奇楽庵

毎日がとろけるスピード


In 06 2012

30
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

朱鷺:マウント

なんだか仲睦まじいと思ったら、若鳥の隣でマウント。

DSC_5757.jpg

DSC_5762.jpg

営巣の時期を終えてもこういう行動をとるのですね~。

DSC_5791.jpg


押しかけ結婚式の編集が終了しました。
撮影総数六百十余枚。
内採用数 484枚。
JPEG変換しても3.1ギガもありました(^^a
いつ終わるのか先の見えない編集作業に正直な話

もうこんなおせっかいは二度とするまい…

と思ってしまいましたw
しかし、今回の作業でスキルアップしたのも事実。
カメラの初期設定変更で今回の様にメリハリのある絵が撮れるようになったのでありました。


スポンサーサイト

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


29
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

朱鷺

DSC_5669_01.jpg

DSC_5690.jpg

DSC_5665.jpg

本日はコレと言って書くことも無く…


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


28
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

久々BORGで朱鷺

あ~、なんかBORG久々だわ~。
実際は全然久々じゃないのですがねw
ここんところ押しかけ結婚式の編集作業に掛かりっきりで、気分転換にちょこっとフィールドに出てみるべさ。

DSC_5624_20120628171833.jpg


もうちょっとでバシッときまったのにブレちゃいました。
光量十分なのでISO400に設定したのが仇になりました(><;

DSC_5631.jpg

は~、これでバックが空じゃなく林だったら言うことはなかったのですがね~。
まぁ、バックが林だったらそっちに抜けちゃう可能性が高くなるのでより難しくなるのですが…。

若鳥三羽、成鳥二羽 計5羽でした。
若鳥も単体で見るともう成長と大きさは変わらん、と思いましたが
親鳥にじゃれているところを見ると若鳥というよりまだまだ幼鳥って感じですね。

DSC_5646.jpg



テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


28
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

くわぁ

不審車両を眺めながら、
「ふ~ん、あそこに朱鷺が居るんだね、きっと。」
なんて思いながらチャリで通り過ましたら

くわぁくわぁくわぁ・・・

と聞こえてきました。
この声、朱鷺だべ。
ん? どこに居るんだ?
そんでもって鳴きやまないなんてのもなんだかおかしい。
地べたに居るのか??
あの藪の中??
目を凝らしてみるのだけれど肉眼ではやはり厳しい。
修行中のズーム肉眼全開。
居ました居ました、木の枝にとまってるから問題なさそう。

DSC_5611.jpg

例によってチャリなので望遠レンズはありません。
コレが限界。
わかりますかねw
つーか、昨日のハヤブサがつがいで居るところとかわかりましたかねwww

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


27
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

ツカレタ(+_+

編集作業、390枚目までキマシタ・・・。
早く渡したい一心でやってきましたがさすがに疲れた。
披露宴は光量不足で被写体ブレが多くてボツが増えるのですが、ずっとやってるとボーダーラインがだんだんわからなくなってきました(+_+;

肉眼では厳しいですがオイラの目はごまかせねェぜぃ、そこに居るでしょ。
チャリなので望遠レンズはありません。
105mmでは全く役に立ちませんがそこに居るのはハヤブサでしょ。

DSC_5590_01_20120626142258.jpg

やっぱりね~。

DSC_5590_02.jpg

つがいで居るのわかりますかね(^^ゞ


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


26
Category: 島発2等   Tags: ---

どうすべ・・・

呼ばれてもいない結婚式に押しかけて激写しまくったその数500枚越え(汗
もちろん専属のプロカメラマンがついておりますので、ワタクシはそのカメラマンも含めて撮影する、いわばメイキングを勝手に担当。
簡単にいえばスナップ写真。
とりあえずRAWでバシバシ撮っちゃって後から微調整すりゃいいべさ、と軽く考えておりましたが、以来掛かりっきり(--;

やっと150枚くらいの所までたどり着きましたが、壁にぶち当たりました。
あのなぜかワタクシがおっちゃんに怒られた青いライト。
御新造さんの顔色悪過ぎ。
目線を入れるのも申し訳ないのでさしあたりの無い部分でお見せしますとこんな感じ。

DSC_5216_004.jpg

そりゃぁ怒りたくなるのもわかります。
なんせワタクシもあのライト、なんとかならんの、と思っていたのですから。
このライト、三色のLEDなのかな?
全色フルパワーで白くなるみたいなのですが、この日のために新調してくれたものでとりあえず取り付けてはみたものの、色調とか誰もわかんなかったみたいです(苦笑

なんぼスナップ写真だからと言ってもコレは無いわ~。
なんとかならんかと試行錯誤したのがコレ。

DSC_5216_02.jpg

コレ以上は今のワタクシにはどうにもできない。
ボツにした方がいいのかな、と頭抱えた結果出した結論。

DSC_5216_03.jpg

モノクローム。

コレが一番だな、と思うんですけも…。

カラーも添えた方がいいのかな~(--A





26
Category: 島発2等   Tags: ---

輪こ

へい、雲ひとつないピーカン。
今日はどこに行こうべか。
時間は三時間。
残念ながら大佐渡にしろ小佐渡にしろ、ぐるっと回るほどの時間は無い。

一気に南下して再び蓮華峰寺。

あの頃よりはあじさいは増えましたが、やっぱまだまだ咲き揃っていませんでした。

DSC_5566_20120626135530.jpg

こういうところに生えた杉はどうするのでしょう?
この斜角、素人が上って取れるもんじゃありません。

DSC_5567.jpg


ワタクシ、どうやら石仏が好きなようです。
なんか撮っちゃうんだよなぁ~。
も~百年単位で風雨にさらされ角が取れて今に至るのか、と感じいっちゃうのですよね。

DSC_5569.jpg

DSC_5576.jpg

DSC_5573.jpg

DSC_5577.jpg

DSC_5578_01.jpg

DSC_5580_01.jpg

子連れ狼「無門の関」で無の境地に至らんと拝一刀にバッサリ袈裟掛けに切られたような仏。
やれた帯といいその傷口をふさぐように差し込まれた賽銭といい、感じ入るわ~。

ココでちょっとゆっくりしちゃったので素直に引き返すべきだった。
まだまだ時間あると思って三崎に入ってしまいました。

DSC_5582_20120626140541.jpg

DSC_5581.jpg

宿根木
確かこの白山丸(でしたっけ?)千石船とうたっておりますが、正確には五百石船でしたよね。

DSC_5584.jpg

DSC_5585.jpg


千石だとこの倍の大きさ?
水戸の黄門さまの船は三千石船でしたっけ。
と考えると、いや~スゲーわ。
んでもってきっと当時はきっと名人みたいな棟梁なんかもいて、いい船が欲しかったらあの人じゃなきゃ、みたいのもあったんだろうな~、なんて悶々と考えていたら時間がなくなった(大汗

ぶっ飛ばして帰らねばなりません。

DSC_5588.jpg

深浦南仙峡

とにかく長浜に出るまでどれだけ時間を詰められるかが勝負。
強烈なアップダウンの連続。
やっぱ簡単にはいきませぬ。
制限時間内には戻れないこと確実。
おまけに長浜、くる時も向かい風だったのに陽が昇って風向きが変わり、帰りも向かい風。
しかもくる時より強力。
うっかりゆっくりし過ぎたことを後悔したのでございました。





テーマ 自転車    ジャンル 趣味・実用


25
Category: 島発2等   Tags: ---

法乗坊



DSC_5136.jpg

DSC_5137.jpg

法乗坊の種まき桜。
花の咲くころに来たもんですがそれも昔の話。
この10年くらい花の咲くころに来たことはありません。
大木なので木を撮れば花がかすみ、花を撮れば木が写らない。
花が無くてもやっぱおんなじですわ。
どう撮ったらいいのかわかんねッス。
やっぱ離れて全景を撮るのが一番無難なのかな。

DSC_5139.jpg

ところでココのお地蔵さん。
昔、来た時は金ぴかだったような気がしたのですが、気のせいでしょうか銀色でした。
あの頃、品が無いと簀巻きにされていました。
たしかお地蔵さまを簀巻きにするとは罰あたりだと言われたみたいなことを聞きましたが、やっぱ今でもなんとかして隠したいのかな??

DSC_5138.jpg

ん~、なんかかわいそう…。


24
Category: 島発2等   Tags: ---

めでたい


本日はお休みを頂きましてスーツにネクタイまでしたにもかかわらず、うっかりサンダルでどこに出かけたのかと言いますと…

DSC_5049.jpg

いえいえ、さすがに友人の顔に泥をぬる訳にはいきません、大急ぎで皮靴に履き替えに戻りましたとも。
ということで呼ばれてもいない結婚式に押しかけました、わっはっは。

DSC_5052.jpg


DSC_5062.jpg

DSC_5199.jpg

新郎新婦入場して着席。
ところが新婦に青いライトが当たっていてとにかく顔色が悪い。
あのライト、なんとかならんのかと思っていたら、怖い顔したおじさんがワタクシのもとにやってきて
「青いライト消せ! あれじゃオバケみてぇじゃねぇか!!」
とエライ剣幕で怒られました。

あの…、いえ…、 ボクココのスタッフじゃないです…

と尿漏らしながら説明するのですが全然聞いてくれません(--A
結局ステージ脇のスタッフに伝わりましてライトの問題は改善されました。

DSC_5360.jpg

うっかり写った子まで有名人ですが気にしないでください(汗

DSC_5455.jpg









24
Category: 島発2等   Tags: ---

馬脚をあらわす


スーツにネクタイできたのにうっかりサンダル履いてきてしもたー


23
Category: お酒   Tags: ---

さくら

まぁ今年はなんだかんだありまして、なかなか集まることもできず冷凍庫に眠っておりました。
櫻どころか、季節はあじさい、魚でいえば真鯛の季節ですかね。
時季外れではございますが解凍も上手くいきましてサクラマス、おいしく頂きました。

DSC_5022.jpg

酒は真稜純米生。
二日酔いにならない程度に気を付けて飲んでいたのですが、やっぱちょっと飲みすぎました(^^ゞ


テーマ 日本酒    ジャンル グルメ


22
Category: 島発2等   Tags: ---

ちゃ輪

久々のちゃ輪行。
前山方面は雲が厚い。
二ツ亀方面も雲が厚い。
唯一、相川方面だけが空が明るい。
迷わず行けよ、行けばわかるさ。

DSC_0074_20120622193108.jpg

DSC_0075.jpg

揚島までやってまいりました。
さて問題は引き返しポイントの設定。
今のところまだ時間に余裕がございます。
戻って七浦でも通って帰るべか、とも思いましたが進みます。

しかしここから先、向かい風が強くて進みません(><;

ついに引き返し時間が来てしまいました。

DSC_0077_20120622193105.jpg

場所は入崎。

DSC_0076.jpg

すぐ先に関岬も大野亀もみえるのにココで引き返すのはだっちょの想い。
スムーズにいけば大野亀まで一時間、そこから先店までこれまたスムーズに行ったとして一時間半。
残り時間は2時間だから30分オーバー。
おまけに今日のこの向かい風では大野亀までおそらく一時間では行けまい。
やっぱどう考えても引き返さねばなりません、チックショー。

本日の走行距離80kmちょい。
久々だったからなのか、向かい風にやられたのか、今日は腹筋にキマシタ…。


テーマ 自転車    ジャンル 趣味・実用


20
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

コブハクチョウ

ダメっす。
国仲中駆けずりまわっても珍鳥と出会えません。
ホントにまだいるんヶ??

結局この日も出会うことなく加茂湖までたどり着きましてコブちゃん撮って仕事に向かったのでございました。

DSC_5013.jpg

DSC_5014.jpg

DSC_5015.jpg




テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


19
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

コチドリの若

強烈な逆光でイマイチ判別出来ませんがシロチドリ??
いやいや、場所から考えてシロチドリが居るはずが無い。
いるならコチドリだべ。
もしかして幼鳥?? と、一先ず撮影。

やっぱコチドリの幼鳥ですね。
もうこんなに成長しているとは思いもよりませんでした。

DSC_4989_01.jpg


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


18
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

朱鷺若鳥の危機

その角を曲がったら正面上空 朱鷺2羽がカラスに追われておりました。
おぉぉぉ! ちょちょちょ・・・
と大慌てでカメラを持ちあげるけれどワタクシのカメラは車内で振り回すにはあまりに長い。
フロントガラス越しに撮れるはずが無い。
そのまま逃げるのかと思ったら、車横、田んぼを挟んだところにある木にとまった。
カラスはそのまま飛び去った。

DSC_4996_20120618174053.jpg

木のてっぺんとそのちょっと下に一羽ずつ。
飛んでる時にはわかりませんでしたがどちらも若鳥ですね。
下にとまった方は、見える事は見えるのですが、ちょっと枝が混んでてやっかいだ。
しかも曇り空とはいえちょい逆光。

レンズの長さに比べて距離が近いので二羽いっぺんに捉えるのは無理。
てっぺんにとまった方にレンズを向けていた。

DSC_5003_01.jpg

しばらくするとバキッっと大きな音がしてそれに驚いて二羽とも飛び立った。

何が起こった!!?

DSC_5005_01.jpg

DSC_5006.jpg

飛び去ってから、木に何か天敵でも居たのか?? まさかテン?? と確認してみたのですが天敵らしき姿は確認できず。
一体なんだったのか、と不思議に思っておりましたが写真を見て納得。
てっぺんのとまっていた枝が折れちゃったのですねw

オマヌケな結果でよかったッス。







テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


18
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

ミコアイサ

随分前に珍鳥情報を頂いたのですが、出会う事が出来ず。
もう旅立ってしまったかと思ったのですが、まだいるよ、と聞いて出動。

おっ、アレか!??

と思ったら

DSC_4974_01.jpg

え? ミコアイサ??
冬鳥がまだこんな所に居るとは… 

ある意味これも珍鳥か。



テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


17
Category: 島発2等   Tags: ---

ポツポツと出始めておりますがまだまだ少ない。
久々に長時間シャッター開放・・・ どうやるんだったっけ??
あれ?このレンズフォーカスリングに目盛無い… どっちが無限遠だ??
ファインダー覗いても真っ暗だしわからなひ(汗

結局30秒ではなんも写らんし、蛍もなかなか横切らないので300秒解放。

DSC_0070_01.jpg

今のところ300秒も開放してたったのこれだけしかいません。
つーか300秒で星ってこんなに動くのか、とそっちの方に驚きました。




15
Category: 島発2等   Tags: ---

のんびりライド

本日は距離を稼がず、近場で写真でも撮りながらのんびりちゃりんこ。
阿仏坊線に入りました。

オオワシ?

DSC_0031_20120615113230.jpg


妙宣寺五重塔

DSC_0034_20120615113229.jpg

妙宣寺は五重塔だけで移動。
前々から気になっていた太運寺へ。

DSC_0041_20120615113228.jpg

前を通るとこの山門が非常に気になるのですよね。
立派な彫刻があしらってるのですが、なぜか龍の頭は彫られていません、ナンデ??

DSC_0042_20120615113227.jpg

思ったより小さいお寺で山門以外コレといって撮るところはありませんので国分寺に移動です。

DSC_0045_20120615113226.jpg

考えて見ると、もしかして初めて??
来ていたとしてもおそらくガキンチョのころでしょう。

DSC_0046_20120615113225.jpg

DSC_0047_20120615114506.jpg

DSC_0050.jpg

なんとも味のあるお顔です。

DSC_0056.jpg

あれも鬼瓦というでしょうか。
あそこだけ見ると奈良にでも来たようです。
つーか、奈良行ったこと無いけど…。

DSC_0057_20120615114503.jpg

DSC_0058_20120615114502.jpg

こりゃまたスゴイな。
何がすごいって、ココです、ココ。

DSC_0060_20120615114501.jpg

全体が右に傾いている(--;

見たところ屋根はかなり重厚に作ってるのですが外から見える柱はどれも細いものばかり。
大黒柱はどのくらいなんでしょう。
しかも傾きを直さず作り上げた感じがします。

DSC_0062_20120615115619.jpg

DSC_0063_20120615115619.jpg

サツキがきれいに咲いておりました。
本日は約25km、撮影中心ののんびりライドでした。




テーマ 自転車    ジャンル 趣味・実用


15
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

カワセミ

ハヤブサの繁殖失敗で少々燃え尽き症候群。
目標を失ってさて何を撮りに行ったらよいものか。
近場で久々にカワセミを探しに行きました。

居た、居ました…。

遠い…。

100m近くあるんでないかい?
肉眼では見えません。
飛んで行った方向をBORGで確認してやっと見えるほど遠い。
個体が小さい分だけハヤブサより厳しい。

DSC_4945_01.jpg

露出補正で明るくしていますが実際はもっと暗いです。
ノートリミングで点にしか見えん…。
さすがに解像できましぇんがとりあえずオスですね。

DSC_4945.jpg


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


14
Category: 島発2等   Tags: ---

チアルリンコ

あ~も~、ブログの何が面倒だというのならタイトル考えるのがとにかく面倒なんすよね。

はい、本日は大野亀にカンゾウ見に行くつもりで居ましたが、朝起きられず。
少々出発時間が遅くなったので、両津にでて小佐渡の麓を真野湾まで流そうか、と思っておりました

が、

なんとなく、行き当たりばったりで内海府に入っちゃいました。
大野亀はたぶん行けないけれど時間の許す限り行けるところまでいっちゃるわい。
と進めたら着いちゃいました、大野亀。
車やバイクではうんざりするほど遠いのにチャリならすぐそこw

DSC_0029_20120614141231.jpg

今月頭にきたときよりも咲き揃っております。
一面真っ黄っ黄とはいきませんが、これでも一時よりかなり復活したということですから、あと20年、30年もしたらまた一面をおおいつくす日がくるのかもしれません、楽しみですね~。
はい、今すぐ撤収しなければならない時間であります。

いや~、ちょっと待ってよ~。
さすがにちょこっと休ませてくれよ~。
遊歩道を半周だけ、な、半周だけでいいから!
と、独りごとをブツブツと言いながら散策。

DSC_0022_20120614141230.jpg

DSC_0024_20120614141229.jpg

DSC_0025_20120614141228.jpg

DSC_0028_20120614141227.jpg

前回は曇り空でしたが今回はピーカン。
もう少しゆっくりしたいのですがさすがに朝の便に載せたい荷物もあるのでコレ以上長居は出来ません。
ロッジの自販機でアクエリアスを買って一気飲み。
頭キンキンさせながら出発です。
と、いうことで本日は願集落にはおりられませぬ。
帰りはもうホントぶっ飛ばして帰ってきました。
大野亀でロスした20分も取り戻し、86.64km無事完走。
始業時間きっかり、ホント測ったようにきっかりに戻ってまいりました。





テーマ 自転車    ジャンル 趣味・実用


14
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

朱鷺若鳥

とにかく遠い。
とにかく暗い。
ハヤブサの撮影で苦労してきましたので、とまりもんで朱鷺くらい大きな鳥ならとっても楽ちん。
光量も十分でISO400で撮影出来るなんてホント久々。

小さく撮って大きく伸ばす、これこそBORGの魅力っすね~。

DSC_4921_01.jpg

DSC_4899_02.jpg

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


13
Category: 島発2等   Tags: ---

ちゃ輪行

今日走られる時間は三時間。
その後カンゾウがどのくらい咲いたのか見に行きたいのですが時間が足りない。
三時間ならちょっくら沢崎まで行ってくるべぇ。

本日はヘルメットではなく帽子ででました。
ヘルメットの通気口に虫が飛びこんで、まさか蜂ではあるまいかとパニックになるのですよ。
結構な確率であるので防虫ネットカバーとか作ってくれねぇかな。

いざ沢崎、と出ましたがどうにも同じようなコースを走るのは性に合わない。
徳川ゆかりの蓮華峰寺に行きました。

ツーリングでやってきたウエルさんが触れたら結婚17年目にして子宝に授かったという大銀杏。

DSC_0007_20120613194012.jpg

なんかパワフルに枝を伸ばしておりました。

あじさい寺と呼ばれておりますがやはりまだまだ早いようです。
ところどころにぽつんとは咲いておりましたけど、まだまだはやい。

DSC_0008_20120613194011.jpg

DSC_0010.jpg

DSC_0015_20120613194009.jpg

DSC_0016_20120613194008.jpg

渡津神社に行って戻ろうと坂を下った所で雨がポツポツ。

ヤバい…。

これはもう渡津神社どころではありません。
雨天走行も嫌ですが、防水バックに入ってるとはいえ一眼を背負って雨に打たれるのは怖い。
大急ぎで戻ってきました。
幸いにして雨はあのポツポツだけですんでよかったッス。
でも降るのなら坂を下る前の蓮無峰寺の駐車場で降ってほしかったわ~。


テーマ 自転車    ジャンル 趣味・実用


13
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

The last falcon.

もう六月だ。
おそらくはもうダメだ、今日のアタックが最後になるかもと思いつつわずかに期待していたのですが、とうとう四つ産んだ卵のすべてを捨ててしまいました。
無念なり。

DSC_3480.jpg

世間が放鳥トキのひな誕生に沸くさ中、約二ヶ月(と言ってもストレスを与えないように何日かに一度)観察しておりましたが今年の繁殖は失敗に終わりました。

もう一か所も雛の姿は確認できず。
毎年、何羽位成鳥出来るものなのでしょうか。
自然は厳しい。

巣を放棄した以上もうここには戻ってはこない。
長居は無用。
撤収の道中、ワタクシの頭上を通過。
コレが最後と別れの挨拶をしたのでございました。

DSC_4801_02.jpg





テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


12
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

おまたせしました、朱鷺若鳥

つーか、誰も待ってねーかw

なんせワタクシ自身、まったく探してもいなかったし…。

DSC_4831.jpg

久々に朱鷺撮りました。
若鳥を含む5羽確認。

DSC_4833_01.jpg

DSC_4854_01.jpg

DSC_4837_01.jpg

一番最後のこの親鳥はなぜかよだれをぽたぽた垂らしておりました。

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


11
Category: 島発2等   Tags: ---

たったの45km

しもたー(><;

稲垣早希が旅に出ていたー!

コメントし損ねた、ゴメーン。
早く次の更新プリーズ。



なんだかんだで一週間ぶりのチャリです。
本日の走行距離、わずかに45km。

しかーし、

キツカッタ・・・

ここまでの苦戦を強いられることになるとは。


先ずは新穂ダム。

DSC_4735.jpg

新穂銀山跡・・・

DSC_4736.jpg

キツカッタ、ホントキツカッタ。
延々と続く登り坂。
せめて景色が見えれば自分の現在位置もわかるのですが行けども行けども林の中。
さすがに新穂ダムから上は土地勘もない。

DSC_4738.jpg


普段なら気化する汗もぼたぼたと滴り、オーバーヒートぎみにぜいぜいと息を切らして喉が渇く。
限りある飲料水。
断念して下山しない限り補給は出来ない。
精神的に追い詰められます。
進むべきか、戻るべきなのか…
何度チャリを下りて考えたことか。

それでもなんとかひと山越えました。

DSC_4737.jpg

木々の間から加茂湖と両津湾が見えます。
さぁ、どうする。
この下り坂を進むのか、戻るなら今をおいて他に無い。
小佐渡の尾根に出て新潟が見える位置まであとどのくらいあるのか??
えぇ、ここまで来て戻るとはあり得ません。
進みましたよ。
二つ目の山を越え、三つ目の山を越え下り坂になり、ついに小佐渡スカイラインに到達。
名前は知りませんがなんか花が満開でした。

DSC_4740.jpg

魅せられたのは落ちた方でしたけも。

ところどころ弥彦山が見えるのですが、木に阻まれて残念ながらビューポイントが全くない。

DSC_4741.jpg

そしてついに本日の最終目標地点 杉池到着。

DSC_4744.jpg

DSC_4745.jpg

ここまでたかが20kmちょい。
ちょっと甘く考え過ぎておりました。
休まず進んでもすでに就業時間には間に合いません(--A
ということで、木漏れ日の中を散策。

DSC_4747.jpg

おぉぉ、このカエデすげぇな。

DSC_4748.jpg

何がスゲェって、ここです、ココ!

DSC_4749.jpg

どこから生えてんだ。

久知川ダムにおります。
下りだから楽ちん… いえいえ、ロードバイクは放っておくととんでもないスピードが出ます。
ブレーキ握りっぱなしでまるで握力のトレーニング。
腕が痛い。
生椿入口で腕の一休み。

DSC_4751.jpg

ココも一度行ってみたいところなんだよなぁ。
説明ではココから昇り1.2km歩かなきゃならないようです。

DSC_4753.jpg

しかし山なのになんで牡蠣???

DSC_4755.jpg

始業時間に遅刻すること30分、無事戻ってきました。
走行距離たったの45km、標高約550mに大苦戦でした。

も~くたくた。



テーマ 自転車    ジャンル 趣味・実用


10
Category: 島発2等   Tags: ---

Do sea came over

北陸からドゥシ(友人)がやってきました。

今回の目的は釣り。
狙いたいのはシーバス、黒鯛。
到着したその時まさに梅雨入り。
じゃばじゃば降ればいいタイミングなのですが、まだまだ足りない。

仕事を終えてワタクシも合流。
夜ならばやはり港湾…

のハズが、心折れた人々。

DSC_4679.jpg

結局飲み会w
明日の朝に賭ける、と寝たのは12時半。
もちろん起きられるはずもない。
6時近くに行動開始。
全く増水していない。
それどころか、だんだんと晴れてきた。

実はワタクシ、この日は道普請。
地域の草刈りに行かねばならない。
北陸勢を釣り場に残し大急ぎで草刈りにむかいました。

結局、釣れる気がしないということで観光に切り替えたらしい。

DSC_4721.jpg

長いこと島から出ていないので知らなかったけれど佐渡汽船は自動改札になったんですね。
券売機もタッチパネルになってむ。

帰り際、ボソッとつぶやいた。

「直江津から石川まで200kmくらいですよ。」

え? マジ。
そんなんチャリで行ける距離やン…。
と思ったけれど、独りで商売やってるとなかなか休みとれないんだよな(TーT
せめて陸続きならすぐなんですがね~。

DSC_4728_01.jpg

DSC_4734.jpg




09
Category: 島発2等   Tags: ---

KRM総選挙

大野亀に行ってから、チャリに乗れていない。
今日こそはと思ったのですが雨ですわ。
三時半に蚊の羽音で起こされた時にはまだ曇っていて午前中は逃げ切れるかと思ったのですがね。
五時過ぎ、目覚めた時には雨音が聞こえたので、
ダメだ、今日もチャリるれない
と布団から出る事無く寝なおしました。

会長!がやってきて
「近々祝う会をしましょう。」
というのだけれど一体何を祝う会なのかと問うてみると
「いや~、それは言われねぇ。」
とはにかんだ。
しかしワタシはピンと来た。
もちろん大島優子が無事センターをとったことに違いない。
AKBを卒業するにしても、残るにしても今回は大島優子がセンターで無いと立つ瀬がないと篠田麻里子を押している彼も強く思ったに違いない。
会長!のような強い思いは全くないワタクシもどうやら祝う会に付き合わされることになりそうだ。

そんなワタクシは日焼け対策を入念にしてKRM総選挙。
KRM総選挙、言わずと知れた黒松の剪定。
近年剪定だけではなく、枝を作ることをはじめたものだからワタクシの選別はますます厳しい。
この一年でどういう方向に伸ばしたか見てやります。

DSC_4670.jpg

あまりの鬼剪定に ちょっとやり過ぎ なんて言われることもあります。
上昇志向の強い奴は要らん。
しだれてナンボ、しだれる気が無い奴はバサバサ落として、放っておけば枯れて堕ちてゆく葉に光を当ててやります。

あとわずかという時、くしゃみが止まらなくなった。
気が付くと鼻が詰まり、喉がイガイガして腫れぼったい。
チャリに乗るようになってから鼻炎症状はでなかったのですがコレはどう見てもアレルギー。
松の花粉が飛ぶ時季でもなし、一体何が??
と思って見上げると地味ですが頭上の楠が満開。

DSC_4667.jpg

これか~。
作業中断したのですが、一日たった今でも喉がイガイガ。
これにはちょいとマイリマシタ。


08
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

思いがけず

アクセス解析覗いたら検索キーワード 「願 shirota きらくあん」 って(爆
また随分絞ったもんですなぁ。
どなたか存じませぬが、ひょっとして昨日の記事を見てヤツガシラの時の記事を探していたのでしょうか。

うっそうとした歩道を歩いていると、やけにカラスが騒がしい。
巣かなんかあってワタクシに警戒しているのか、と思ったら、カラスの声に交じって
キィキィキィキィキィ
この声はハヤブサ!?

木々のすき間からカラスに追われるハヤブサが見えました。
こんな街場に近い場所で思いがけずハヤブサに出会うとは夢にも思わず、かなりテンションが上がってしまいました。

頭上をすり抜けてゆくハヤブサを木々の葉っぱ越しに追いました。

DSC_4224.jpg

DSC_4225.jpg

DSC_4226.jpg

DSC_4227.jpg

DSC_4228.jpg

DSC_4229.jpg

メスか!?





07
Category: 島発2等   Tags: ---

願:賽の河原

とある日本人女性がやってきて
「週一願期待してます。」
というのです。

いやいや、願は月一で週一は戸地… というかそれは華氏の企画でアタシんとこは鳥ばっかりですけも(汗

とかいいながら美人と酒にはだらしないワタクシは、翌日にはチャリで大野亀まで行ったというのはココだけの秘密。

DSC_4531.jpg

DSC_4533.jpg

DSC_4538_01.jpg


ここまできたらもちろん賽の河原までいきます。
だけど先日放送されたNHKの「小さな旅」では賽の河原は全く写っていなかったですね。
前々回、ワタクシが来た時に品川ナンバーのエンジのロケバスがあったのですよね。
あの車がロケ班だったのでしょうか。

チャリとドッキングする靴の裏のクリートがカチャカチャと岩の上で滑って非常に歩きにくかった…。

DSC_4506.jpg


賽の河原、すっかりきれいになっていて驚き。

DSC_4509.jpg

DSC_4510.jpg

DSC_4514.jpg


手ぶれ補正が付いていないので暗い洞内ではさすがにブレちゃいました。

DSC_4513.jpg


帰り道、袋に菓子を入れたおとうさんとすれ違いました。
お供えのお菓子でしょうか。
こういう人たちの信仰心でわずかな時間にここまできれいになったのでしょう。

DSC_4527.jpg






賽の河原から二ツ亀は未だ通行止めですが遊歩道がめくれた部分もすでに歩くには十分な状態。

DSC_4515.jpg

コレで十分だと思うのですが未だに通行止めということはまた遊歩道作り直すのでしょうか?
観光バスは二ツ亀で下して願まで歩かせるのですが、ここが通行止めなもので願から願に戻るルートで案内しておりました。

DSC_4529.jpg


06
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

ズームじゃないのよ。

金星の太陽面通過、曇ってるから見えませんね、と思ったら晴れてきた。
日食眼鏡で見てみましたが、ワタクシの肉眼にはズーム機能が付いていないので見えねぇよ。


DSC_4616_01.jpg


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真



2
3
16
21

top bottom