KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


In 01 2012

29
Category: お酒   Tags: ---

釜場

DSC_1580.jpg

DSC_1642.jpg


ワタクシが絵しか見ないので、人もまた絵しか見ないだろ、と思っているので絵と文章はリンクしません。

ワタクシが作業する場所は蔵の2階。
麹室の外でも土蔵造りに醗酵熱も加わってこの時季でも室温5度前後で安定。

年明け初のお休みを頂きまして、ヨッシャ今夜はガッツリ飲んで朝寝する、と帰宅したのですが
まぁ、皆様方からしてみますと想像を絶する我が家でございましてこの日の室温は蔵より寒い氷点下1℃。
断熱どころかまともに建具も揃っていないからすき間風ぴゅーぴゅー。
ストーブを焚いてもせいぜい室温上がって1℃位にしかならないのだからストーブは焚かない。
ストーブも焚かないのだから、熱燗にする術もなく、もちろんコートも脱がず炬燵に丸まって冷や酒を飲むのですが、耳や鼻が痛くて耐えられず早々に晩酌も切り上げて布団に避難する始末。

歳を追うごとにこの家の冬がつらい。





スポンサーサイト


28
Category: お酒   Tags: ---

続・逆光の魅力

DSC_1457.jpg

DSC_1494.jpg

DSC_1495.jpg



昨日一気にアップする予定でしたが、通信速度が遅くて画像アップロードが出来ずに今日に持ち越し。


27
Category: お酒   Tags: ---

逆光の魅力

DSC_1499.jpg

DSC_1496.jpg

DSC_1497.jpg

何をしているのかといいますと、手から水を出しているのです。
サイババの再来です。
説明はしませんと書いてきましたが今日は詳細に書き過ぎちゃったな~。

密造はしないでね。







26
Category: お酒   Tags: ---

仕事を終えて帰宅して雪掻き。
今朝も夜明け前から雪掻き。
出勤しても所定の位置に車を停めるための雪掻き。
蔵仕事を終えてから商売。
店先を本格的に雪掻き。
疲れました。

DSC_1385.jpg

DSC_1294.jpg

DSC_1300.jpg

DSC_1341.jpg

説明ですか?

しませんよ。


25
Category: お酒   Tags: ---

麹室 一眼とコンデジ

昨年の画像を見ていたら同じ人物で同じ作業(アングルはチョイ違うけれど)の絵を発見。
比較するとどエラい違い。

先ずは昨年のコンパクトデンジタハ~ル。

DSCN5787.jpg

対して今年の一眼。

DSC_1320.jpg

コンパクトは感度も自動調整で画像の隅々まで写しまくっちゃう。
よく言えば優秀、悪く言えば欲張りってところでしょうか。


25
Category: お酒   Tags: ---

麹室

麹室の室温は常時30℃以上。
眼鏡使用者は入室の際、必ずレンズが曇ります。
なので昨年は絶対に一眼を持ち込まずコンデジでの撮影。
何がそんなに違うのですかね~、納得がいかない。
なんかやっぱりコンデジには奥行きがないのです。
入室前にカメラをドライヤーでほっかほかに温めてついに一眼持ちこみました。

DSC_1202_02.jpg



24
Category: お酒   Tags: ---

しばらく鳥はお休みです。

うおぉぉぉ、D4発売で Nikonホームページから D700&D300s が消えてしまった。
と言うことは APS-c のフラッグシップはD300sからD7000へ移行?
後継機は出ないのだろうか??
まっ、出ても買えんからいいけどさ。

どうやら自分が思っている以上にお疲れモード。
おそらくは高血圧のせいだろうと思うのですが午後、特に夕方辺りからひどく頭が痛む、必ず右側。
なので鳥見てる時間があるなら少しでも寝ます。
と言ってなかなか昼寝もできないのですが(^^ゞ
BORGを外して通常レンズに戻し蔵のスナップショット。
暗い蔵の中ではこれまたシャッタースピードも稼げず、スピードライトを使っての撮影。
だけどやっぱり不自然でなのです。

スピードライト外してみましたが、まぁ見事な被写体ブレ。
コレはコレで好きなのですがね。
と言うことで思い切って手持ちレンズで最も明るい50mm単焦点一本勝負。

換算で75mmになっちゃうけどね…。

被写体がなかなかフレームに収まりきらない事が多いのですが思っていた以上にオモシロい。

DSC_1273.jpg

作業内容の説明はしません。
い~の、い~の、テクニカルな事はプロにまかしときゃい~の。


22
Category: お酒   Tags: ---

真稜 純米吟醸 「至」 生酒

お待たせいたしました!
真稜純米吟醸「至」生酒入荷いたしました。

DSC_1194.jpg

じゃーん、って感じで久々にズーミング流しw

1.8L 2600円
720ml 1400円


テーマ 日本酒    ジャンル グルメ


20
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

朱鷺 塒入り

日が沈んだ直後、朱鷺の塒入りに遭遇。
13羽かな。
ファインダーにも捉えたのですが確認してガッカリ。
まぁしゃ~ね~やね、あの暗さだし、1/20秒だもんね。
見事にブレブレ。

DSC_1023.jpg

DSC_1028.jpg

DSC_1010.jpg

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


20
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ハヤブサ  ヒシクイ  マガン  

ハヤブサ ヒシクイ マガン

DSC_0976_01.jpg

あぁ、ダメですね、このハヤブサは飛びません。
最初は飛びだしそうな感じだったのですが、時間が経つごとにくつろぎムード。
用事を済ました後に再び見に行ったらやっぱり全く同じ場所におりました。


今年はマガンよりヒシクイの方が多い?
約20羽、何かが飛んでいたので見に行ったらヒシクイでした。

DSC_0989.jpg

ここらの田んぼは大きくて遠すぎ…。
その先に進むと今度はマガンヒシクイの混成チーム。

DSC_0998.jpg

改めて考えてみますと今季初ヒシクイでした。




テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


19
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ハヤブサ  

Speed king

多くの写真サイトで残り柿が載っている通り、今年はこの時季になっても柿が多い。
それらを餌にするあのギャーギャーとうるさいヒヨドリがこの冬は極端に少ない。
それもまたオオタカやハヤブサが朱鷺を襲う一因なのでしょう。

配達、郵便局、買い出しと回ってちょいと朱鷺でも見ていくかい、と遠回り。
思った場所に朱鷺はいませんでした。
でも朱鷺のえさ場を見下ろす位置にゴマ粒。
そのゴマ粒が放つオーラをワタクシは感じ取ってしまいました。

カメラを向けて確認。

メスのハヤブサや~。
うっほ~、コイツぁ気が立ってます。
猛禽ばかり追っているせいか、仕草でなんとなくわかるのですよ。
コイツはそれほど待たなくても飛び立つ。
この感じでは今朱鷺がこの辺りを通過したら間違いなく襲いかかることでしょう。


DSC_0921.jpg

DSC_0922.jpg

DSC_0923.jpg

DSC_0924.jpg

DSC_0925.jpg

それが証拠におそらくは三枚目と四枚目の間に下を通過したトビに襲いかかりました。
連写スピードの遅くなるRAW撮影だったためにクロスする瞬間を捉えられませんでした(T-T

襲われたトビ
DSC_0940.jpg


しばらく見ていましたがやはりかなり苛立っております。
何かが通れば即行動に移るハズ、と読んで待ちかまえましたが結局なにも通らず。
ハヤブサの方が水鳥狙った方が良いと考えたのか海岸線の方に飛んで行きました。

DSC_0954_01.jpg

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


18
Category: フライトジャケット・ミリタリー   Tags: G-8  WEP  flightsuitsltd  

G-8 WEP flight suits ltd

またやっちまいました…。
いや~、もうやめよう、と思っていたのですが…。
あの縦型ポッケが仕事の仕切り書入れるのに便利なもんで…。
そんでもってどうしてもVリブの着られるヤツが欲しかった、と言うか…。

とどのつまり…

好きなの!

いいだろうよ別に!!
何で必死にいいわけしなきゃならねぇんだ(--;

今回は フライトスーツ社 メリケン製。
重さや中の感じは実物にかなり忠実。
残念ながらトラウザースと接続するための耳(?)はありません。

DSC_0912.jpg

ペン刺しも完璧。

DSC_0910.jpg

もちろんVリブ。
右は実物。
左がフライトスーツ社。

DSC_0913.jpg

別にVリブじゃないからバッタもん、と言うわけではありませんのであしからず。
VリブはWEPだけがもつ特徴の一つなので以後手に入れるならVリブじゃないとこころ躍らない。
というか、さすがにもう買わんと思うんですがね… 知らんけも。

今までのレプリカの中では最も満足の行く出来でした。
正直、あと2千円安かったらなぁ… と思いましたが、
たぶん2千円安かったら競り相手登場でこれより高い買い物になったかも知らんし、
まぁいい買いもんだったな、うんうん。

と言うことで 5着目のジッパチ(G-8)イエ~ぃ♪

DSC_0914.jpg




テーマ アメカジ    ジャンル ファッション・ブランド


18
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

うまくいきません・・・。

少しでも近付きたい、と思ってはみてもいざ近づくと肘を伸ばしてかざした針穴に対象を入れておく様なもので、まぁ一言で言うと無理。
相変わらずバシッと決められません… はぁぁ。

DSC_0852.jpg

DSC_0871.jpg

DSC_0888.jpg

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


14
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: マガン  

マガン

なんと今度はハヤブサ(らしき猛禽)に朱鷺が襲われたですと。
ハヤブサにしてもオオタカにしても朱鷺より小さい鳥だから、とどめを刺すのを諦める程の抵抗にあったのでしょうね。
念のためにワタクシも目撃情報のフリーダイヤルを携帯に登録いたしました。

ワタクシの方はコミミをひたすらに探しているのですが、未だに出会えません。
それから尾の辺りが白く見えるけれどオジロワシではなさそうな謎の猛禽飛行体を二度目撃したのだけれど、かなりの距離で結局何だかわからない。

で、ウロウロしていると気づかずうっかり飛ばしてしまったマガン
引き返してきたのでこれ幸いに狙ってみました。

DSC_0747.jpg

DSC_0752.jpg

前シーズンは50羽以上の群れでしたが今シーズンは20羽にも満たない小隊です。


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


14
Category: お酒   Tags: ---

吟仕込み

吟醸造りの真っ最中。
明日の早出に備えて早々に床入り。
昨夜23時過ぎ、ワタクシの携帯がけたたましく鳴り響く。
何かあったのか?
何があってももう酒飲んじゃったから動けんよ。
電話に出て見ると

「もしもーし、オオクラシュウゴでしゅ~、うきゃきゃきゃきゃw。 いつもの場所で待ってまーつ♪」

御馳走責めで有名な旅館で新年会の後に、ちょいと寿司屋を覗いて

「鯖あるかい?」

と何貫かつまんだ後にいつもの場所にたどり着いたオオクラシュウゴと名乗る謎の御仁から呼び出しの電話だったのだけれど仕込みに入ったワタクシは飲み会には参加しない。
はいはい、と返事して寝てしまった。

さて本日は週末で蔵仕事もさほど忙しくない。
しかし、鼓童の研修生が仕込み体験にやってくるものだから無理やり仕事を作る次第。
いまでは放冷機を使用してやらなくなった掛け米の放冷を自然放冷で行うというので久々に超望遠から武装解除。
ISO200で撮影なんてチョー久々。

DSC_0771.jpg

DSC_0777.jpg

前が見えなくなるほど湯気が充満するのですが6枚位じゃたいして湯気も立たずこんなもんでした。

テーマ 日本酒    ジャンル グルメ


13
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ウミネコ  

ウミネコ

オオタカ(らしき猛禽類が)朱鷺を襲ってとどめを刺さなんだか。
カラス大の猛禽にとって獲物としては大きすぎたか。
それともとどめを刺す前に監視員が駆け付けたのか。

もしもそのような場面に出くわしたら、さてワタクシはどうすべきなのでしょう?
朱鷺を助ける行動をとるべきなのか、成り行きを見守るべきなのか?
普通に考えれば後者が正しいのですが…。
おそらくカメラ越しにすべてを見届けるでしょう、非難されるだろうなぁ…。

おそらくはホンノちょっとした気の緩みで翼を追ってしまったのでしょう。
舞い上がることが出来なくなった鳥には死を待つ以外に術がない。
空腹に耐え、周りの気配におびえ、ただ来たるべき死を待つ。
真っ暗やみの絶望しか想像できない。
だけどコイツ自身は絶望しているのか、といえばおそらくそうではないでしょう。
このピンチを乗り切れば再び飛べる日が来ると信じているでしょう。
最後の瞬間まで生きる事を諦めないのではあるまいか。
もしかしたらもっとも希望に満ちあふれている時間なのかもしれません

DSC_0766_20120113195631.jpg


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


11
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: オナガガモ  

オナガカモ

コレと言って載せるような絵もなく…
あまりないアングルって事で。

DSC_0624_01.jpg

DSC_0626.jpg

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


08
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: オジロワシ  

オジロワシ

DSC_0701_02.jpg

状況からして一番のポイントは写真奥の方なのですが近寄れない。
一番近寄れるこっちに来たのですが向こうの間合いに入ってしまったみたい。
嫌われました。


DSC_0711_01.jpg

DSC_0713.jpg

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


06
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: タシギ  

タシギ

DSC_0678.jpg

DSC_0679.jpg

この角度でも目が見える通り、振り向かずとも360度の視野を持つ… らしい。




テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


05
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ケアシノスリ  

ケアシノスリ

あけましておめでとうございます。
今年の最初はケアシノスリで開幕。

とは言え、折角のノートリミングですが残念ながら後ろ向き、がっかりなスタート。

本年もよろしく。

DSC_0691.jpg

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真



1
2
3
4
7
9
10
12
15
16
17
21
23
30
31

top bottom