奇楽庵

毎日がとろけるスピード


In 04 2012

30
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

やっぱりね。

考えてみますと四月はほぼ毎日釣りに出ていた訳ですよ。
フグしか釣っていませんけどね。
今日もえっちらほっちらチャリに乗ろうかと思ったのですが、朝の気分で進路は釣り場へ。
でもね、やっぱりね、釣り場は人でいっぱいでした。
休日だしね。
結局釣り竿を出すことなく鳥見へ変更ですわ。

近くでなんか鳴いてる。
探してみるとスズメ大の小さいとりが居ました、居たけどなんすかコレ???

DSC_3583_01.jpg

残念ながらピンボケですが判別は可能なレベル。
図鑑めくって検証した結果、キビタキのメスが一番近いような気がするのだけれど… ん~~~わかりません。


スポンサーサイト

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


29
Category: フライトジャケット・ミリタリー   Tags: ---

B-15C ALPHA

何を隠そうワタクシは…、いや全然隠してはいないけれどアルファ社のフライトジャケットが大っ嫌い。
今のロゴに変わってから作りがあまくなった。
となるといいかげんな作り、っぽく聞こえてしまうけれど決してそういう意味ではない。
なんつーかその~、シルエットがゆるいんですよね。
中古なら着潰しにいいかな、って感じで新品なら絶対買わない。

リサイクルショップにバックを見にったのですが、まぁお目当てのバックはあるにはあったのだけれど好みの色で無い上にごっついシミが二か所で1050円。
この半額なら買いだけどなぁ… と考えつつ店内物色すると一着のフライトジャケットが目に入りました。
アルファのB-15Cじゃん。
サイズもぴったり。
染み破れあり、とあるけれど自分好みのヤレっぷり。
この程度なら全然気にしません。
お値段2100円。
バックは買わずにこっち買って帰ってきましたよ、モンローウォークで。

DSC_0044_20120429152442.jpg



29
Category: 島発2等   Tags: ---

えっちらほっちら

本日は6時過ぎ、昨日より遅いスタート。
今日はカメラバックに一眼を入れて出発したのですが、やっぱりバックが背中でキープできずずり落ちてくる。
やっぱザックタイプじゃないとダメですね。

自宅に財布やら免許やら入ったポーチを忘れていた事に気づき、一旦チャリで自宅へ帰宅。
それから今日は七浦海岸へ。

DSC_0034_20120429120211.jpg

べったべたの鏡凪でございますなぁ。
昨日よりペースを上げて行こうと思っていたのですが、昨日の疲れもあって今日の方がシンドイ。
えっちらほっちら昨日のペースを維持するのが精一杯ですわ。
夫婦岩を越した辺りでビガちんとすれ違ったけれど、さすがにメットにゴーグルしてると気が付きませんね。
今日の引き返しポイントは藻浦崎。
そこから先は矢柄まで平坦な道なので引き返し辛い。
やっぱ引き返すなら藻浦崎の公園で一休みしてからやな、と思っておりましたが残念ながら達者手前でタイムアップ。

DSC_0036_20120429120211.jpg

ここにて引き返し。
相川の町で信号に捕まるのが嫌で路地を曲がって街中へ。
風情のある細い道にスイスイ入っていけるのもチャリの特権。

DSC_0039_20120429120210.jpg

帰りは七浦ではなく中山峠をショートカットして本日の走行距離は 55kmで終了。


29
Category: 島発2等   Tags: ---

春のパスタ

竹の子と行者ニンニクと木の芽のパスタ。

DSC_0032_20120429113722.jpg

ここんところご飯にふりかけとか、カレーとか、インスタントラーメンばかりで、久々に料理っぽいことしたなと思った昨日の昼飯。


テーマ 今日のランチ!    ジャンル グルメ


28
Category: 島発2等   Tags: ---

えっちらほっちら

気が付けばゴールデンウィーク突入ですわ。
それまでにもう一本釣りたかったのですがね~。
ワタクシは基本的に休日には釣りに出ません。
人が多いしね~、場所争いみたいな釣りは嫌なんす。
釣りに行かなければ、鳥見も出ない訳ですよ。
出てもいいけどここの所ガソリン使い過ぎだしね。
って事で、ガッツリ酒でも飲もうよ、という気持ちも抑えていつも通りの晩酌。

本日は5時に起床しサイクリング。
化石燃料焚かずに風と友達。

と言っても今年初乗りなので慣らしがてら、写真でも撮ってのんびり行くつもり。
先ずは両津港まで。
昔の佐渡汽船の所の建物なくなって更地になったんですね。
しばらく来ていなかったので全然知りませんでした。
写真でもと思ったのですがいったん走り出すとちょこちょことまるの嫌になっちゃうのですよねw

なんちゃら富士ってあちこちにありますが、佐渡で言うならやっぱここでしょうか。

IMGP1286_01.jpg

ウッガーズィーン、宇賀神さん。
ちょいと到着するのが遅かったけれどダイヤモンドウッガズィーン。

IMGP1287_01.jpg

ってことで、どことも決めずに進みだしたサイクリングでしたが東海岸線に突入。
見慣れた金北山もこっちからだと全く違う山に見えます。

IMGP1288_01.jpg

大川の見返り峠の桜。
逆光じゃなければ赤い橋といい感じの絵になりそうなんですがね。
朝のこの時間ではしょうがないですね。

IMGP1289_01.jpg

IMGP1290_01.jpg


はい、風島弁天に到着です。

IMGP1291_01.jpg

ここから先に進むと引き返すのが嫌になって小佐渡一周せざる得なくなっちゃう。
まぁ、それもかまわんけど始業時間に間に合わんのでここにて引き返し。

IMGP1293_01.jpg

上新穂で見慣れた姿の金北山を眺め、ちょこっと脇にそれて清水寺へ。

IMGP1298_01.jpg

一番奥の櫻と杉並木を撮りたかったけれどコンデジでは無理っす。
櫻は白潰れですね。
で、小佐渡の麓を真野湾まで突っ切りました。
旧真野温泉の上の橋から真野湾… ではなくやっぱ金北山。

IMGP1300_01.jpg

櫻がきれいだったもので・・・。
さぁそろそろ時間がございません、帰路につかねば。
真野公園方面に下りまして国分寺方向。
妙宣寺の五重塔。

IMGP1302_01.jpg

えっちらほっちら3時間40分かけて74.3km。
久々なので膝やお尻が痛くなるかと思ったのですが、予想に反してキタのは腹筋の方でした。

やっぱ一眼持ち歩きたくなりますね~。
でもチャリにゃ結構な荷物になるんだよなぁ…。









27
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

やっと一息

雨ですわ。
波もちょっとありますわ。
やっと休めますわ。

このところ何かにとり憑かれたように4時、5時には布団を抜けだしフィールドに出掛ける毎日。
さすがに疲れがたまって午後には ぼぇ~、夕方にはフラフラ。
目覚ましも掛けずに良く起きられるものだ。
今日はフィールドを気にせずゆっくりと休みました。
休みましたが、それでもやっぱり6時には目が覚めちゃって退屈。
雨も降っていないのでチャリにでも乗ろうかと思ったのですが路面がウェット。
結局、以前から近いうちに行かねばならんな、と思っていた場所に遠征。

去年の場所には営巣していませんでした。
1km先まで徒歩にて調査。
今回は空振ったかと思ったけれど戻りの道で発見。

一旦車まで戻って態勢を整え今度は別ルートから再調査。
行動から考えて大よその場所は目星がついた。
ホレ、居ましたよ。
シャッタースピードが1/60秒しか稼げなかったので流し撮りになっちゃいました、その前にピンとれてねぇですけど・・・。

DSC_3540.jpg

DSC_3554.jpg

どうやらこの辺りに営巣しているようですが、今年は見えそうにないッスね。




そこにブラがあるか確認してください、と会長!に頼まれておりましたがノーブラでしたよ。

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


26
Category: 島発2等   Tags: ---

夜桜

待ち時間の暇つぶしに真野公園で夜桜を撮りにいきました。

DSC_3434.jpg

DSC_3442.jpg

DSC_3408.jpg

DSC_3407.jpg

真野公園はやっぱここが一番しっくりくるんだよなぁ、と結局去年と同じアングル…。
花だけじゃどうしてもまとまらんのですよね。
陰陽揃う場所はやっぱここだよな~。


テーマ    ジャンル 写真


25
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

ぎゃーん

ついにヘビが出た(>_<;
山歩きは良いけれどヘビとハチが怖い。

アンブッシュで音もなく忍び寄られて、気づいたらヘビのすぐそばとか枝からボトッと落ちてきら

ひぃぃぃぃ・・・

って逃げ出しますわ。


本格的にアンブッシュをしてみたら驚くほど近くまで鳥がやってくるもので、一番驚いたのは目の前にハイタカがやってきた。
すぐに飛び去ったのと枝が密集し過ぎて撮影は出来ませんでしたがちょいと感動しました。
カワラヒワ、イソヒヨドリ、エナガ、シジュウカラ、ヒヨドリ… これらは逆に近過ぎて撮影不可という有様。
結局撮影できたのは逆光側の少し離れた木にとまったアカゲラだけでした(^^;

DSC_3373.jpg

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


25
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

1/60

ガスが掛かって視界が悪い。
ISO2500まで引っ張って稼げるシャッタースピードはたったの1/60秒。
それでもいい方で1/40秒もざら。
わずかなブレも大きく影響する超望遠の世界ではかなりのスローシャッター。
こんな日は特に高感度に強いカメラがうらやましくてならない。

メスの食事を撮ろうとしたらオスに気づかれてけたたましく鳴きながら頭上旋回される。
木陰でジッと木になりきる。
メスの方はワタクシに気づいていないけれどオスの警戒行動をみて別の場所に飛んで行った。
それを見てやっとオスも100mほど先の木にとまった。
ちょっと甘く見過ぎた、大失態だった。

撤収時間になって片づけて立ちあがると軽トラのおっちゃんがジッとこっちを見ていた。
あちゃ~、これは山菜盗りと思われてしまったか。
でもまぁ山菜は一切採っていないので、今後のためにもやはりここはきちんと事情を説明しておこうとそっちに向かって歩いていくと

逃げられました(--;

説明させてくださいよ…。


斜面を下りてゆくと下から腰の曲がったばあちゃんが杖をつきながら登ってきた。
その姿が実に絵になるのですが、それを切り取るレンズを付けていない。
おはようございます、と挨拶をしたら

「どこから来た?」

今日は佐和田から来ました。
ここんところ鳥を見にちょくちょく寄らせてもろぅとんですわ。

と伝えたら、
「おぉ、ニュースでもやっとるなぁ。」
と朱鷺のひな誕生の話。
それはいいけれど腰を伸ばしたばあちゃん、のけぞってヨロヨロとひっくり返りそうになったものだからワタクシも肝を冷やしました。
ここで転んだら一番下まで転がり落ちるような登坂角。
ワタクシさえ途中休憩したくなるような坂道。
お年寄りには正直きびしい。
上の畑に花でも咲いてないかと登っているのだけれど、手押し車を引いてあっちに行けばいいのだけれど遠いものだからここを登っているとのこと。
たしかに急な登坂角とはいえここなら数百メートル。
車も通れるあの道を行けば2キロも歩かねばならないもんなぁ。
きれいに年輪を重ねたような皺くちゃのかわいらしいばあちゃんに
「気ぃつけて行ってくらさい。」
と見送ってワタクシは仕事に向かったのでございました。

DSC_3348_01.jpg





テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


24
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

連れて行けよ。

仕事で朱鷺にかかわる方が、朱鷺の写真くれ~、朱鷺の写真くれ~、というので
そんなん、巣の側に連れていってくれたらなんぼでも撮ってやるがな、と言ったのですが
昔のでいいから くれ~、くれ~ と繰り返すばかり。
アナタ、朱鷺関連の仕事もしてるし、カメラも持ってんだから自分で撮りなさいよ(--;

報道では巣立ちまでが正念場みたいに言ってますが危険なのは巣立った直後だよなぁ。
猛禽の若鳥だってその時が一番危ない。
まだまだ浮かれている段階ではありませんが、この一報が届くまでが予想以上に険しい道のりでしたからね。
それはそれでやっぱ酒でも飲まんならんな。
コレはけじめだからしょうがない、うんうん。

そんなこんなでここんところ朱鷺の居そうな場所には近づいていないし、雛の写真撮って来いとか無茶ぶりはしないように!

それよりも、野生ひな誕生のインタビューに答える女性が友人のカミさんだった、その事の方がアタシにゃニュースでしたわ。
ニュースの度に流されて朝から何べん見たことかw



そんなわけでバーンと朱鷺の写真でも載せると期待している人もいるかもしれませんが、撮っていないので写真もねぇんだよな~。

DSC_3159.jpg



テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


23
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

山歩き

まだところどころ雪が残っていたあの頃とは山の様子ががらりと変わった。
それでもまだ木漏れ日の中で雪割草が咲いておりました。

DSC_0008_20120423100833.jpg

ところどころアマドコロが生えているのだけれど、たくさんではないのでそのまま通り過ぎる。
カーブを過ぎると視界が開ける。
大型の猛禽が2羽飛び立ちすぐに谷間に消えていった。
枝越しなので言いきれないけれどたぶんミサゴ。

DSC_0011_20120423100832.jpg

猛禽の巣があるけれど真下から見上げるしかなく営巣しているかはわからない。
見た感じ今はもう使われていない様な気がする。

眼下に見ていた沢が次第に近くなり、ついには沢沿いに歩くようになる。
腰のあたりが白いハトクラスの鳥が対岸の木のてっぺんにとまったけれどすぐに飛び去ってしまったので確認できず。
株から少しずつこごみを分けてもらい帰路に就く。
小鳥はジッとしていないのでその姿をファインダーに収めるのは容易なことではないのであまり見ないのですが、何気なしに確認した鳥に驚いた。



DSC_3332_01.jpg

DSC_3333_01.jpg

オオルリや~。
残念ながら暗いので青い発色がイマイチですが、夏鳥がもうこんなところに到着しているとはね~。


さて仕事に行かねば、と車を走らせていたらもう一つ巣を見つけました。

DSC_3335.jpg

ここも留守のようですが、すぐそこにトビが居たからたぶんトビの巣なのでしょう。
もうじっくり観察している余裕はないのでこの写真を撮って仕事に向かったのでございました。





テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


22
Category: 島発2等   Tags: ---

賽の河原をたずねて願へ

約ひと月ぶりに願集落にやってきました。
華氏のブログで爆弾低気圧の影響でひどいことになっていると知りましたので今回は BORG+D300 の他にD60の二台体制。
と言っても70-300mmしかもっていないのでやっぱり部分だけで全体は写せんのですけど…。

DSC_0012_20120422121936.jpg

かつて扇岩があった場所にあるお堂を覗くとやっぱり動いていました… 招き猫。

DSC_0013_20120422121936.jpg

あれからひと月経つというのに…
電池で動いているのけ?
そんなにもつもんなのか??
それともやっぱ超常現象!!?

賽の河原に到着。
ワタクシの第一印象は ひどい というものではなく、むしろよくこれだけ残ったな… でした。
なんせ黒鯛やキジハタが打ち上がった、というほどの大波と43.5mという強風でしたからね。

DSC_0014_20120422122843.jpg

屋根つきの賽銭箱だったのですが…
よく流されなかったな、というのが正直な感想。

DSC_0015_20120422122842.jpg

DSC_0016_20120422122841.jpg

DSC_0017_20120422122840.jpg

ここから二つ亀までは通行止め。
遊歩道がめくれ上がって上の方に押し流されておりました。

DSC_0022_20120422122839.jpg

もちろん構わず進みましたよ。
原風景の海岸に戻っただけですから。

DSC_0021_20120422122839.jpg

無くなったのはたったこれだけの部分。
遊歩道に関しては金掛けて直す必要は無いように思います。
ひと月前ハヤブサが居た木が無くなっていました。
スゲェ風でしたからね。

DSC_0018_20120422125424.jpg

この岩、地図などには名前が載っていませんが shirotaさん曰く
「江戸時代の文献には蝋燭岩とある。」
のだそうです。
江戸時代の文献… この人の資料はほんとスゲェな。

DSC_0020_20120422125423.jpg

ですが、立ち去りる際振り返ってみましたらコレって… 
賽の河原の門みたいな岩とで夫婦岩じゃん、な~んて思っちゃったのでございました。

DSC_0024_20120422125422.jpg




















テーマ お散歩カメラ    ジャンル 写真


21
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

ホオジロ

以前は青い空がバックだったらなぁ、と思ったものですが、最近は背景が青空ではツマランように感じるようになったのも年のせいでしょうか。

DSC_3326_01.jpg

DSC_3325_01.jpg

飛びモノでも背景に木がある方がメリハリがはっきりしてよい。
だけど背景に抜けてしまうこともあるので撮影自体は難しくなります。

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


20
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

タゲリ

風もなくポカポカ陽気。
こんな日はハヤブサも見張り台でジッとしたまま。
コレではこちらのテンションも保てない。
この時季、最初の情報は耳から入ってきますので眼を離していてもさほど問題無い。
ウグイス・ホウジロ・シジュウカラのさえずり。
落ち葉や枯草の香りが何ともいえず心地よい。
結局カメラを構えたまま小一時間寝ていました。
確認したらオスメス同じところにいたまま動きなし。
あえて言うならオスがこっちに背中を向けただけ。
まぁこんな日もあるさ。


って事で3月29日タゲリの行水。

DSC_2741.jpg

DSC_2793.jpg




テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


19
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

リトライ

最近妙に気になる言葉 「リベンジ」
なにに報復・復讐しようというのかさっぱり理解できないけれど結構笑顔で使っちゃってる。
笑顔で口にする言葉でねーべさ、と独りテレビにツッコミを入れてしまうのです・・・、半笑いで。
多くの場合、仕切り直して再挑戦といった意味合いで使っちゃってる。

と、いうことでワタクシはリトライです。
いろいろな情報が凝縮されておりますものでここしかお見せできませんが、完全にロックオンされちゃったのです。

DSC_3170_02.jpg

この距離でその位置から見えたとしても、帽子とレンズだけのハズ。
なのに明らかにこっちを警戒している。
オカシイ…。
一旦死角まで後退。
どう見えているのか、コンデジで自分撮り。

IMGP1256_01.jpg

ピクセルデザートの帽子が全く背景に溶け込んでいない。
まだ枯草が多いからこっちの方がよいかと思ったのだけれど完全に選択ミス。
急遽 「ATフィールド全開!」 とブラインドネットをかぶる。
持ってきてよかったATフィールド。
するとハヤブサが確認に来ました。

DSC_3183.jpg


いつも見ているブロガーさんはトビに襲われて頭から流血していましたからね。
ハヤブサのあのスピードとあの足で襲われたらたまらん。
どうやら害なしと認めていただいたようですぐに視線をそらししばらくすると飛び去った。

本日は最初からATフィールド全開。

IMGP1268_01.jpg

実はこの迷彩ネット持ってはいたもののいまだ一度も使ったことが無かったんですよね。
普段行き当たりばったりでアンブッシュ・待ち伏せはしないものですから。
昨日使ってみたら思いのほか中からの視界もよく、迷彩効果抜群だった。
かぶったまま移動するとイバラの刺とかに引っ掛かるのが難点。


そんなこんなでリトライ成功!

DSC_3253.jpg



テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


18
Category: 島発2等   Tags: ---

NEVER

店先にとまった車から降りてきたのは会長!。
ハッチバックを開けて大きなクーラーボックスを下ろしているので、また何を釣ってきたものだと思ったらクーラーボックスの中はあふれ出さんばかりのナガモ(アカモク)。
好きなだけ取りやがれ、と言わんばかりの状態。

台所から一番大きな鍋を持ってきて一本だけ引っ張り上げた。
案の定、ゾロゾロゾロとついてきて一本だけで鍋からあふれださんばかり。
ナガモと言われるだけのことはある。

このナガモ、時期やその年によってかなりバラつきがあって粘ってナンボ。
粘らなければ美味くもなんともないのです。
頂いたナガモを茹でて驚いた。

粘り過ぎ・・・。

刻んでラーメンなり、蕎麦なりにトッピングしようものなら粘々に汁がすべて吸われてあんかけ状態(マジで)。
こんなのがたくさんあったらステキな女性と湯船に浸かりたいくらいのヌルヌルですわ。
ワタクシが頂いてもまだまだいっぱいのナガモを会長!はどのように使ったものでしょうね。
いや~、ごっつぁんでした。

DSC_0001.jpg




テーマ 今日のランチ!    ジャンル グルメ


18
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

んん~、どちらかというと・・・

距離としては近過ぎるほど最高のポジションなのです。
そしてワタクシも初めて見る契りなのです。

DSC_3133_20120418105643.jpg

DSC_3134_20120418105643.jpg

DSC_3135_20120418105642.jpg

DSC_3139_20120418105641.jpg

DSC_3147_20120418105640.jpg

み、見えない・・・。
どちらかと言いますと・・・ やっぱガッカリ。
ですが爪で傷つけないように指を折りたたむのは見てとれます。

しかしなんですな、事が終わって飛び去るオスがバカっぽく見えるのはなぜだろう。
恋する男の舞い上がりようって奴は人間も動物も一緒ですねw
ありゃ絶対ウルフルズのバンザイ歌いながら飛んでるわ、って感じで飛び去って行きました。

今日こういう展開だとわかっているのなら下から見上げる位置で待機したのですがね~。
どこに陣取るかってのはホント賭けだよな~。




テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


17
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

後半バッサリ消えた・・・。

先ほどアップした 「火事?」 久々に文章もしっかり書いたのに途中でバッサリ消えちゃってる・・・ なんで???
アップして確認した時は確かにあったのに・・・。

DSC_3057.jpg

DSC_3058.jpg

DSC_3062.jpg

DSC_3072.jpg

DSC_3086.jpg

DSC_3087_01.jpg

残念ですが消えた文章を書きなおす気力はもうありません。
写真だけアップしておきます。


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


17
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

火事?

夕方のラッシュアワー、遠くから消防車のサイレンが聞こえる。
火事か?
それとも野焼きで焼き過ぎちゃったか?
サイレンは次第に近づいてきて両津方面に向かうのか?
いやいや鐘を鳴らしている、近いな… 外に出て確認。
辺りに煙は見えない。
消防車が見えた、と思ったら… 停まっちまったよ(@_@;
え? なによ? どこよ? 火事なの??
ご近所で要請したようですが、遠目に見た感じ軽いボヤ程度だったのか、煙も出ていないし消防隊も一時間ほどで撤収したから大したことはなかったのでしょう。

そう言えばもう10年くらい前かと思うのですが、同じように消防車がサイレン鳴らして走ってきてウチの前で止まったのですよ。
消防隊員が掛け込んで来て
「●●さんってどこですか??」
と聞くのです。
サイレン鳴らしてきてウチの前に集結されたものだからこっちもアワ喰って
「え?○○さん??? どこだっけ?」
ほんの数件離れただけなのにど忘れ。
結局、その時はちょっとおボケになられたおかあさんがなんか見ちゃったみたいで幸い何事もなかったのですが、ウチは関係ないのにウチが火を出したと誤解されて一日中電話鳴りまくり。
店の前に集結した野次馬はウチは何ともなっていないのを確認すると今度は裏の金鶴が火を出したらしい、と話しだす始末。
なんだかな~、みんな勝手な事言っちゃって… と思ったのですがその野次馬の中に金鶴の社長も居たんだよな~。
突っ立てないでそっちの火は社長自ら消しておくれよ、と思ったものです。



さてさて、朝もはよから釣りに出て投げても投げてもグラスリバーぴっぐ。
クサフグの猛攻にうんざり。
ワタクシの背後から突っ込んできて水面近くの低空飛行で何かが駆け抜けた。
翼の形からしてシギ??
と思って眺めていると一気に急上昇して小鳥に襲いかかる。
うおぉぉぉ、ハヤブサや…。
カメラ、カメラ、と思ったけれど小雨。
出しても光量も足りんし、今日は眺めるだけ。
釣りをしながら眺めていると何度か姿を現してはあっちの陰に消える。
釣りはやめてあっちに行ってみる。

居そうな場所には見当たらない。
見当たらないのだけれど、どこからか明らかにハヤブサの鳴き声がする。
もしかして真上??
と、ちょっと離れてみたらやっぱすぐそこにいた。

DSC_3057.jpg

こういうアングルにワタクシはもう飽きちゃったので離れるけれど移動しました。
海抜30mの位置。
50mのラインはすでに

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


16
Category: DIY   Tags: ---

らりっぽ

お知らせ

DSC_0024_20120416191655.jpg

ワカメひらひら春ですなぁ。
長く厳しい冬でございました。
春の晴れ間もまた貴重なので朝から外仕事。
店の戸の下部分だけ防腐塗装。
やはり風が吹くと直接雨が当たるので痛みもはげしい。
下部分だけ金だわしでゴシゴシ。
残った前の塗装をはがして防腐塗料塗りました。

DSC_0026_01.jpg

なぜ下だけなのか。
だって外して全面塗ったら乾くまで触れないし、配達要請があっても店閉められないもの。
天窓塗った時もそうでしたが、それほど臭い塗料ではないのだけれど… やっぱ気持ち悪い(*_*;


15
Category: お酒   Tags: ---

お知らせ

5月1日より真稜の価格が一部変更となります。
ウチで取り扱っている商品で変わるのは以下の通り。

純米吟醸 至 1.8L 2800円
純米吟醸 至 720ml 1500円

純米 300ml 460円

純米低アルコール 1.8L 2150円


あえて現在の価格は書きません。
値下げなら書くんですけど…(^ー^ゞ

元々が低価格設定でしたのでなにとぞご理解くださいますようよろしくお願い申し上げます。



テーマ 日本酒    ジャンル グルメ


14
Category: 島発2等   Tags: ---

次から次へと

北朝鮮のロケット、実質ミサイル打ち上げ失敗した理由?

ゴルゴダの丘で讃美歌13番が鳴り響いたからに決まってんでしょ。
あの男に依頼すれば不可能も可能になりますからの。
あんまりハッキリ書くとワタクシの眉間に風穴が開くからぼかしますけど・・・。


時計のゼンマイを撒いていたら バララララン とネジが反転。
その勢いで爪を割りました(><;

ボンボン時計ご臨終(TーT

DSC_0021_20120414190833.jpg

次から次へとガッカリやな~。
味気ないクオーツ掛けるのもちょっとな~。
でも時計無いと不便だしな~。





13
Category: 島発2等   Tags: ---

大忙し

数年前まで使っていたアルミ。
全面にミミズの這った様な錆が浮いていたのでサンドペーパーを当てたら、なんとまぁ、コレ、表面にクリア吹いてあるのね。
サンドペーパーでササッと取れるような錆ではなく結局サンダー当ててギャギャギャちゅいーん、と大仕事。
あぁ、こんなことなら錆びたままでよかった、と思った時には後の祭り。
もう戻ることもできません。
さすがに鏡面仕上げとまでは行きませんが、とりあえずコレでいいべ、というところまで来たのでコレ持ってオートバックス。
コレとおんなじのんでいっちゃんやっすいタイヤ入れて~、とお願い。
なんと4本で9800円(@@;
安ッ!!
オートバックスオリジナルなのだけれど実際作っているのは某有名メーカーだということで、んじゃ、それでいいや、とお願いしたのですが、工賃やらリサイクル料やら諸々で18200円…
なんだかな~、それでも安いのだけれどなんかものすごいガッカリ感。
最初から込みこみの金額書いてくれて、バランスとらなかったらいくら引き、廃タイヤお持ち帰りなりならさらにいくら引きって方がありがたいな。

戻ってくるなり早速付け替え。

IMGP1254.jpg

ん~、なんか… 小さい?

違和感を覚えて外したスタッドレスと並べてみました。

IMGP1253.jpg

ギャーン、直径にして3cmも小さい。
1.5cmも短足になっちまった。
大失敗や~、これじゃメーターも正確に表示されないし、夏タイヤにしても燃費向上にならねーべ。

まぁしょうがねぇ、ガッカリしててもしょうがないので次は洗車。
ひと冬越してハッチバックやタイヤハウス回りに錆がポツポツ。
あ~、これも今の内に手を入れてやらんと穴開くんだよな~。
次から次へと嫌んなるなも~。




12
Category: DIY   Tags: ---

天窓

高いところは嫌だ…。
屋根の上は滑り落ちる心配もございますが、なんせ古い家だから屋根自体が抜けおちるのではあるまいかと思うと脂汗がにじみ出る。

昨日の雨が嘘のよう、雲ひとつない青空。
塗装から3日も経つのになぜか防腐塗装が乾ききらない。
しかしこの青空を逃すと次はいつになるかわからない。
朝一で作業開始。

すっかり固着してしまった痛んだ天窓。
外すのに少々苦労しましたが、道具も使わず外せました。

IMGP1243_01.jpg

ところがここで早速トラブル発生。
最初の採寸では幅68cm。
もちろんそれに合わせて窓枠も作りました。
ところがコレが入らない。
どうしても途中でつっかえてしまう。

スケールで測り直したらなんと上部は67cm。
下部は痛んで広がって68cmになっていたことが判明。
コレにはあわ喰いました。
外しちゃった以上、今日中になんとかしなければならない。
大慌てで両脇5mmづつ丸のこでカット。
スライドレールが収まる部分もトリマで緊急加工。
白木がむき出しになった部分を再び塗装しなければならないのですが、今日中に完成させなければならないので塗装できず。
幸い、レールに隠れる部分と両脇古い木製レールに触れる部分で直接雨に当たる場所ではないので蝋を塗るだけにしておいた。

IMGP1244_01.jpg

さて次は内側からの作業。
以前はありませんでしたが今回滑車を追加。
次いでスライドレールを固定する当て木をしなければなりません。
これは最初に作った窓枠が結局廃材になってしまったのでコレを再利用。

IMGP1245_01.jpg

滑車側のロープを引っ張れば閉まる。

IMGP1246_01.jpg


なんとか日中に完成。
朝一で始めて正解でした。
寸法が合わなかった時は ヤべ… とマジ青ざめました。

IMGP1248_01.jpg


ホームセンターで売っていたスライドレールの一番長いのが45cmでしたのでスライド幅も全開でコレだけ。

IMGP1249_01.jpg

でもまぁ、天窓開けたい時は下の囲炉裏から立ち上った煙を抜きたい時だからコレだけ開けば十分です。

IMGP1250_01.jpg

IMGP1251_01.jpg

IMGP1252_01.jpg

ピシャリ!
おっけい、オッケー、ポッキ~♪
一先ず天窓完成。












テーマ リフォーム    ジャンル ライフ


11
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

ハヤブサ

DSC_2998.jpg

地図上の直線距離にして700m弱というところでしょうか。
このくらい離れなきゃ狭い視野には収まりません。

一瞬、オスが寄ってきたのでこれは契りを交わすのか、と期待しましたがすぐに飛び去ってしまいました。
視野が狭過ぎて状況把握が難しいので最近はもっと短いレンズ、50FLとかちょ~気になってしまう今日この頃。
今はとても買えませんけも・・・。
つーか、倍率低いオートフォーカスアダプターがありゃいいだけの話なんですがね~。
誰か作ってくれねぇかな。

DSC_2964_01.jpg




テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


10
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

コチドリ到着

先日の爆弾低気圧で海岸線も海中もすっかり地形が変わってしまってしばらくは釣りにゃならんだろ、と思いつつキャストを繰り返しているのだけれどやっぱりなんにもきやしねぇ。
諦めて帰ろうか、という時 チリりりり… 何やら聞き覚えのあるさえずり。
この声はコチドリとちゃうンか??
辺りを見回すとおりました。

夏の使者コチドリ到着確認。

DSC_3021.jpg

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


10
Category: 島発2等   Tags: ---

被害甚大・・・ だった。

天気予報を見て今日のこの晴れ間に天窓やっつけちまおうと作業を進めてきたのですが塗装が乾かず。
お天道様に晒して乾かそうかと思って庭に出たら・・・ コレ何??

IMGP1239_01.jpg

屋根の銅板が吹き飛んでた。

IMGP1240_01.jpg

こいつぁ厄介だ・・・。



10
Category: 島発2等   Tags: ---

劇的ビフォーアフター

ちょいと用事あったので、朝行ってきました。
ビフォーアフターのお宅… と言っても施主さんの方ではありません(^^;

IMGP1236_01_20120410122857.jpg



福嶋さんのアトリエ。
ビフォーアフターの名残もありました。

IMGP1237_01_20120410122856.jpg



09
Category: DIY   Tags: ---

窓枠

一先ず窓枠完成。

IMGP1232.jpg

最初作ったのはコレ。

IMGP1209.jpg

ガラスをはめると割れて落下した時が怖いし、下手すると重さで屋根に持ってあがる途中に割っちゃうかも。
自分の失敗は案外そういう場合が多い(--;
ということでガラスではなくアクリル板にすることにしました。
ところがホームセンターに行ってみたらこの大きさでは一畳サイズを買わなきゃならない。
となると残ったあまり部分の方が大きいということになってしまうので、木枠を大きくして中のアクリル板を900×600サイズで間に合うように作り直し。

そんでもってこの天窓、現在はハメ殺し状態ですが作られた当初はスライド開閉式だったのです。
どうせ直すならやはり開閉しなきゃね。
そうすれば下の囲炉裏から上った煙も抜けるし都合がよい。
このまま今のレールにはめても摩擦が大きくて滑らないでしょうからレールを設置。

IMGP1233.jpg

先に作った細い窓枠ではこのレールの方が太くて設置できなかったのですよね。
もっとも上手くいくかはわからないし、このレール自体何年もつものなのか…(--A
さて次は防腐剤塗装。
その前にアクリル板はめ込んで問題ないか確認。

IMGP1234.jpg

IMGP1235.jpg

お~けぃ、オッケー、ポッキ~♪

今んとこ順調。
今回新調したトリマ威力絶大。


テーマ リフォーム    ジャンル ライフ


08
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

ヤツガシラ

それから5日後

厚い雲に覆われて日は昇ったけれど暗い朝。
竹で組んだハザ掛けはひと冬を越して割れ、その割れ目に飛び込んだ強い風を受けてボウボウと音を鳴らしていた。

DSC_0017_20120410131733.jpg


今日もダメか、と車に乗り込み移動するワタクシの目に飛び込んできたのはまぐれもなくヤツガシラ。
しかも冠羽を立てっぱなし。
今すぐにでも車を止めたい。
しかしここで止めれば間違いなく飛び去ってしまう。
警戒されないようにそこはそのまま通り過ごした。
車との距離1m以内。
飛ばない。
ちょっと離れた場所に車を置いて戻った。
もう移動したか?
見当たらない、と思ったら飛んだ。

そしてハウスの骨組みへ。

DSC_2807.jpg

前回より一回り小さいヒヨドリサイズ。

それからすぐ下に降りたのだけれど、背中を押すような風の強さどうしても手ブレを押さえられません。
おまけに見えそうで見えない場所ばかりウロチョロ。
結局、まともな写真は全然撮れませんでした。

DSC_2815.jpg

DSC_2821.jpg





テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真




top bottom