も飛び立たない。

長い時間、文庫本読みながら待っていると若殿登場。
古巣に戻って食べ残しが無いかと物色。
結局、餌にありつけずその場で寝ちゃいました。

DSC_7502_201407011459382a6.jpg

地べたに突っ伏して寝るなんてのがまだまだ子供。
コイツにつられてもう一羽もやってきました。
4日ぶり、だったかな、2羽とも無事を確認。

DSC_7535.jpg

DSC_7536.jpg

結局この日親が餌を持ってくる事は無かった。








スポンサーサイト

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


27
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

潮時か。

着いた。
メスはすぐに発見。

DSC_7409_20140628183244ee0.jpg

気味が悪い位静かだ。
聞こえるのは鳥のさえずりと蜂の羽音。
普段は聞こえないカエルの鳴き声。

時間の許す限り待ちましたが動きなし。
その内にポツリポツリと雨が降ってきた。
どおりでカエルが鳴いているわけだ。
撤収しようと立ち上がったら一番むこうの枝に何かを発見。

DSC_7412_20140628183247fc1.jpg

あのシルエットはオスだねぇ。
撤収途中、頭上をメスが通過していった。

DSC_7422.jpg

近くに寄ってみたら若鳥の声がする。
だけどどう頑張ってもその姿を確認するのは無理。
もうそこまで飛ぶようになっているとこれ以上追うのは厳しい。
どこで区切りをつけようか、そう考えながら撤収したのでありました。

DSC_7424.jpg

オス 同場所別角度


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


26
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

岐路

25日は悩ましかった。
日本対コロンビア、裏では命運を握るギリシャ戦。
しかしもうすでに初フライトを終えているかもしれないハヤブサ。

ワタクシは一縷の望みに掛けました。
いざ決勝リーグへ。

ギリシャ戦と交互に見るサッカー。
ギリシャ優勢。
勝ってはいないまでも押せ押せの流れ。

だのに、あぁだのに・・・

負けました。
いや、ただ負けたんじゃない。
ボロ負けしました。
しかもグループげべちょ。
あれだけ相手ゴールを目の前にして決まったのはたったの一本。
耐え難きを耐え、忍びがたきを忍ぶ朝。
不機嫌、不愉快極まりない。
ちなみにげべちょと検索したら島根でも使うらしい、となるとこれは金山がらみで伝わった言葉か。
こんな事ならハヤブサに行っておけばよかったぜぃ。
中途半端に残った時間を完全防備で庭仕事。
なんでだよ、なんで露出している部分じゃなく服やズボンの中がかぶれるんだ!
も~踏んだり蹴ったり。

そして26日の朝。

すでに二羽とも巣立ってしまってもぬけの殻。
姿が確認できそうな所から鳴き声がするのだけれど、どこから聞こえてくるのかついぞ確認できず。
あー、もー、返す返すも昨日サッカー見るんじゃ無かったと、ねっ転がってただただ、天を仰いで姿を現すのを待つのみ。

DSC_7384_201406271738399b9.jpg


IMG_0064.jpg

風吹かねば鳥飛ばず。
結局、時間内に動き無く撤収。
最後にメスだけ確認。

DSC_7395.jpg



テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


24
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

念じる。

すでに飛べるだけの翼は揃った。
いつ飛び出してもおかしく無い。
昨年の落下による巣立ちはもっと幼いころだったものだから、際でバサバサ羽ばたく度に思わず
「落ちろ!」
と念じてしまう。
やはり二羽、それも一羽は引っ込み思案となると競争も激しく無いのでのんびりしている。
そこは親もわかっていて、徐々に餌を減らして自ら飛び出すようにうながしている。
出来る事ならばワタクシが見ているうちに飛び出してもらいたいものだけれど、なかなかそううまくはいきません。

DSC_7379_20140626191936a2e.jpg

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


23
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

翼は揃った。

22日はこなかった。
一日こなかっただけで幼羽はすっかり抜け落ちて一回り大きくなっていた。

DSC_7091.jpg

もういつでも飛び出せる状態。
いよいよ目が離せなくなった。

DSC_7097_20140625191835325.jpg

DSC_7131_2014062519183533e.jpg

DSC_7135.jpg

DSC_7137.jpg

DSC_7139.jpg

DSC_7152.jpg

DSC_7168.jpg

DSC_7193.jpg

DSC_7184.jpg




テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


21
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

のどか

風も無く、光も無く、餌も持ってこない。
時折起きてバサバサと羽ばたくけれど、だいたいはだらしなく寝ていた。
ダラダラと時間だけが過ぎてゆく。

DSC_7063.jpg

死んでる訳ではありません。
6月21日 完全に空振り。

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


20
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

近過ぎるのであります。

すぐ近くにメジロがやってきたのですが

DSC_7047.jpg

近過ぎて、ドローチューブを目一杯伸ばしてもピンが合わせられない。
自分がバックすると葉っぱが邪魔で撮影できないし残念。
はっ、そうか、まだヘリコイド分伸ばせるじゃん!
と気がついてさらに延長。

DSC_7050.jpg


こっちは若鳥ですね。
なんか久々ちっちゃい鳥撮ったな。




テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


19
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

ちびりそうであります。

バサバサと羽ばたく度に幼羽が飛んで、ひよこから鳥に変わってゆく。
昨年もそうでしたが、それぞれ個性がございまして今年はやんちゃ小僧とおっとりさん。
見ているとなんとなくやんちゃ小僧はおねぇちゃんでおっとりさんは弟かな、と云う気がする。

DSC_6914.jpg

こちらはおっとりさん。
近頃は、母親が餌を与えるのではなくそのまま置いて雛たちに料らせる。
やんちゃ小僧が先ず優先。
奪い合うのだけれど、すぐに諦めておっとりさんはやんちゃ小僧が食べ残すまで待っています。
そんなんで大丈夫か??

DSC_6989.jpg

距離があっても高速体制の流し撮りはやっぱ難しい・・・。

DSC_7001.jpg

DSC_7011.jpg

それにしてもこの母親は、やっぱりワタクシに警戒心を持っていないようだ。
再びワタクシのすぐそばにやってきた。

DSC_7021.jpg

DSC_7027.jpg

ノートリミング。
野生のハヤブサがこんな距離だなんてホント考えられない。
ところがです、ワタクシはこの後恐怖におののく事になったのであります。
ワタクシのすぐ隣の藪が

ガサガサ、ガサガサガサ・・・

なんか居るぅぅぅ、ひぃぃぃぃぃ・・・。
この音でハヤブサが警戒して睨んでる。
でもやっぱり、藪の方を睨んでいてすぐ横のワタクシの方はみていない。
たぶん、テンだと思うのだけれど、こわいぃぃぃ。
でも動けなーーーい(汗
そんな時、メスが飛び立った。

DSC_7034.jpg

DSC_7036_20140622120321337.jpg

対応も出来なかったけれど、後の写真など目一杯ドローチューブを伸ばしてもピンが合わない至近距離。
わずか数メートル隣をかすめて飛び去ったかと思ったら

DSC_7037.jpg

やっぱりすぐ傍にとまり直し。

ホントどうなってんの??


結局、それ以後ガサゴソ言わなくなったけれど、何かが突然飛び出してくるんじゃないかと怯えながらの撮影でした。



テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


18
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

ひーかーりー!

獲物を捕らえて真っ逆さまに突っ込んでくるところ、ようやく捉えたと思ったのに曇り空で光量足りない。

DSC_6842.jpg
光りくれー、ひかり!!
次のチャンスはいつになるやら。

DSC_6889.jpg



テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


17
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

待ちぼうけ

コンビニに寄ったら、ゴルゴ13シリーズがあった。
近頃、コンビニ自体いかないので久しく買っていなかった。
ゴルゴ13は単行本になる前に単行本サイズのゴルゴ13シリーズと雑誌サイズのゴルゴ13シリーズが刊行されてからようやく単行本になる。
ワタクシは単行本ではなくこっちのゴルゴ13シリーズでよく読んでいた。
冷や汗をかくゴルゴ13など初期ゴルゴを彷彿とさせた。
見入ってしまった。
ワタクシは読むのが遅いので読み終えるまで2時間を要した。

だめか、今日は空振りか。
しかしまだ何も持ってこない。
もう少し、もう少し待てば何か持ってくる気がする。
あと30分・・・ ワタクシは苦戦を強いられておりました。
おそらくゴルゴ13を持ってこなかったらとっくに諦めて帰った事でしょう。



ウミネコの営巣地に降りたって雛をさらう、と云うのは聞いた事があるけれどハヤブサの狩りは基本空中戦。
なので基本的には鳥しか食べない、と思っていた。

ハヤブサに的を絞って4年でしょうか。
初めてみました、

DSC_6822.jpg

稀に魚も獲るらしい。

行水はするけれど、ミサゴの様に海に飛び込む様な事はしない。
オオタカの様にカラスを水中に沈めて窒息死させ、仕留めた獲物をつかんだまま水面を泳いで岸に戻るという事もしない・・・ たぶん。
会長!の目撃談によると海に落とした獲物を回収しようと何度か拾い上げようと試みるも諦めて去っていったという事なので足のつかないところには基本入らないのだと思う。
ハヤブサが魚食べるの??
検索したら兵庫の方のブログにブラックバスを獲ってきた画像がヒットしました。
まぁブラックバスならば、淡水で際に付く習性など考えると浅瀬に居る事も十分考えられる。
ではこの魚、一体どうやって捕獲したのでしょう??

DSC_6721.jpg

忘れておりました、空を飛ぶ魚やイカがいると言う事を。
何かに追われて、水中から飛び出したトビウオ。
難を逃れたかと思ったらハヤブサにがっちり掴まれてしまったという・・・。

すでに頭が無かったので角トビか丸トビかは不明ですが・・・ ドラマですなぁ。

ちなみに雛たちはお気に召さなかったようで、すぐにそっぽ向いてしまいました。



テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


16
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

後手

ようやく雨が上がり、チャリだランだとやりたい事はいろいろございますが、ハヤブサ観察もおそらくあと半月、目が離せない。
いいコースだ、もっと寄せて、寄せてと思ったけれどこの時点で気が付いた。

DSC_6460.jpg

しまった、こいつぁ空中給餌だ!
ファインダから目を離しオスを探すとワタクシの真上にいた。
メスも近くに迫っている。
その姿をファインダに捉えるかと思った瞬間クロスして翼を畳んで急降下。
もう、追う事は諦めて急ぎ着地点へパン。

DSC_6467.jpg

わずか数秒、ワタクシも含め大混乱。
すべて後手後手だー。
この写真を見るところ、オスはメスに獲物を渡さず一直線に雛の元に飛び込んだ。
間髪いれずにメスが飛び込んで餌を奪った、ちゅ~事みたい。
この後、一旦メスは飛んでぐるっと一周してから巣にもどり雛に餌を与えておりました。


え~っと、これが6月17日の出来事、だと信じて編集していたけれど6月16日の事。
だったら先の4極ミニプラグの話書かんでもよかったな(--A



テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


16
Category: 島発2等   Tags: ---

切れた

バックギアに入れてもバックカメラモニターに切り替わらない。
あぁ、またコネクター外れちゃったな、とハッチバックを開けてみたところ

ぐえぇぇ・・・

コネクタが外れているのではなく見事に断線。
しかもコネクタのキワ、導線出して繋げばいいじゃん、なんて状態ではない。
え? コレってカメラ買い直し??
まぁ、送料込みで5000円くらいだからそれほど高いモンでも無いけれど、コレ付け直すとなるとまたバンパー外して~、なんて手間を考えるとウンザリ。
しかもかなりの魚眼で後ろに人がいないという事を確認する程度の要しか足さない。
おまけに日中はモニターが暗くて見えないシロモノ。
再び付け直す必要ある??
ってのが正直なところ。
だけどあるのに使えないというのもシャク。

ということで電子機器パーツ屋さんで4極ミニプラグお取り寄せ。
どの配線がどこに繋がっているか確認するために元のプラグは真っ二つ。

IMG_0054.jpg

いや~大変でした。
ただでさえ苦手なハンダ付け、奥歯をかみしめイライラを押さえこんでちょ~繊細な作業。
も~鉄工所の親方に
「コレ溶接して~」
って泣きつこうかと思いましたよ。
あの親方の腕前ならこの繊細な仕事を酸素溶接でやっつけてくれる事でしょう、高いよ、と言いながら。

そんなこんなでプラグと配線コード送料込みで500円ちょいでバックカメラ無事復活。



15
Category: 島発2等   Tags: ---

みちぶー

日曜日 本日は道普請。
ワタクシがここに来た頃はまだ砂利道がありましてわだちを埋めるような作業もありましたが今は草刈りと江(側溝)の掃除のみ。
朝は曇っていて作業するには程良い感じでございましたが、日が上るとだんだんと暑くなってきた。

IMG_0035.jpg

9時半に休憩のおやつが配られ、ワタクシは腰にぶら下げたまま草刈り機を回しておりましたが、とっつぁん・・・か、どうかは知らんけも目上の方がやってきてタバコを吸うジェスチャー。
これ普通ならたばこ持っていませんか、という意味に捉えるかもしれないけれど、機械を止めて一服せんかという意味。
ちなみにとっつぁんというのはただおじさんという意味ではなく、その土地の庄屋さん、名士という意味で誰でもとっつぁん、かかさんと呼ばれるものではない。
そんなこんなで10時ではなく9時半に休憩。
アンパン、ウグイスパンがお決まりですが今年は区長さんの手作りでハイカラげぇ。

IMG_0036.jpg

見た目は小さいけれど質量はアンパンよりあるな。
おいしいけれど口の中の水分持っていかれますw

皆さんの近くに、と思いましたが、日向だったものだからちょっこっと離れて独りごろ寝。

IMG_0041.jpg

草、狩るモンばっかりそんなにおってそれんどうなるウンヌン。
こうやって刈れば、側溝に草が落ちんのに、まったくアーウー。
と例年通りバァチャンのボヤキも聞いて無事終了。

終了後は臨時総会だったのだけれど、そちらはパスして急ぎ店に戻って開店準備。
父の日だったから、お客様がいらっしゃるかとおもいまして。
しかしなんですな、年齢確認できないと酒を売っちゃいけない、というのはわかるのですが、父の日にお父さんにあげたいというビール、の様なモノ一本売っちゃイケナイというのはアレだな、そりゃ社会が悪いんだ、と思っちまったよ、じゃんじゃん。








14
Category: DIY   Tags: ---

有りそで無いの

仕事柄ダンボールを切る事が多いのもので金切りばさみは必需品。

DSC_6641.jpg

だけどしょっちゅう、どこ行ったー、どこに置いた―とさ迷うことしばしば。
こういうの入れるシースなら、それこそ100円円ショップにですらあるだろう、と思ったのですがいざ探してみるとこれが案外見当たらない。
ストレートならまだしもこの「く」の字型のはさみとなるとますます厄介。
と、なりゃそれはやっぱアレだね、作るしかねーのよ、めんどくさいけどね。
で、ちょうどレザークラフト始めたころに作ったもので今は必要なくなったものを解体して、
その内キーホルダーでも作るべ、と思っていた革がありまして、今回この革でリメイク。

DSC_6643.jpg

途中でエスコード(手縫い糸)が無くなっちゃって、ん~、コレだけのために送料払って取り寄せなければいかんのか、
と奥歯かみしめて通販サイトを眺めていたのですが、よくよく考えたらコレってただの麻ひもでしょ?
エスコードなんて言ってるけど、言い方かえりゃヘンプコードじゃん。
という事でヘンプコード蝋引きして使ってみたらバッチリ。

DSC_6644.jpg

もともとのをバラす時にシゲシゲと自分の過去の仕事をながめ、
当時はレザークラフトのノウハウなんてネットで見ても載っていなくて縫い方すら知らない自己流。
セットで買って、この蝋何に使うの??なんて言ってたんだよなぁ。
リメイク故の過去の縫い目も味わいに見えるようになって、ちょっぴり大人になったなぁ、なんて思った2014年の夏。


テーマ ハンドメイドの作品たち    ジャンル 趣味・実用


13
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

引っ張って引っ張って

元の画像はもっときれいに撮れてるんですけどねぇ。
引っ張って引っ張って粗い画像しかお見せできません。
このすぐ上に岩ユリがきれいに咲いているのですが、残念ながらそこまではお見せできません。

DSC_6265_201406131036397d0.jpg


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


12
Category: 島発2等   Tags: ---

あるある

クソ暑い中フル装備で庭に殺虫剤5L散布したのに雨で流れちゃったな・・・。
地面表層がじっとりする程度の雨では田んぼの水不足解消にもならず、ハヤブサも見に行けず、釣りにもならず、自転車、ランもできない。
降るなら降る、晴れるなら晴れる、ハッキリしてほしいよ。

てな、ボヤキくらいしか書くこと無いので

DSC_4713.jpg

ヘビーオンスのジーンズは洗うと自立します。

以上、ヘビーオンスあるあるでした。




10
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

やっぱすげーや

以前よく見ていた人のブログを久々に見てみたら、腕の違い、つーか格の違いにぐぅの音も出ねぇや。
道具に腕が加わるとこんなになるのかと思ったけれど、そりゃ違うな。
どんなにすげぇ道具持っていっても鳥が目の前であんな行動とるもんじゃないよね。
一体どうやって撮影してるんだろ。

最近は何でもかんでもバシバシシャッターを切らなくなりましたが、それでもホントに少ない日でも50枚くらいは撮っちゃう。
だけど、いろいろと見られたく無いモンが写っちゃってるもんで公開できねんすわ。
とりあえず、今年生まれた雛2羽、徐々に羽も生え始め順調に育っております。
昨年は足環つきのハトやアオバトなど獲ってきましたが、今年はカッコウ系が多いですね。

DSC_6397.jpg

DSC_6399_20140610203303d35.jpg

不自然に切れてるこれもまた見られたく無いモンが写ってるもんで・・・。

DSC_6401.jpg







テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


09
Category: DIY   Tags: ---

専用設計

どげなってますのん、ホント今年はどげなってますのん。
車から下りて事務所に座って、なんか痒いな~と思ったらまぶたから首筋がどわーっと発疹。
あっという間に腫れあがり脈を打っています。
げげげ、マイマイ蛾か!?
一体どこで??
車から降りただけでなんもして無ねーし。
空気中を飛んでいるとしか思えん。
えーい、忌々しい。
ただでさえ庭の楠が大量に花粉を飛ばして目が痒くてたまらんというのに。
窓を開けられず、外に出られず、長袖着用あぢー。

そんなワタクシはあーでもね~、こーでもね~、いやいやそんな欲を出してたらどんどんでかくなって持ち歩くのに億劫だ。
今回はとにかくシンプルでコンパクトというテーマでそぎ落として行ったのですよ。

IMG_0023.jpg

いや~、如何せん初めての作業で少々手こずりました。

IMG_0028.jpg

IMG_0027.jpg

DSC_0134_201406091429443a5.jpg

DSC_0135_20140609142941d75.jpg

作ってる最中にベルトループにDカン通しておけばストラップ付けて首掛けパターンもできたのに、と後悔。
使ってみたらキッチキチで抜きだしにくかったので押し出し穴を追加。

DSC_0136_20140609142943cc7.jpg







テーマ ハンドメイドの作品たち    ジャンル 趣味・実用


04
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

力不足

DSC_5914_20140604121032e4a.jpg

DSC_5915.jpg

DSC_5916.jpg

DSC_5917.jpg

DSC_5919.jpg

DSC_5920.jpg

翼を閉じた300km越え体性に入ったら、もう追っかけられません。
ましてや遠ざかるのならともかく近づいてくるとなると距離感がつかめない。


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


03
Category: 島発2等   Tags: ---

まっ、

DSC_6092.jpg



DSC_6067.jpg

書くことも無いのでこれでも見といて。




02
Category: お酒   Tags: ---

あけましておめでとうございます。

平成26年酒造年度あけましておめでとうございます。

金鶴の夏の限定酒本日発売です。


DSC_0133_2014060217305771e.jpg




02
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

うぐいす

おそらくウグイスではあるまいか。
このサイズでは餌としてまったく足りません。





DSC_6241.jpg

風吹かねば鳥飛ばず。
今日は狩りに苦戦しているみたい。



テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


01
Category: 島発2等   Tags: ---

よもやこのようなところで

DSC_6104.jpg

アオイちゃんに出会いました。




5
6
7
8
11
22
25
29
30

top bottom