奇楽庵

毎日がとろけるスピード


In 02 2013

22
Category: 島発2等   Tags: ---

ちょ~か

そうそう、先週のアメトーーークでしたっけ、カメラかじってる芸人。
小藪さんには笑わせてもらいましたわ。
やっぱね~、D700持つまでフィルムやってたっていうし、いまD700でF1.4の単焦点ってことはやっぱ頑張って買ったんだな~ってよくわかるわけですよ。
ん、これ頂戴的にあんなカメラ持ってくりゃ、そりゃ品川目の敵にされるのせうがないでしょ。

ってことはどうでもよくて、いやこの先もどうでもいい話なんですけど今回のお財布作りで初めて針が折れました。

DSC_0747_20130222191332.jpg

丈夫な針なので折れる事はないかと思いましたが、なるほど、折れるのは針穴部分なんですね。
新調した左右の針が立て続けに折れたのでこれが寿命だったのでしょう。

むかしコノハヅク(ミミヅク)を飼っておりましたものでフクロウやミミヅクの入ったものを見ると欲しくなっちゃうのですよね。
先日、実家に戻りましたらいつどこで買ったのか全く記憶が無いのですが、おそらく20年くらい前に買ったキーホルダー… でしょうか?
マイクロレザーコードで結んでありましたが、経年劣化でレザーはブチ切れ。
でも見た瞬間、ググッと来ちゃったものですから持ってきて0.8mm厚の残り革を2mm幅にカットして結びつけ。
キーホルダーとして復活しましたが、もうチョイと考えました。
も一本結びつけて、こことここを電車結びして首から下げてペンダント。
連結状態の電車結びを広げてやれば紐が短くなってチョーカーの出来上がり。
今度発注する時にきちんとした鹿革コードも頼む事にして一先ずいっちょあがりっと。

おっされ~♪

DSC_0751.jpg


スポンサーサイト


20
Category: DIY   Tags: ---

お財布完成~♪

そうそうそう、R-1グランプリ。
なんすかアレ、全然知らんかったけれどメチャクチャおもろいやんけ、田上よしえ!

あれな~、ケツメイシじゃなくて、ヨネスケ(でしたっけ?)で終わってくれればもっとよかったのにな~。

も~、初っ端の 「好きな車両は モハ です。」 で完全にもっちかれたよな~w
アタシャ、特別好きと云う訳じゃないので詳しくはないのですが、たぶんモハとはモーター付きで拍車の付いた電車。
客室ボディに直接車輪がついているのではなく台車の上に客室ボディがのっかってる状態でカーブに強いと云うことぐらいの知識はたしか小学三年ぐらいの算数でならうくらいの知識だったな、ゆとりじゃなければ…。
モハ好きと云う事は音フェチでしょうか?

まぁそんな事はどうでもよくてお財布ですわ。

いよいよ大詰めです。
革を発注する時点、最後の最後まで迷ったのは表革の厚さ。
一般的には2mm厚らしい。
最後まで迷った結果、丈夫で長持ちを重視して2.5mmで発注。

正直、現物見たらごつ過ぎて失敗したかな・・・ と思いました。

蓋を右側に持ってくるべきか、それとも左側?
ワタクシは当初左側にくるように考えておりました。
しかし使う事を考えますと左手で支え、右手で取り出す。
左側に蓋があると邪魔。
ここは右側に変更。
そうなると、当初思い描いていたデザインも考え直し。
いろいろ検証した結果ワタクシが描いたラインはコレでした。

DSC_0733.jpg

右手で開く事になりますので

DSC_0734.jpg

凹んだアールが親指付け根のふくらみにフィットするかな、と。

DSC_0736.jpg

DSC_0738.jpg


で、あとはこの蓋を固定するホックです。
先にも書きましたように金属部品の耐久性に信頼が無いのでここもまた奇楽庵オリジナル。
これ自体に飽きた時の事も考慮して遊び部分を忘れず投入。
ここはホックではなくベルトで遊ぶ。


DSC_0739.jpg

金属部品はこのベルトに集中。
痛んだ時、飽きた時にも取り換え可能。

DSC_0740.jpg

本当はこのベルトをレザーカービングでフェザーにしたかったのですが、今現在のワタクシはカービングの技術どころか、道具も知識もないのでこれが精いっぱい。
ウォレットロープも編み込みましてついに完成~♪

DSC_0741_20130220190046.jpg

どなたか中に入れる紙幣を募金してください・・・。


5年、10年経ってあめ色に変わる日が楽しみなのです。




18
Category: DIY   Tags: ---

時間が経つのが早いもので

ま~、くそさみぃったらありゃしないかと思えば、今日はちょいと緩んだ感じでもう雪掻きが必要なほど降る事はないのかな?
確実にうららかな春が近付いている佐渡地方、

そんな中、

shibaさん風に書くのなら激・そんな中ワタクシは電光石火の超特急のようにとろけるスピードで過ぎてゆく時間の中でわずかな時間を見つけてはお財布造り。
追加の革も到着しまして小銭入れ部分に着手。

DSC_0726.jpg

なんせ想定する対応年数が30年、40年、人生最後のお財布のつもりですから耐久性に信頼が無い金属パーツは使いたくないのですよ。
でも小銭入れ部分はどうしても使わない事にはスッキリしない。
こればかりはどうしようもなく使い勝手を考えますとファスナー以上の物はない。
日本が世界に誇る YKKファスナーの実力を信じて投入。

DSC_0727.jpg

そしてかな~り慎重にいくつも型紙を作って検証した蛇腹縫いつけて中身8割方完成!

DSC_0728.jpg

この蛇腹、フライトジャケットでいえばアクションプリーツですわ。
これがこだわりだったのですよ。
開きを制限する蛇腹の付いたロングウォレットって御婦人物にはあるのですが男ものにはなかなかないのですよね~。
ガバッと拡げちゃうものばかり。
あってもセカンドバック並みに分厚くておっちゃん臭いデザインで これはないわ~ ってものだったり。
小銭入れにも蛇腹を付けましたのでガバッと開いて小銭も出しやすくしております。
市販のロングウォレットから自作している人のまでいろいろ拝見しましたが、ほとんどが革二つ折りでファスナーで開閉。
外見重視で小銭が入る部分がスエードってどうも好みじゃない。
ガバッと開くので落下しないようにカードも頭が折り目の方を向いているのもどうしても逆さまに見えて違和感を感じていたのです。
結果、外側カッチョいいけれど使い勝手がよさそうなロングウォレットを見つけられず自作する事に相成ったのでございます。

でもこの時点で実はアタシ、最終的な外側をどうしようか決めかねていたのですよね・・・。



11
Category: DIY   Tags: ---

残りの人生を共に

あたしゃモノ持ちがよいといやぁ聞こえがいいが、まぁ早い話が捨てられない。
なので普段から持ち歩くものは丈夫で長持ちが絶対条件。
世の中は5年も使えば随分と使ってるみたいな感覚でしょうが、最低でも10年。
20年ぐらい当たり前で使えなければ納得がいかない。
先に書いたシステム手帳のように20年も使ってまだまだこれからも使うつもりでいるような男ですから物を選ぶ時も慎重。
丈夫で長持ちにシンプルである、が加わる。

そこでお財布ですわ。
20代の前半は裂き織りの財布をいくつか使っておりましたが、やはりどうしても5年も使うと糸がほつれる。
これが嫌になりまして革の財布にしたのです。
当時の条件は、丈夫で長持ちシンプル、二つ折りで小銭が出しやすい。
それに見合う財布を見つけて使っていたし、まだまだ使えるのですが時代ですわ。
あたしゃカードが大っきらいで極力持たないようにしていたのですが、
キャッシュカードや免許証から始まり、病院の受付やポイントカードやら、金も入っていねぇのにカードとレシートでパンパンですわ。
となると、二つ折りの財布ではカードが ヘコっと曲がったりなんだかんだで都合が悪い。
百円ショップに行ってカード入れを買ってカードは別に持つようにしました。
ところが最初買ったカード入れはアルバムタイプといいますか、一枚一枚めくるタイプ。
レジまで行ってカードどこ行ったと探すのがスマートじゃない。
こりゃやっぱり、バッと拡げて見られるタイプで無いとダメだわ、って事で再び百円ショップで買い直し。
これは良かったのですが、やっぱり財布と別々に持ち歩くのが面倒な上に、革に見せかけたビニールの表紙がひどく貧乏くさくて耐えられなくなってきた。

と云う事でお財布探しですわ。
来た40年を思えば、これから先の40年もそれほど長い道でもない。
そうなればこれが最後の財布かもしれんのです。
どういうのが使いやすいのか先ずは自分なりによ~く検証。
そして一つの結論に達しました。
ですが… どうにもこうにもこれだというものが見つからない。
中々上手くいかない世の中です。

DSC_0709.jpg

DSC_0711.jpg

DSC_0713_20130211155501.jpg

DSC_0716.jpg

DSC_0718.jpg

DSC_0719.jpg

自分好みのロングウォレットが見つからないならそらも~作るしかねぇわな。
カード入れだけで24枚収納予定。
市販の物は最高でも18枚くらいでしたね。
でも実際、自分のカード見てみたら20枚ぐらいあるしさ。
どうでもいいような会員証でも別に持つと無くすからまとめておきたいもんでね。
でもここまで作った段階で革が無くなりましたとさ…。
残りの人生常に持ち歩く財布なんだからゆっくりじっくり、時間かけて納得いくように作りますわ。



08
Category: 島発2等   Tags: ---

お休みの朝

蔵仕事がおやすみで、出勤前にフィールドへ出てみました、が・・・

DSC_0705.jpg

視界50mというところでしょうか。
これじゃオジロワシもハヤブサも見つけられん…。


06
Category: 島発2等   Tags: ---

家電の5年保証って

ふんぞり返ってテレビを見ていて、チャンネルを変えようかとリモコンに手を伸ばそうとしたのですが見当たらない。
あり? どこに置いたっけっと立ち上がったら、お腹の上に置いていてガッチャーン、リモコン落下。
上下パッカリ開いて中の基盤が見える状態。
パチンとはめてスイッチを入れてみたけれど御臨終。

はぁぁぁ、これも厄っすか。

たしか買った時にジョーシンで5年保証に入ったハズだけど、こういうのも効くのでしょうか?
一先ず正規の保証書を探してみるとすでに保証期間は過ぎていて、さてどうしたものか。
5年保証に入ってるかどうかとかって当時のレシートが無いとダメなのでしょうか?
つーか、これリモコンだけジョーシンに持っていけばいいのけ?
やっぱテレビごとっすか?
などと考えているうちに純正お取り寄せした方が早そうな気がしてきた。
最悪の場合社外の互換性リモコンか…。

という事で選択肢は三つ。

・5年保証でなんとか。
・保障とは関係なく純正お取り寄せ。
・互換品に甘んじる。

どっちにしても週末でしたのでジョーシン混んでるだろうから月曜か…
何気なくリモコンの形式番号を検索。
送料込みでも1800円かよ、んなもん車走らせるのも面倒や即買いですわ。

DSC_0702.jpg

この程度の厄の積み重ねで済むのなら、まっいっかな。




05
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

双眼鏡

BORG中心の鳥見なので双眼鏡はチープな6倍。
ちょいマシな双眼鏡が欲しくなった。
経験を積むうちに具体的に欲しいものが見えてきたので買い時なんでしょう。
知らないうちは倍率が高い方がお得感が強いのですが、倍率が高い双眼鏡は扱い辛い。
8倍ですね、8倍で予算が許す限り口径の大きいもの。
探鳥家に人気はニコンのモナーク。
軽くて防水、確かに魅力。
ですが、双眼鏡に3万も4万も掛けるならカメラに使いますがな。
ってことで現実的に考えますとワタクシごときはニコンのアクション辺りがお似合い。
「重い」くらい我慢できなくて貧乏人やってられるかってんだい。

んで、一応まずは中古物色。
そしたらワタクシの脳髄にビビーンと電気が走った。
USニコンのアクション、リアルツリー。
も~、欲しくなっちゃったからアメリカから個人輸入も考えましたが、いろいろ調べて行くうちに個人輸入してオークションに出品している方の価格がそんなべらぼうに高い訳じゃないって事に気がつきまして落札。

到着して覗き込んだらなんか焦点あわねぇな~。

なんか使い方あんのけ??

といろいろ検証した結果、左右の光軸が上下にずれている事が判明。
え!? ゴミっすか(--;
あんしんくんに続いてこれも不良品すか…。
出品者に連絡を取って返品要請。
返品もオッケーですがもう一台あるので代換品も送れますがどうしましょ、と。
代えがあるならそっちでお願いって事で一件落着。

DSC_0703.jpg

これも厄年の影響かと思いましたが、コレが個人輸入でアメリカから直に仕入れて光軸ズレていたらそれこそゴミだったので、今回は間に出品者挟んだおかげでワタクシはむしろラッキーでした。
それにしても実際、フィールドに出て見て驚きました。
肉眼で見るより明るくて立体的。
こんなにも見える世界が違うんですね~。
近代科学はココまできたか、と思わず言ってしまいました。

※近代科学はココまできたか:きらくあんが驚くたびに口にする言葉。小学時代から使っている。科学とはな~んも関係無くても言う。





1
2
3
4
7
9
10
12
13
14
15
16
17
19
21
23
24
25
26
27
28

top bottom