奇楽庵

毎日がとろけるスピード


In 05 2012

31
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

にゅう無い!?

庭の餌台にいつもとは違うスズメ。
もしかしてニュウナイスズメか!?

DSC_0079_20120531120418.jpg

いやいや、ただのスズメでしたわ。
巣立ったばかりの幼鳥でした。

DSC_0080_20120531120417.jpg

DSC_0084_20120531120416.jpg


スポンサーサイト

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


30
Category: 島発2等   Tags: ---

なんか・・・

DSC_4350_20120530195558.jpg

DSC_4351.jpg

DSC_4357_20120530195556.jpg

なんかまた一つ歳とったみたいです。
なので美味いもん食いに行ったみたいです。
他のお客さんが居なかったので写真撮っちゃったみたいです。
でもf1.4ではちょっとボカシ過ぎちゃったみたいです。

テーマ 寿司・鮨・すし    ジャンル グルメ


29
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

まみちゃじない

鳥に詳しい、と思われがちですが実は全然詳しくない。
とある探鳥会に参加したのですが、次元が違い過ぎてあ然。
本モンのバーダーって奴はこんな離れた場所から観察するのか…(汗

すばしっこくてなかなかファインダーに入れられないものだから、すっかり小鳥に目をやらなくなってしまったのです。

「まみちゃ、まみちゃ!」

と皆さん興奮しておりますが、まみちゃってなんすか…(^^A
枝が密集していて中々見えなかったのですが、とりあえず一枚押さえました。

DSC_3900.jpg

マミチャジナイ
全国で旅鳥(冬鳥)
シベリアのタイガや中国東北部で繁殖、東南アジアなどで越冬する。
春秋の渡り期に群れで渡来し、秋に多く見られる。

ですって、ふ~ん。

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


29
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

擬傷行動

ワタクシに対しての擬傷行動だともうのですが、距離があるせいでしょうか、こっちを向いて行うのは珍しい。

DSC_4283.jpg

DSC_4284.jpg

DSC_4285.jpg

DSC_4286.jpg

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


27
Category: 島発2等   Tags: ---

熱い視線は・・・

先日サシバを見た場所で追跡調査… とはいうものの以来、見たことはない。
車で流しながら飛んでいないか、巣でも無いかと見渡すけれどそれらしき影は無い。

地元の人しか来ないよなところなので、トロトロと車を流しているワタクシは不審者に見えるかもしれません。
田んぼ作業の女性が激・こちらを見ています。
熱い視線で激・ワタクシの事を見ています。
直立不動で視線はレーザービーム。

まだ100m以上離れていますが、鳥追いで鍛えたワタクシの目には良く見えます。
農作業の服装ですが、色白でナイスバディなおねぇさんだ。
熱い視線を感じながら近づいていくと




がびーーーん!

がびーーーん!

がびーーーん!




DSC_0086_01.jpg

DSC_0087_03.jpg

DSC_0087_01.jpg

笑ってむ・・・。

激・笑ってむ。



こ、怖いっす…。




コレ一体元はなんなんすか???

DSC_0087_02.jpg

手作り???

なんだこのクオリティの高さ、実物大GIジョー!?

凄すぎ。

あまりのインパクトにサシバはすっかり忘れてしまいました。












26
Category: 島発2等   Tags: ---

おさんぽ

今朝起きた時点では雨は上がっていたのですが、路面がぬれてまだまだ降りそうな気配。
布団の中で漫画を読んでいたのですが、なんだかジッとして居られない。

昨日見たセイタカシギ、今日も同じ場所で見られる訳が無いと思いながらもBORGを持って行ってみました。
やっぱ車で来ると小木遠いゎ…。

案の定空振り。

することも無いので城山公園に上がってみました。
ぐるりと一周して今度は下の海岸線遊歩道。
波浪で遊歩道欠損のため完全通行止め、のバリケードをくぐって進みました。
な~んだ、遊歩道、コンクリの上に敷き詰めた板石が一部めくれただけで完全通行止めにするほどの事もないじゃん。

コレと言って撮るものも無いので

DSC_4243.jpg

波しぶきとセグロセキレイを狙ってみたりしましたがテンションがらず…。

ぐるりと一周して戻ってみると

IMGP1440_01.jpg

にゃはは、こらまたちょうどいいお屋敷ですこと。

IMGP1441_01.jpg

IMGP1443_01.jpg

とうことで今朝はお散歩でした。




25
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

セイタカシギ

税務署の酒税担当様から電話が掛かってきてマジビビり。
なんかやらかしたか!?

報告書について尋ねたいと。

原料用アルコールの販売実績があるとなっていますが具体的にはどんな商品でしょう、と。

あぁそれね。
それは柿の渋抜きですわ。
47%の焼酎。
それね~、問屋さんの伝票はスピリッツになっているのですが、ラベルには分類が原料用アルコールとなっているから問屋さんが間違ってると思ったのですが違うのですか?

IMGP1439_01.jpg

「あ~、なるほどわかりました、大丈夫だと思います。」
との事でした。
酒税担当さまが 「だとおもいます。」 って… まぁそれ以上は言うまい、怖いし。




昨日、秘密のケンミンショーを観ていまして

鹿児島では 灰の事を 「へぇ」 ハエの事を 「へぇ」 という、とやっていまして佐渡とおんなじじゃん、別におかしかないべ。

さらにはしのえみちゃんが 「わっぜびんてくらい!」 (とても頭にくる) と言っておりましてさすがにワタクシもわらいましたが佐渡でも額の事を 「ビン公」というじゃない。
「わっぜ」 とは言わないけれど 「まって」 とは言うじゃん。
ワタクシの笑いはなんとなくわかってしまった笑いでした。
しかし 「そんなのん佐渡だけだし…。」 とカミさんに言われてしまいました。

どちらかと言いますと佐渡では 頭にくる というよりは 歯がゆい という方が多いですね。
なので 「とても頭にくる」 は 「とても歯がゆい」に変換されて 「まってがーいー」 または とても が 力いっぱい に変わって 「ちゃっぺんがーいー」。
なので、鹿児島はちょっと訛ってるだけさ~。





本日曇り、予報ではのち雨だけど朝のうちなら天気ももちそうなので Ride on!
ぴゅーっと一気に小木港に到着です。
チャリって奴は時間と距離の概念がガラッと変わってしまいます。
車やバイクでは遠く感じるのですがね~、チャリならすぐそこです。
もっとも、時間があればの話ですがね…。

IMGP1416_01.jpg

この船に乗ってどっか遠征にでも行きたいものです。
外のま から 内のま に移動するとちっちゃなカモメみたいな鳥がワタクシの側を滑り込んで田んぼに着地。

お、おぉぉぉぉ~、なんだっけアレ、ケリーじゃなくてなんかそんなヤツだよな、初めて見た。

IMGP1421_01.jpg

後で調べたらセイタカシギでした。
チャリなのでチープなカメラしかないのが残念。
小木の三崎を進む。

深浦南仙峡・長者が橋到着。

IMGP1427_01.jpg

IMGP1428_01.jpg

カロリーメイトポリポリかじって朝食です。

さぁ、帰路です。
何事もなければ始業時間前に戻れるはず。

沢崎鼻をぐるりと回り北上。

IMGP1432_01.jpg

この岩、何て名前でしたっけ?

IMGP1433.jpg

名前は忘れてしまいましたがワタクシは勝手に 「ひよこ」 と呼んでおります。
いや銘菓ひよこみたいだし…。

ちなみに江積のそばのこの岩。

IMGP1434_01.jpg

湘南海岸の烏帽子岩に似ているのでワタクシは勝手に烏帽子と呼んでおりましたが、コレは本当に烏帽子岩と呼ばれているらしい。

小佐渡一周回って来てのこの辺の坂はきついのでですが、まだ足に疲れを感じていない今ならば15%坂も楽しいもんです。
上りきると菜の花畑が迎えてくれます。

IMGP1435_01.jpg

はい、一気に帰ってきまして始業時間に間に合いまして本日小木三崎まわり約78キロ完了。

80km位が満足感も得られてサイクリングにはちょうどいい距離っすね。




テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


24
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

夏ですね。

海の色が夏色に変わりました。
もう夏です。
初夏の佐渡は最高に気持ち良い。
チャリ日和なのですが、本日は鳥見。
やりたい事がたくさんあり過ぎて困ります。

ハヤブサが居る事は居たのですがダメだ、一瞬の油断でことごとくシャッターチャンス逃した。

DSC_4096_01.jpg

天気がよいのだけれど、なぜか日差しが柔らかい。
雲ひとつないし、このくらい陽が昇ればもうちょっとシャッタースピード稼げるはずなんだけどなぁ。
それと葉や草が生い茂ってだんだん撮りづらくなってきました。
そのうち鎌でも持ってこないとダメかもしれません。




テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


23
Category: 島発2等   Tags: ---

イライラする、あぁぁぁ、いぃぃぃぃ・・・

4年7ヶ月使用した携帯電話がついにご臨終。
データーも消えちゃって転送できない。
昨年8月までのアドレスデーターは残っていますがそれ以降登録した人はわかんなくなっちゃいました。
もしかしたら、と思った方はお手数ですがメールください。

ということで機種変です。
スマートフォンも勧められましたが、そんなもんワタクシには全く必要ない。
必要なのは、メールが出来てちょこっと写真が撮れて防水、それだけです。
いままでカシオ一辺倒でしたが、現在在庫が無いと言われ致し方なく富士通になりました。
も~全然使い方違ってイライラするぅぅぅぅぅ。
これ、撮った写真とかどうやってPCに取り込むんや、取扱説明書のカメラ機能の所に書いてねぇし、あ゛ぁぁぁぁぁぁ…。
メールの文章打ち込みも今までは打ち込んで行けば最後に数字が表示されたのに、コイツはされない。
数字はどうやって打ち込むんや、と取扱説明書みたら書いてねぇし、きぃぃぃぃ・・・。
まぁそのうち出来るようになるべ。
コレ以上やると真っ二つにおっちまいそうなのでも~やんぴこんぴじゃ。


さてさて、昨夜は金福さんで深酒をいたしましたので少々しんどい。
ところが老人力が増したのか、どうにもこうにも二度寝が出来ない。
もったいないから布団を抜け出しRide on!

飲み過ぎなのでチンタラとまずは shibaさん のガレージに行ってみましたがいませんでした。

ということで新穂ダムへ。

IMGP1406_01.jpg

新穂の男は暇が出来るととりあえずここに来るのです。
さぁ、そこからは山の日吉神社と旧新穂城山城の間を駆け抜け、ロングライド130kmのラスト30kmコースに進入。
井内から栗野江方面。
ここから見る金北山は真正面でとてもきれいに見えます。

IMGP1409_01.jpg


キキキキキ、ギャギャギャギャ… と慣性ドリフトを決める事もなくふつうに出勤途中のじぇ~むすくんとすれ違い。
目ざとい彼はさすがにワタクシに気が付きました。
ビガちんは二度もあっているのに気が付かなかったのにね~。

IMGP1410_01.jpg

真野御陵橋に到着。
下界は車で混んでいるだろうから、ここで引き返します。
ロングライド130kmのラストの30kmは両津から真野へ抜けるより真野から両津へ抜ける方が景色もよくて走りやすい道なんですよね。
再び井内に戻り、ここから新穂へ下ります。

新穂の本来のメインストリート。

IMGP1411_01.jpg

突き当たりに見えるのが昔は料亭だった一三楼さん。

IMGP1413_01.jpg

魚が~ん。

IMGP1414_01_20120523173158.jpg

いや~~~、狭いですね~。
こんなに狭かったっけ??
ガキの頃ここでよく野球をしていたのが信じられません。
一三楼さんの塀の向こうにゴムボールが飛んで行ってよく取りに行ったもんです。
あの頃と随分変わってしまいましたが懐かしいな~。

と、今日は昔を振り返りながら45kmほどで終了したのでございました。





テーマ 自転車    ジャンル 趣味・実用


22
Category: 島発2等   Tags: ---

すいません

携帯電話が壊れている事に先ほど気が付きました。
電話、メール、頂いているかもしれませんが現在確認できません、スマンデス。


22
Category: 島発2等   Tags: ---

スポニチ佐渡ロングライド2012 反省

カッサカサですわ。
唇がカッサカサ。
当日暑い位の晴れになるみたいだから日焼け止め塗っておいた方がよいよ、とshibaさんに教えてもらって塗っておいたから顔や首の日焼けは何ともないのですが唇がカッサカサ。
UVカットのリップクリームなんてのもあるんですね、この時点ではそんなものがこの世に存在することを知りませんでした。
来年はちゃんと準備しておきます。

今回、初参加ゆえにちょっと張り切りすぎました。
来年、130km初挑戦するという方がみるかもなので書いておきますが、
きついのは大野亀の左カーブ、インをつくとインの部分だけ特に登坂角きつい。
Z坂は眺め最高なので途中休憩して景色眺めながら給水をおすすめします。
登坂角自体はたいしたことないので休憩挟めば楽勝です。
最後の30kmできついのは小倉川を越えた飯持坂。
そこに焦点を当ててのんびり走っても十分完走できます。
各エイドステーションでゆっくりするもよし。
景観の良いところで写真でも撮って一休みしながら進んでもよし。
周りの人をみながら進むのがよいでしょう。
ワタクシの様に集団からはぐれてしまうと後半になるにつけ盛り上がりに欠けてフェードアウトぎみに終わってしまいます。
タイムとか、順位とか意識しても早く終わるだけもったいないです。
そんな事を意識しせずマイペースに進んだだけのワタクシさえも結果早過ぎちゃって

IMGP1348_01.jpg

閑散としてこんなさみしいゴールを迎える事になります(爆
もっとゆっくり楽しんだ方がお得ですよ。


テーマ 自転車    ジャンル 趣味・実用


21
Category: 島発2等   Tags: ---

スポニチ佐渡ロングライド2012 その2

ワタクシはこのロングライドを走りきるために事前に計画を立てました。
ケイデンスは60前後。
それをキープすべく早めのシフト。
下り坂では調子に乗らずプレーキ掛けながらゆっくり下り休む。
給水は各エイドステーションの他に石名の清水。

ところがいきなりのマシントラブル1段から9段までが使えない。
この先どうなるものかと不安を抱えながら七浦海岸はとりあえず問題無くクリア。
当初は相川のエイドステーションはスルーするつもりでおりましたが、動く自転車屋さんの車を発見しピットイン。
先に入っていた人のチャリを見ると奇しくもワタクシと同じ車両。
もしかしてフロントディレーラーですか?
と聞いてみたら症状も全く同じだったので 欠陥ですね と笑う。
ワタクシの前に一人メンテ待ちの人が居たのですが、こちらの方は最高級の電動デュラエース、下手にいじると元も子も無くなるから直せない、と断られていました。
なんでも今年は SHIMANO が来ていないとか。
日本でも指折りのイベントに世界の二大メーカーともいえる SHIMANO は来なきゃあかんやろ~。

ということで立て続けに同じ車両、同じ症状を直してもらいました。
ついでなので蕎麦喰ってアミノバリュー一気飲みして再スタート。
ギアがフルに使えるようになって達者も戸地の上り坂も順調にクリア。
南片辺トンネル内でママチャリでコスプレで210キロ挑戦の人に追い付きましたがトンネル内暗くてどんな格好しているのか残念ながら見えませんでした。
8時過ぎには藻浦崎。
予定ではここの公衆便所によるつもりでしたがトイレの幟が出ていないのでよるのはやめました。
しかしこの先の入崎エイドステーションは大行列になっていたのでやはり藻浦崎に寄ってけばよかったッス。
後で確認したらコースマップにはきちんとトイレマークついてる。
穴場のガラ空き便所だったかもですね。

IMGP1338_01.jpg

入崎に到着。
トイレと水分補給を済ますとすぐに再スタート。
ここで一緒にスタートした揃いのジャージを着たおねぇさんと入れ替わりワタクシが先行することになりました。
この辺りに来ると先に出発したAコースの人達が増えてきました。
再スタートしたばかりですがすぐに石名到着。
島外から来た人はやはり知らんのでしょう、誰もいません。
ワタクシがボトルに水を入れている間もみんなビュンビュン通り過ぎていきます、もったいッスね~。

矢柄の坂を上りきりトンネルに入るとやっぱり歌っちゃいます。
「ニッセイのおばちゃん今日もまた、笑顔を運んでいるだろか~♪ いーるーだーろーか~♪」
あのトンネル入るとどうしても30年も前のあのCMを思い出すのですよね…。
関の辺りになると日差しが強くなってきてshibaさんのアドバイスに従って日焼け止めを塗っておいて正解。

いや~、あの辺りのアップダウンは気持ちいいわ~。
崖ウォッチャーであるワタクシにしてみますと関という場所は崖ばかりでたまらんのですよね。
海府醗酵さんには 「甘酒あります。」 の立て看板の横に 「酒こうじあります。」
酒麹… どぶろく専用!?
味噌麹と酒麹は菌が違うのですよ、酒造りはオリゼー、味噌醤油はソーエ。
今流行りの塩麹にどうぞ的方向でしょうか。

さぁ見えてきました斜面に書いた怪傑ゾロ。
難関難関、と言われる割に大した事の無い Z と呼ばれる跳坂。

IMGP1339_01.jpg

佐渡でも有数のビュースポット。
出来れば島外からお越しの方は一休みして景色を楽しんでもらいたいものです。
だけど上り坂で止まるというのはやっぱり抵抗がありますよねw

ここに来るともう完全にだんご状態。
カップルで参加している人は男が女性の背中を押して上っております。
数メートルしかないトンネルなのになにやらスピリチアルな音楽が流れてむ… と思ったら誘導のおっちゃんが演歌流してましたw
コースの先が読めない島外からの参加者は
「あと何メートル? あと何メートル?」
と誘導員にしきりに聞いている。

大ザレ、真更川、北鵜島、順調にクリア。
ワタクシが今回のコースで最も用心していた大野亀の左カーブの登り坂。
このカーブの所が大佐渡エリアで最も登坂角きついような気がする。
エッチラホッチラ、ケイデンスも乱さず登り切りました。
この上りを制すると 弾野エイドステーションまでゆるい下りの視界が開けた高速コーナーの連続。
ちょ~気持ちい~。
だけど実はここがやばい。
調子に乗ると60km/h越えするものだからついついフルパワーを出してしまうのですが、ここで体力温存しておかないとこの先の内海府線で向かい風にやられるのですよね。
ペダルは回さず惰性で弾野エイドステーション到着。
スタート直後のマシントラブル以外は順調過ぎるほど順調ッス。

IMGP1340_01.jpg

握り鮨サイズのゴマを振ったおにぎり、コレに自分で塩を付けて食う、これ最高!
この辺りにのんびりAコース参加の真稜の蔵人くんが居るのではあるまいかと探してみましたが、たぶんいません。
話す相手も無いし、ぼけーっとするのもなんだかな~。
すること無いから再スタート。
天も味方したか、内海府線で向かい風にやられないなんて滅多にありません。
もうノリノリっす。

ヴィーナスだってちゅっちゅっちゅっちゅ♪
恋に踊ってちゅっちゅっちゅっちゅ♪

いきのものがかりの kiss kiss bang bang を口笛吹きでながらトレインごぼう抜き。
嫌味なようですが歌わずにはいられない、そのくらい快調だったのです。
しかしこの辺になると気が付きました、周りにはAコースの人達しか居ない。
あり? ひょとしてかなり速いペースで飛ばしてるのか???
当初の計画通りこなしているのですが、メーターで確認したら平均時速26km/h。
練習時の平均速度は大体21~22キロ。
今年初めて大佐渡一周した時ははじき崎まで21キロだったものが内海府線の向かい風にやられて平均速度18キロにまで落ちましたから平均時速26キロはやっぱ自分としては相当飛ばし過ぎ。

白瀬を越した辺りから腹がへってきて口笛はやめて 飯、めし、めし、めし、腹減ったーと言いながら進む。

午前11時ころ 両津おんでこドーム、弁当ステーション到着しました。

IMGP1344_01.jpg

IMGP1345_01.jpg


ツマラン… まだ午前中だというのにあと30キロで終わってしまう。

210キロ行きたいわ~。
今年から初参加での210キロ挑戦は出来なくなったのですよ。
なので今年は致し方なく130キロに挑戦したのですが、普段の練習が80kmとかだし、内海府の風もなかったので100キロ地点のこの場所ではまだまだ元気なのですよね。
ふてくされ気味に弁当をもらいに行く。
おにぎりとおしんこの弁当を手にした直後、「おしんこと唐揚げがあります。」という声が耳に入り、あ~唐揚げ喰いたかったわ~、と後悔。

すいません、ごめんなさい、実はワタクシ素知らぬ顔で弁当二個喰っちゃいました。

IMGP1342_01.jpg

別に一人一個とも聞いてないし、ゼッケン確認して渡される訳でもないしいいでしょ…。
Aコース参加の真稜の蔵人くんに電話してみました。
彼も同じ場所にいたのですが、すでに出発するところ。
飯も食い終わったし、ソーシャルネットワークの日記更新して11時20分ワタクシも出発。

残るはいつもの練習コースだけ。
今回130キロではなく100キロにしておいて残りの110キロは勝手に走るって手もあったよな~、などととんでもない事を考えながら分岐ポイント。

野球場に向けての登り坂で異変に気が付きました。
力むと足がつる。
ふとももなり、ふくらはぎなり、一定の力以上の力を加えると激しくつるようになっていた。
気分的には疲れていないのですが、相当疲れがたまっているみたい。
やはりすること無くてもしっかり休んでストレッチしなきゃだったか、これは来年への教訓ですね。
そんな状態ですが、一定の力ならつることも無いのでとまることも無く相変わらずの60ケイデンスキープ。

ワタクシはだんだん不安になりました。
分岐してからとにかく人が居ないのですよ。
前にも後ろにも誰も居ない。
今、本番ッスよね?
コース間違っていないですよね??
これではいつもの練習と変わらない。
みんなどこ行った??
交差点にいる誘導員だけが、あぁやっぱ本番なんだ、とわかる唯一の手立て。
最大の難関 飯持の登り坂もなんとかクリア。
ここまでドリンクを温存しておりましたが各エイドステーションでこまめに水分補給していたから全く困ること無い。
結局心配性でいろいろ持った携帯食料も一切手を付けていません。

なんかな~、なんだかな~、もうほんと終わっちゃうべ。
この先もうゴールする以外にねぇし…。
真野公園にでもよってソフトクリームでも喰うべか、と思ったのですがあまりに一人ぽっち過ぎてコースから外れるのが不安。
真稜にでもよって行こうか、と思ったのですがちょうどお昼に入った時間。
顔を出せば気を使うだろうから静かに通り過ぎ、国府川を越えて八幡に入りました。
もう本番だということも忘れてのんびり走っていたら 「こんちは!」 と後ろからAコースの人が抜いていったかと思ったらあっという間に見えなくなった。
え!?? 210キロ、5時半スタートで12時半ゴールっすか!?
どんだけ早いの、スゲーゎ(@_@;

ありがとうございます、ありがとうございます、きらくあんが帰ってまいりました、ありがとうございます。

ガラーンとして全く盛り上がりを感じないゴールゲートを抜けて12時半ころワタクシも呆気なくゴール。
なんかホント呆気なくって感じなのですよ。
なんせゴール地点にも大して人が居ないし閑散としたものなんですもの。

先にゴールした人もDコース40kmグルメライドの人達ばかりでよくわかんないけど、どうやらワタクシBコース相当早くゴールしてしまったようです。
あまりにも一人ぼっち過ぎて早く走った自覚も無い…
それどころか自分だけが取り残されてとても遅いんじゃないかと錯覚するほどでしたからね。

グラウンドに座り込んで完走証書を眺める。
レースではないのでタイムも順位もない。
しょぼいしょぼいと噂には聞いていましたが、予想以上のしょぼさでした。

IMGP1347_01.jpg

遠目にはちゃんとしてるのですが絵も文字もぼやけてるし。
額に入れて飾ろう、という気も起きない(苦笑

いまいち達成感も実感できず、ぼけ~とするワタクシが出した結論は… 帰るべか。

なんか顔が砂まみれでじゃりじゃりするし・・・。
当初汗で付着した砂だと思っておりました。
ところがコレは汗が気化して残った塩の結晶。
シャワーを浴びて午後二時。

本日休業の張り紙を剥がして商売をしたのでございました。


エイドステーションで何が補給できてどんな感じかわかったし、
まっ、とにかくこれで来年はワタクシも210キロ挑戦だい♪







テーマ 自転車    ジャンル 趣味・実用


21
Category: 島発2等   Tags: ---

金冠日食、つーか部分ですけど・・・

昨日のロングライドの疲れもあるでしょうから朝はゆっくり休みましょう、
と思っていたのですがいつも通り4時半には目が覚めました。
5時まで布団でジッとしていたのですが、人生は短いぜ、布団で過ごすのは何とももったいない。
釣りに出ようかと思ったのですが、本日は世紀の天体ショー金冠日食。
残念ながら位置的に佐渡では金冠ではなく部分日食。
この日のためにBORGに太陽光フィルターを… と書きたかったのですが高すぎて買えなかった。
なんせフィルターだけで2万円越えですもの。
でも日食眼鏡越しにコンデジでなんとかイケるかな、ということでドンデン山に登りました。
妙見とどっちにしようか迷ったのですが、ドンデンの方が東向きに開けているし、眺めもよい。

6時半頃にはすでに月が太陽の一部を隠し始めておりました。
試しに撮影してみましたがダメです。
日食グラス越しでも太陽が眩し過ぎて写せません。
このコンデジ、マニュアル設定できなかったけ、といろいろいじくりまわす。
とりあえずカメラ任せの設定解除。
ISOは64
露出補正はないのかといじくりまわしましたが見つけられず。
気づかなかったけれど戻ってきて改めて確認したら露出補正もできました、チックショー!

光学5倍ズーム
あとはレンズ前に日食グラスをかざし、太陽以外の部分を指でさえぎって余計な光を絞りました。

IMGP1393_01.jpg

6月には金星の太陽面通過もあるから無理してもBORGのD5フィルター買っておけばよかったな~、とやっぱり思ってしまいました。

大佐渡縦走トレッキング客が続々やってきます。
トレッキングガイドがちょいと知ってる人だったので、声を掛けたら彼は日食の事を全然知らなかった。
なので、もうすぐ終わるけどまだ見えるよ、と日食眼鏡をかしたら、わたしも、わたしもと続々と人が集まってきて行列になって笑いました。

IMGP1405_01.jpg






テーマ 金環日食    ジャンル 写真


20
Category: 島発2等   Tags: ---

スポニチ佐渡ロングライド2012

集合時間は朝6時。
4時半に目を覚まし、朝飯を喰らい、顔を洗って全神経を集中して軽量化。
イマイチでしたが結果から申しますと、本番中に個室に掛け込むことはありませんでした。
5時半、自宅をスタート。
集合場所に着くとすぐにBコースの人は中央に集まってとのアナウンス。

IMGP1331_01.jpg


なんか流れ作業的にスタート地点に誘導。
班ごとに分けられるのかと思ったらけっこうアバウト。
ワタクシはチンタラ行くつもりなので最初からキープレフト。
一番左側をすすむ。
決して女性の後ろがいいという訳ではない。

それにしても寒い…。
海岸は日が照っているのだけれど、道路はちょうど日陰。
ウインドブレーカー脱ぐの早過ぎた。

IMGP1334_01.jpg

カタカタ震えながらスタートを待つ。
独りでの参加なものだから便所にも行けません。

IMGP1335_01.jpg

やっとスタート地点が見えてきて陽が差し込むようになりました、あったけ~。
もうすぐスタートです。
前のお揃いのジャージを着たおねぇさんについていって勝手にトレイン組んじゃおう。

IMGP1336_01.jpg

いや~、とんでもない話でした。
スタートと同時にぴゅーっと行っちゃいましたよ。
なのでワタクシは計画通り、60ケイデンスキープに徹することにしました。
沢根を越して最初の登り坂 野坂 にていきなりマシントラブル。
フロントディレーラーが動かない・・・。
昨日計測チップ付ける時に嫌な予感がしたのですよね。

DSC_0067_20120520200135.jpg

フロントディレーラーを動かすワイヤーとフレームのすき間がカツカツなんすよ。
二見の公民館にトイレの幟が立っていたのでそこで止まって弄ってみましたがにっちもさっちも行きません。
コレには困りました。
なんせ18段の内 1~9段が使用不能。
今は良いけど、この先の達者から先、最北端跳坂… 運命やいかに。



閉店時間が来ましたので本日はココまで。



テーマ 自転車    ジャンル 趣味・実用


19
Category: 島発2等   Tags: ---

整いました。

DSC_0068.jpg

計測チップも付けたし、携帯食料に飲料水もオッケ~。
空気圧も確認したしウェストバックに入れる荷物。
いろんな場面を想定するとどんどん荷物が増えて行く(--;

さて最大の問題は明日の朝一番にウ●コが出るかだな~。

正直コレばっかりは自信が無い。
本番で行きたくないのですよね…。
汚れとか残り香とか…

以下省略。

テーマ 自転車    ジャンル 趣味・実用


19
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

いよいよ明日です。

天気よさそうです。
チャリに乗ると明日に影響しそうなので今朝は釣りに行ったのですが満員御礼。
そうか、今日休日だった。
なので釣りはやめて鳥見。
ちょっと来ない間に草ぼうぼうですわ。

ジッと待っていたらメジロの群れがやってきました。
この場所は静かに待っているとホントびっくりするくらい近くに寄ってくる。
眼の前1mにエナガがやってきたて、もしやBORGにとまるのではあるまいか、と思ったほど。
そんな状態だから、こちらも動けずただジッと眺める以外に仕様が無い。

それにしても晴れてくれないものだろうか。
雨が上がっただけでもありがたいのだけれど、暗くてシャッタースピードが稼げない。
シャッタースピードだけならまだいい方で日当たりが悪いところではオートフォーカスすら作動しない。
とはいえ、ここ、晴れていても自分が居る時間は陽が差し込まないのですよね…。


DSC_4044.jpg






テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


17
Category: 島発2等   Tags: ---

筆まめ

本日も朝からえっちらほっちら。
店を出て先ずは金丸線を通って真野へ。
沢崎までひとっ走り、と思ったのですが日曜日のロングライド、わたくしはBコースなので小木の三崎は走らない。
本番前の走行はおそらく今日が最後になるだろうから進路を佐和田方面に変更。
八幡辺りを走っているとなんだか今日は体調が悪い。
なんだろ、血圧でもおかしいんか??
ばったり倒れたりしないだろうな… と不安を感じながらロングライドスタート&フィニッシュ地点到着。
一先ずここで軽量化を図るべく便所へ。
気分が悪い理由がわかりました。
オーバークール。
腕もお腹もビックリするくらい冷たくて冷えきっている。
すぐに暖かくなるべ、とウインドブレーカーを着ずに走り始めたのは失敗でした。
そこから七浦海岸をHOTEL MANCHOまですすむ。
一応、記しておきますが万長さんは由緒正しきお宿です。
さてさて、ここから先に進むと帰路ラッシュアワーの国道を走らねばならなくなる。
それは避けたいので、Uターンして七浦海岸を戻って再び佐和田スタート地点。
カロリーメイトをかじりながら一休み。
トレンチコートに咥え煙草のおじさん、ハードボイルドのつもりか!?
だけどなんでズボンがムラサキのジャージなん????
理解に苦しむわ~、とゴーグル越しにマジマジと観察。
この時点で走行距離50km。
正直、まだ走り足りない。
でも交通量が増えてきてテンションが上がらない。
一番、交通量が少ないルートはどこかな~、と考えながらダイハツさんからオートバックス、伊藤建設、消防署、三宮、後山へとすすみ山道に。
一度、真野御陵橋まですすみ再びUターン。
飯持、栗野江、上新穂、田野沢、ここでトキ交流会館へと下り潟上から旭に抜けて本番前の練習終了。
本日の走行距離89km。

さてさて折角写真撮っているのだからたまにはプリントアウトしてみましょ、と年賀状以来使用していないインクジェットプリンターを起動。
何度やっても思い通りの色が出ない。
思うに黄色が弱い、たぶん劣化して変色している。
黄色のインクを買ってきて再び挑戦しましたが、やっぱり満足のいく発色ではない。
いっそ、全部買えたろか、むしろプリンターごと買い直すべか、と思ったけれど、ここはやはり冷静に。
変色しやすい赤系統を交換してみる事にした。
新品を取り出して納得。
フォトマゼンタだ~、赤系統じゃなく青紫に変色してむ。
コレを交換したら思い通りの色が出ました。
なんかこれだけで一日がかりでしたわ。
ということで、先日の飲み会で島外から来ていただいたお客様に一筆啓上仕り候。

DSC_0065_20120517171409.jpg

事務連絡しかよこさない彼にもCM見たよと送ってやるかな、オール直筆で。







15
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

飲みすぎまして気分が悪い・・・。

神話の国 宮崎から神様降臨したのですよ。
神様というくらいだから、おカミさんもご一緒に来島されたのですよ。
それに合わせて島外からも酒屋仲間なんかも集結しまして 「さろんどK」 で大宴会。

朝、目を覚ますなりカミさんに怒られました、いびきがうるさくて寝られんかったと(--;

二日酔いといいますか、まだバリバリ酔っている的方向。
正直運転はダメでしょ的方向。
でも仕事には行かなきゃ的方向。
なので交通量の少ない山側の道を行く的方向。

はい、シルエットですがあれは鷹でしょ。
オオタカほど大きくない。
ハイタカかな~。

カメラを向けて確認するとお腹に横斑。
ハイタカやな~~~、と思ったら喉元にレーシングストライプ。

オォォッ、サシバや!!

初めて見ました。

DSC_4009.jpg


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


14
Category: 島発2等   Tags: ---

えっちらほっちら

やっと晴れました。
夜明けとともに えっちらほっちら。
先ずは両津港へ向かいまして両津の野球場の前を通って小佐渡の麓を一気に真野湾まで。

IMGP1324_01.jpg

この橋の辺りがちょうど30km位。
次いで海岸線に下りまして今度は長浜を南に進み大立のバス停まで。
この辺りがたぶん小木までの道のりで一番高いところだともうのでここまでで十分。
ここで引き返し人面岩で一休み。

そして今度は八幡、窪田、沢根、二見と進み七浦海岸。
スコーンと抜けたいい天気。
E,E,E,気持ちE~♪
E,E,E,気持ちE~♪
E,E,E,気持ちE~♪
い~~~~♪
と忌野清志郎になりきって歌っちゃったら、もうこのまま大佐渡一周したい気分ですが、急いで戻らねば始業時間にに間に合いませぬ。
中山峠を越して戻ります。

いや~、交通量の多い国道は走りづらいわ~。
順調に予定通り進んでおりましたが残り5kmの金井泉地点で後輪がまさかのパンク。
国道の道際は小砂利多くて嫌な感じしてたんですよね。
ルート選択ミスですわ。

国道でパンク修理するのはちょい目立つので路地に入った所でチューブ交換。
実はチューブ交換も初めてなので正直不安でしたがそこはまぁ、バイクのタイヤ交換とかで苦労した過去の経験なんかが生きて思ったより簡単に復活。

このトラブルで始業時間12分遅れてしまいましたが本日85km無事完走。


と、いうことで今度の日曜日、スポニチ佐渡ロングライドBコース130km初参加です。
ホントは210kmに出たかったのですが初参加なもので参加資格を満たせませんでした。
でもまぁ、先日大佐渡一周した時に、去年の秋よりかなり筋力落ちちゃったことを実感し130kmでよかったかも…
というかそれも完走できるのか、なんて思う次第。
まぁ、えっちらほっちらマイペースでのんびり行きますわ。
ご一緒される皆さま、よろしくお願いします。

今日のトラブルも本番前にチューブ交換経験できて良かったッス。



テーマ 自転車    ジャンル 趣味・実用


13
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

三度目の調査

訪れるのは4回目になりますが、三回目は荒天につき入口までしかたどり着けませんでした。
前の二回は上流に向かって右側を行きましたが今回は上流に向かって左側。
狙いは一つ、とにかく猛禽。
それもまだ見ぬでっかいヤツ。

スニーカーで来たのは失敗でした。
道自体が沢になっていてビチョビチョ。
もっと歩かねばならないと思って来たのですが、意外にもあっさり最終地点に到着。
右側の道よりも全然楽ちん。
しかも沢に近い。

その短い道中で見つけられた猛禽は居たには居たのですが…

DSC_3980.jpg

ミサゴですね。
今回も大型猛禽はミサゴでした。
ペアでおりました。

DSC_3986.jpg

ついでに巣も見つけちゃいました。

DSC_3987.jpg

前回ワタクシが見つけた巣とは違いますね。
ついでに、こちらは何の巣か確認できませんでしたがもう一つ発見。

DSC_3989.jpg

この川で確認した猛禽の巣は3つ目。
いづれもミサゴより大きな謎の猛禽の巣ではなさそう。(内一つはミサゴの巣と本日確認)
今回も空振りに終わりました。








10
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

寝ました。

釣りバカ日誌を見ていたのですが10時くらいまでは記憶があるのですが、その辺で堕ちました。
早起きばかりしているのでやはり10時位が限界。

5時頃一度目が覚めましたが天気予報が曇り時々雨なので今日はもう出動せずに二度寝を決め込む。

ハヤブサにも少々飽きたので去年の今頃は何を撮っていたのだろうと確認してみました。
昨年の5月9日。

一筆啓上ホオジロさん

DSC_4530.jpg

たしかコチドリ撮りに行ったんですよね。
と、いうことでコチドリ。

DSC_4536.jpg

ワタクシのお気に入りのコチドリポイントは先日から工事が始まってダンプが出入りしています。
始めるならもっと早くから工事を始めればよかったのに…。
たまご産んじゃってから始めちゃったからかなりつぶされちゃっただろうな。

海岸線から山に入り、はじめて見たオオルリ。

DSC_4538_20120510114755.jpg

手前の枝にピンを取られて泣いたんだよな~。


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


09
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

新緑萌ゆ

昨日、チャリで大佐渡一周したせいで今日はもう体バキバキ。
やはり筋肉すっかり落ちちゃったところに無茶をし過ぎたようです。

昔、ワタクシが作った皿を買った方がお越しになって、
あの皿と同じものが欲しいというのだけれど残念ながら作り置きはない。
技術的にも難しい皿ではないのですが、佐渡市が技能伝承館の夜の一般解放をしてくれないので、以来、陶芸は出来なくなりました。
でも佐渡市は 激・生涯学習推進中… だと思うよ、知らんけも。


DSC_3843_02.jpg


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


08
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

えっちらくたくた。

えっちらほっちら、中山通って七浦をショートカットし今年初の大佐渡一周。
Zと言われる跳坂、難所難所、なんていうのはメディアだけで実際登ってみると呆気なく終わっちゃうのですよね。
大した坂とは認識していない大野亀のカーブの所の方がよっぽどシンドイ。
外海府までは順調だったのですが内海府に入った途端、強烈な向かい風で全然スピードがのらない。
80kmを越した辺りから疲れが出始め、左ひざが痛くなっちゃった。
さらに一部舗装し直しのため砂利道・・・。
膝の痛みも限界で100km地点で休憩。
もう心折れそう。
まぁ折れたところで誰が助けてくれる訳でもなく進むしかないのですがね。
通行量が多い国道は怖いので加茂湖沿い佐渡空港方面に進入し、へろへろのクタクタになりながらも110km無事完走しまひた…。


DSC_3805.jpg

写真は全然関係ないけどねw





テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


08
Category: 島発2等   Tags: ---

生えっち…


えっちらほっちら、現在52.4キロ地点
これからZ上りまーす。


07
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

何だ!!?

今日の獲物はでかいぞ!

足が黄色い鳥… カッコウ? それともシギ??
どっちとも違うような気がする。
わかりません(><;

DSC_3727_01.jpg

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


06
Category: 島発2等   Tags: ---

フラれました。

昨夜は囲炉裏に火を入れて会長!からもらったワラサを焼いた。
それこそ飲み会をやりたがっている某氏でも誘おうかともったけれど、某氏がやりたいのは大規模宴会でこうしたこじんまりしたものではない。
それでも誘えばくるのかもしれんけれど、どうやら酒を飲むのに理由が必要らしいのでただ飲みましょう、では上手くない。
さてどうしようか、と考えているうちに時も過ぎ結局独り酒。
囲炉裏の傍にはテレビもない。
無音で火を眺めながら黙々と酒を飲んでいるとどうにもネガティブになってくるのでラジオを点けた。
NHKFMでコミックソング紅白をやっていてコレを聞きながら飲んだ。
これまた会長!から頂いたヤリイカ。
刺身で喰うのも少々飽きたので焙って喰っていたけれど、なんだかパリッとした食感の物が喰いたくなって塩擦りしたキュウリに味噌を付けてポリポリとかじる。
真稜純米生を3合も飲んだだろうか。
独りで飲むには少々飲み過ぎた。

煙で燻されているだろうからシャワーを浴びて布団にもぐりこんだ。

朝5時半。
外を見ると路面が乾いていた。
コレは動かねばなるまいとそそくさと準備を始め、6時チャリで両津方面スタート。
両津港についたころ雲行きが怪しくなってきた。
マズイな…。
不本意だけれど戻った方が賢明。
しかし来た道を戻るのもツマラナイので南線に入ったけれど越戸橋でついに降りはじめた。
路面がウェットになる前に急がねば、とスピードアップしたけれど潟上でついに本降り。
雷も鳴りだしてちょ~ビビりまくり。
ずぶ濡れになりながらも、なんとか無事帰還。
本日はたったの22kmしか走れませんでした。

IMGP1319_01.jpg

でもまぁ雷に打たれなくてよかった。
目の前にバンバン稲妻が走って、遠いとはいえマジで怖かったッス。



05
Category: 島発2等   Tags: ---

真更川

shirota氏のお誘いで外海府で一泊、早朝から山歩きでもしませんかとお誘いを頂いたのですが連休は稼ぎ時、休んでいる場合でない。
華氏も参加で浄蓮坊川上流域でも入ろうかと。
一人では行き方もわからない。
山歩きのガイドをしてもらえる機会も早々ない。
5日の午前中だけお休みを頂いて行ってこようかと。

しかし雨ですわ。
こんな天気では散策もできんな。
出来たとしてもワタクシの BORG には光量不足。

朝5時、真更川に到着しました。
華氏に電話すると案の定、爆睡状態で

「もにゅもにゅ、おあおうございます・・・。」

何時ころから動く予定?ときいたら

「朝飯は8時だそうです・・・。」

よくわからないけれど朝飯が8時だということは動き出すのは9時過ぎか。
どうやら早朝という時間に大きく個人差があったようだw

来る途中、あまりに暗くて確認できなかったけれどムクドリ大の背中がカーキでお腹が白い見たこともない鳥が道路にとまっていたのでまた見る事は出来ないかと戻ってみたのですが、そうそう上手く行くはずもなく、林道に入ってみたけれど、こちらは荒れ放題で進むことを断念。
一旦引き返し、今度は用水路沿いに入ってみたのですが、車が入れる事は入れるのですが途中から砂利道に変わって、この先どうなっているかわからない状態で進むのも危険。
一旦引き返しどこかに車を乗り捨てる場所は無いかと探したのですが田植えのこの時季、下手な所に止める訳にも行かず、ここも断念。
桜のトンネルをくぐり願に下りてどこか釣りでもできそうな場所は無いかと思ったけれど波も高い。
大野亀を眺めているとハヤブサがやってきて崖とかぶった時に見失ってしまったのでその辺りにとまっているのではないかと探してみましたが発見できず。

未だ行ったことがないので真更川の漁港へでも行ってみる事にしました。

DSC_0046_20120505140521.jpg

DSC_0048_20120505140520.jpg

DSC_0049_20120505140519.jpg

こうにごりが強くちゃなぁと思いながらも、一応、追い風に載せて投げてみました。
やっぱりきませんわ。
きませんわという前に、足場が高くて沖目でしかルアーが泳がん…
つーか、もしも釣れちゃったらタモも持たずに大変な事になってしまうのですけどね。

DSC_0051_20120505140518.jpg

木造和船ってのはかっこいいですね~。
このシュッとしたラインが超セクシー。
だけどもう作る職人さんも居ないんだろうな。

DSC_0053_20120505140517.jpg

DSC_0054_20120505140516.jpg

DSC_0055_20120505151146.jpg

9時頃、再び大野亀に戻る。
いつもなら撤収する時間。
すっかり待ちくたびれて、観光客が続々とやってくるものだから休んでる場合でないんでないかい??
という気持ちになり、結局 shirota・華氏と合流することなく戻ってきちゃったのでございました。









05
Category: BORG/機材   Tags: ---

HT-2 【5557】

半手持ちスタイルには欠かせないY字ホルダーHT-2【5557】

マンフロットの三脚は持っているのですが重い。
車を下りて撮影ポイントまで歩かねばならないとかなりの荷物。
正直、しっかり固定する必要のない半手持ちならばコンデジ用の華奢な三脚で十分ではあるまいか。
それならば山道でもさほどストレスにはならない。
ここにY字ホルダーを付ければいいじゃん。
と、ヒップサポートHP-1のY次の部分を外してみたらネジ穴の径が全然違った。

3000円に送料と代引き手数料…

つ~か、こんなん作れんじゃね?
と、ホームセンターに行ってきました。

IMGP1307_01.jpg

切って穴開けてねじ切って~

IMGP1308_01.jpg

曲げて~

IMGP1309_01.jpg

IMGP1310_01.jpg

角を落として~

IMGP1311_01.jpg

家具と床の間に挟むフェルト貼って~完成。

IMGP1312_01.jpg

穴は曲げてから開けた方がよいですね。
先にあけると曲げる時に穴の分だけ弱くなっているのでそっちが曲がっちゃいます。

アルミ平角棒 200円
フェルト 99円

作業時間小一時間、総額299円で2ヶ作れましたv(^-^
ってことは149円50銭(^^A
2ヶも要らんけど、まぁ持っていても邪魔にゃならんし予備やね。


IMGP1313_01.jpg






04
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

イライラしますね。

当初の予報では雨は昨日一日だけだったのに今日も雨。
おまけに明日も雨っぽい。
まるで梅雨入り。

昨日も鮨のお誘いがありまして、んじゃまぁ鮨屋さんに聞いてみますわという展開になったのですが連休中は予約でいっぱいでアウト。

雨が降るなら降るで、スズキでも釣りに行くべ~、ってくらい降ればそれもまたよし。
このくらいの中途半端が一番嫌い。

写真もないのでこれの続きでも載せておきます。

DSC_3183.jpg

DSC_3194.jpg

DSC_3195.jpg

DSC_3196.jpg

DSC_3197.jpg


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


03
Category: お酒   Tags: ---

独り飲み

飲み会をやろう、飲み会をやろうととある御仁が言うのです。
やるのは良いけれど場所がウチとなるとちょいと厄介。
飲むのはいいけれど寝具も揃っていないところで雑魚寝するにはやっぱりまだ寒い。
加えて何気に今月は超多忙。
飲み会となれば二日酔いで翌日は廃人確実。
その辺をうまくやりながら飲める程人間が出来ていない。

と、いうことで当初2日の夜と言われておりましたが断りました。
3日は早朝からえっちらほっちら命燃やしてチャリに乗ると決めていたもので。

ところが3日は雨の予報。
連休で釣り場も人でいっぱいだろうし、雨ではカメラも出せないから鳥見にもいけない。
ぽっかりと穴があいてしまった。
そんな時でした。
さらにとある御仁から入電。
「鮨とか喰いたくないですか。」
と鮨屋のお誘い。
渡りに船か、鮨は喰いたい。
だけどいつもの寿司屋さんは本日休業。
この話も流れてしまった。

今夜どうすんべ~、と思いながらも今日中にやらねばならない仕事をガチャガチャとやっておりまして片付いたのが9時半。
もう飲み会云々とか言ってる時間で無い。
どっちにしても飲み会やってる余裕なかったということですね。

もうすぐ今日が終わる~、もうすぐ今日が終わる~♪
かけがえのない時間を胸に刻み込んだかい♪
と かりゆし の おわりはじまり を口ずさみながら今夜の肴を準備。

烏賊刺しとわかめ。
自分ひとりなので盛り付けも気取らず、醤油皿も使わず直掛け。

IMGP1303_01.jpg

酒はマイタさんに頂いてうっかり冷蔵庫で眠らせていた〆張鶴。
ヒネもせず味わい深くいい感じですが、まだまだ熟成する伸びしろを感じます。
先日手に入れた アルファB-15C と ヒューストンB-15B を並べて眺めながら飲む酒。

IMGP1304_01.jpg

同じだ、似たようなモノ、というのは野暮天。
わかる人にしかわからない数寄ものの世界。
とは言え、このところ朝が早かった分、10時には寝ていましたもので、わずか300mlを飲みきる前に寝てしまっておりました。

いつも通り4時半には一度目が覚めたけれど予報通りの雨。
朝7時まで寝たのもいつ以来だ、というほど久々にゆっくり休みました。



 




テーマ 日本酒    ジャンル グルメ



11
12
16
18
28

top bottom