奇楽庵

毎日がとろけるスピード


In 08 2010

26
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

山賊

カワセミポイントに赴く。

抜き足差し足で覗きこむ。


今日は居なかった。


お盆からこっち、一度しか確認していない。



それにしても不思議。

明らかに橋の上から捨てたと思われる草が散乱している。

刈った草をわざわざここまで持ってきて捨てて居るのだろうか?

盆前にはジャガイモが投棄されていた。

なんでわざわざここまで持ってきて捨てて居るのかさっぱりわからん。



ついでに言うのなら盆中は 旅んモン なのか 旅ン出とるモンなのか知らんけも

水たまり状態で取り残されたヤマメやアユを根こそぎ獲って行った。

あんな小さいものを獲って帰って一体どうするのか、まったく。

残しておけばカワセミやサギの餌にもなろうものを…。

カワセミの餌だからいいものを、これが朱鷺の餌なら

害人だ、駆除すべき!

とか言われますよ。




その投棄された草を橋の上から眺めていると青い軽トラがやってきた。

通り過ぎるものだと思ったら、ワタクシの背後で停車。


なんだ???


振りかえってドライバーに


「おはようございます。」


と、あいさつしたが返事はない。


完全無視で車から降りてきてワタクシの横から川を見下ろす。




なんなの?

ヤバい人?

もしかてヤバい人?

頭、不自由な人?

逝っちゃってる人??



とりあえず、ワタクシはその場を去ろうと歩きだしたら

今度は猛スピードでバックしてきた。



え?

マジやばい人?

おいおいおい、こっち突っ込んでこねぇだろうな(汗



するとハンドルを切って路肩に乗り上げUターン…

するのかと思ったら、なんかこっち見てます。



一体なんなんだよ??



こっち車に乗って発車準備していたら、行っちゃいましたけどホントなんなの?



何しに来たんだ??





はっ!!!


もしかして山賊?


●●の山賊か?


島外客が釣りしてると、国府川水系じゃないのに漁業権を主張して金をせしめるというアレなのか!?

●●の海賊に並んで噂に名高い●●の山賊!?








と、思ったけれど落ち着いて考えてみた。

ここではワタクシは余所モン。



となると、



もしかして不法投棄している人と思われちゃったかい??




この川、ちょいと雨が降ったくらいでは濁らずにきれいなのですが、いかんせんゴミが多い。



たとえばこのカワセミ

DSC_0042_01.jpg


余計なところは切り取ってありますが、

このカワセミの下の清流には

DSC_0042_01_01.jpg

バイクが捨てられているのですよね。

かな~りガッカリ。




上流部も見てみたのですが、ここから上に人家はないはずなのですが

洗剤の容器やら、空き缶、酒のパック。

こういうのはわざわざ持ってきて捨てて居るのだろうか???

マッタクもって解せない。

まぁそういう類いならゴミ拾いしてもいいのだけれど

大物も多い。

ざっと見た感じかなり朽ちているものの車一台、

バイクはバラバラになっているけれど三台ほど確認。



ということで、不法投棄パトロールだったのかもしれない。





だけどさ~、そうだとしても挨拶ぐらい返せよな~。




本人、正義の味方のつもりかも知らんが感じ悪過ぎ。

















スポンサーサイト


25
Category: DIY   Tags: ---

ふさぐ2

とまぁそんなこんなで4か月中断した二階リフォーム。

通常一坪3980円の床板B材を3480円の安売りの時に購入。

正直、これ購入時すでに予算オーバーしていたので買うべきか、

買わざるべきかえらいこと考えましたが

清水の舞台から飛び降りたつもりで先行して購入しておりました。

で今回購入したのがスタイロフォーム30mm1260円×7枚

に電気引くための配線関係もろもろ約1万1千円。

この1万1千円捻出するために4カ月w

IMGP0698_convert_20100816193445.jpg


余っていた針葉樹合板で塞げる部分の土壁を塞ぐ。

DSCN5432.jpg

昔、何かで使った残りのカラーニスで塗ってしまえば違和感なく溶け込みます。


DSCN5440.jpg




まだちょいと合板が残っておりますのでこっちも進めましょう。

DSCN5437.jpg


10cmごとに採寸して切り出し。

DSCN5434.jpg



一旦外して塗装。


DSCN5435.jpg


下部分も塞ぎましたが、途中で材料不足。

今回できる作業はココまで。


DSCN5444.jpg


とりあえずあと1万あれば壁は塞げそうなのですが…


無理はできません(TーT


次の再開はいつになるやら。



テーマ DIY    ジャンル ライフ


23
Category: DIY   Tags: ---

ふさぐ

財政難でございますから、切れっぱしも無駄にはできません。

さらに直線では切り出せない場所ですから

ブロックごとに塞いでいくには切れっぱしの方がむしろ都合が良い。


IMGP0541_20100823192406.jpg


IMGP0542.jpg


IMGP0543.jpg

とりあえずハマっていますがさてどう固定しましょう。



IMGP0544.jpg


一先ずテープを貼ってみました。


でも案の定強力固定どころかよくくっつかない。


なので、竹ひごで串刺しにしようかと…


IMGP0545.jpg


こんな長い奴は中々刺さりません。


で、思案した結果、

IMGP0546.jpg



つまようじで固定。

コレ最強!



天井裏部分無事塞ぐことに成功。


IMGP0546 (2)




この後、資金捻出できず約4カ月作業中断したのでございました(T-T




テーマ DIY    ジャンル ライフ


20
Category: DIY   Tags: ---

難関

頭を抱えたところ。

IMGP0534.jpg

この複雑な曲線部分、どうしましょ。

出来れば見なかったことにしたかったのですが避けては通れない。

IMGP0535.jpg

一先ず御前天井部に当たる部分カット。

大雑把に採寸とカット、それから現場に合わせながらひたすらコツコツ、コツコツ

IMGP0536.jpg



でけた。

バッチシ!


IMGP0537.jpg



この時、まだ3月でしたので天井裏からつめたい風が吹き込みます。

さてこれまた曲線続きのこの場所をいかにして塞いだらいいものか。

塞ぐにもやはり断熱処理をしなくてはなりません。

一先ず、脱衣所補修の時に余ったスタイロフォームで直線部を塞ぐ。

IMGP0540.jpg



これだけじゃ断熱材として意味をなさない。




どうしよう。




テーマ DIY    ジャンル ライフ


19
Category: DIY   Tags: ---

枠組み

後先考えず、いえ、後先考えても

閉塞感を解消するにはぶち抜くよりほか手立てが無かった。

大きく開口したはいいけれど手すりもなんにもない状態で怖い。

IMGP0510.jpg


なので転落防止に先ずはココに枠組み。

購入したのは 2×4材 10本。

なにかと必要になるだろうからと多めに購入。

屋内で濡れることはないので防腐加工材でないから安い。



先ずは軸となる部分を決めてそれに合わせて加工。

IMGP0514.jpg

こんなところでもただ切って固定ではなくその場に合わせて加工。

IMGP0517.jpg

こんなのは序の口でこの後、とにかく厄介な作業が目白押し。




次は下部分。

IMGP0519.jpg

大工仕事も回数を重ねるごとに細工が本格化していく。

IMGP0520.jpg

IMGP0522.jpg

となると、やっぱりそれなりの道具が欲しくなる、というか必要になってくるのが困ったチャン。

今一番欲しいのは墨つぼ。

やっぱアレすげぇよ、なんたって一瞬で長い直線引けるんだもの。

なんとなくあの木魚みたいな独特の形に プロ仕様 って感じで

素人は手を出してはいけないオーラを感じていたのですが

ここまで作業やってくるとむしろ素人だからこそちゃんとした道具を持たなきゃならんのではないか?

と思うようになりもすた。

でも金ないから買えない。

タコ糸と画鋲で ビヨ~~~ん と直線張って定規当てて直線引いてます(--;





他の材の寸法取らねばならないので一旦固定。

IMGP0523.jpg

IMGP0524.jpg

IMGP0525.jpg



右側の柱は途中で切らずに上部梁まで一本でやるのでこれまた厄介な作業。

IMGP0526.jpg

御前の天井部分がちょっと出っ張っているので、その部分に合わせて細かく加工。

IMGP0527.jpg


一応、全パーツ加工完了!

IMGP0529.jpg




これより組み付けに入ります。


ドッキングシークエンス!



IMGP0532.jpg


がしーん!

がしーん!!

がしーん!!!



ちゅきゅぴーん!!


IMGP0533.jpg


ドッキング完了!



テーマ DIY    ジャンル ライフ


18
Category: DIY   Tags: ---

ぶち抜け!

とっくに書いたものだと思っていたのですが、

改めて確認したら二階補修は窓ガラス入れただけの記述しかなかった。




去る3月21日。

とにかく天井が低くものすごい閉塞感を感じる二階。

これは二階の壁の外側。

御前の土壁。

IMGP0506_01.jpg







えぇ、やりましたよ。

やってやりました。


IMGP0508_01.jpg



最早引き返せない。

なんとかできるのか? も、わからない。

しかし どどーん とやってやりました。


IMGP0507_01.jpg



当初、両面やってロフト化しようと考えていたのですが、

片面崩した時点で中の構造がわかったのと、

息苦しさも解消されたので、予算的な物を考慮して片面で留めておきました。

まぁ実際問題、ここ崩さないと材木とか搬入もできなかったもんね。

IMGP0509_01.jpg



テーマ DIY    ジャンル ライフ


16
Category: DIY   Tags: ---

床補修

台風拍子抜け。

それは良かったけれど、掻き入れ時の盆に雨。

佐渡汽船が下手を打っておおさど丸故障による便数半減の追い打ち…。

痛いですわ・・・。






長らく中断していた二階リフォーム。

やっと、やっとスタイロフォーム購入することができて再開。

IMGP0694_convert_20100816193243.jpg


とにかくもう暑さとの戦い。

このくそ暑いのに発泡スチロールの上での作業は地獄そのもの。

触るだけでも暑くてたまらん。

とにかく水分補給。

汗だく状態で接客する訳にはいかんのでマメにTシャツも交換。

8回ぐらい着替えたような気がする。

IMGP0695_convert_20100816193323.jpg

やっと一面にスタイロフォーム敷きつめて断熱処理完了。

うかつに歩くと凹むので早く床をはらねば。

IMGP0696_convert_20100816193405.jpg

最後の一列はゆがんだ壁に合わせてカットしなければならないので難航。

3日ほど掛かりましたが何とか無事床板補修完了。

IMGP0698_convert_20100816193445.jpg

おぉぉ~、床板張っただけで見違えるようだぜぃ。

しかしあらためて思いましたが、畳ってブルジョアの敷きモンだよなぁ。

い草かおる、真新しい畳は夢のまた夢。





さて次は壁。

もちろん予算ないので立派なことはできません。

さてどうしよう。




いやいや、その前にここには電源が来ていないので電気工事しなければだな。



テーマ DIY    ジャンル ライフ


10
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

羽茂でも

typhoon001.png


この予報円、やばいっすね・・・。

お盆の台風、一夜にして国仲平野が塩害で真っ白になった悪夢を思い出させます。

消滅するか、できる限り沖合通るか、風ではなく雨中心であってほしいものです。








んで、羽茂に行ってもやっぱ

DSC_0050+-+コピー_convert_20100810135148

ノスリなんだよなぁ。



どゆこと?



ハッ!?



まさか・・・



メカっすか、メカノスリっすか?



ツケられている!?


どこかの監視下にある?


どこよ、どこなのよ?


CIA?

プーチンの力で水面下で暗躍する KGB?

MI6っすか?

それともいまだにナチスの残党を追うモサド…

やばいな、そのうちノスリの目からレーザーポインターが びー って出て

ハープーんみさいる とか飛んでくるかもしれんわ。



と、想像するくらいノスリ遭遇率が高いのでR。





あ~こりゃこりゃ








10
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

なぜでしょう。

今日は久々にアカショウビンを探しに行ってみたのです、



が・・・




全然違う場所なのに今日もまた



DSC_0032_convert_20100810121539.jpg



ノスリ



なんで(--?



最近じゃ後ろ姿でもわかるようなってきた(--;




アカショウビンの声も確認できず。







DSC_0035.jpg


こういう崖に開いているホラ穴って

DSC_0036.jpg


天然なんですかね?

それとも何百年も前の山師が掘った狸穴なのでしょうか?

そうだとすれば、





ロマンですね~。









08
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

イッツ!

今日もまたノスリ。

ここんところ ノスリ ノスリ ノスリ。

でもやっぱり居ればカメラを向けずにはいられない。

DSC_0018_convert_20100808130237.jpg



そのノスリが飛び立って次の枝にとまろうとした。

DSC_0022_convert_20100808130249.jpg



なんとあろうことか、バサバサバサと木の下に落ちたw

何が起こったのでしょう。

再び舞い上がるところをキャッチしようとカメラを向け続けるのだけれど上がってこない。

おかしいな、とあぜ道を進んで現場に行ってみる。

どこ行ったんだろ?

もうここにはいない。



すると頭上をミサゴが横切って行った。

DSC_0026_convert_20100808130303.jpg





車に戻りシートにもたれ掛った瞬間




イッツ!!




激痛が走った。


確認してみるけれど何もない。


だけど今絶対にハチに刺されたべさ…。


車に常備しているムヒを塗りまくった。


昨日はそれほど気にならなかったけれど、

今日の方が背中からわき腹にかけて腫れて動くと痛い(><;




おとといは左手首を毒蛾らしきものにやられてるし


先月はブユで唇腫れてるし


今年は虫に刺されまくりなのです。





06
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

地獄谷線

本日は地獄谷線を通って出勤。


枯れ木のてっぺんに何か居たのですが、確認する前に飛んで行った。

沢にはカワガラス。

道にとまったホオジロは車が迫っても飛ばずによけるだけw

ちょいと色の浅いキセキレイは幼鳥でしょうか。

耳からの情報も多い。

ホオジロをはじめ ウグイス・カケス。

気持ちよく吹きわたる風の音。



10080601.jpg

山にはもう目にみえる秋。


地獄谷線から見る地獄谷。

10080603.jpg

緑に覆われてあんま地獄っぽくない。



小木の三崎

10080602.jpg

水津の岬も見えます。

10080604.jpg

コーナーを曲がった正面の枯れ木のつんぶり(つんぶり:てっぺん 頂上の意)

あのシルエットは鳩だけど、ありきたりなキジバトかな~。

10080605.jpg




おっ!


おぉぉぉぉ!!

初確認!!!

10080606_convert_20100806103914.jpg


アオバト!

やっぱ確認してみるもんだ。

意外にも使い辛い18倍双眼鏡が大活躍。


ホレホレ、噂の アーオ って歌声を聞かせろぃ。

と、しばらく待ってみましたが鳴くことなく飛び去りました。



近くで何かが鳴いている。

なんだべ?

どこにいるんだ?


声のする方を見てみるのですが確認できず。


すると飛び立ちました。


なになになに?

一瞬すぎてわからなかったよ。

ムクドリみたいにずんぐりして翼の一部ががカワラヒワの様に黄色かった。

場所を移して相変わらず声は聞こえるのですが姿が見えない。

ちょいと藪に入れば見えんことはなさそうなのですが、手前の藪が一面うるしなんだよなぁ

諦めて先に進む。

黒滝白滝、行ってみたいのですが今日も時間が無い。

前回途中まで行ってみたのですがどうやら結構下らなきゃならないみたいだし、

ここは 滝ウォッチャー の 華くん に話聞いてから行くことにしよう。





04
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

双眼鏡と単眼鏡

バードウォッチングの必需品と言えば、やっぱり先ずは双眼鏡でしょう。

しかしワタシは肉眼派。

望遠鏡代わりの望遠レンズのみでした。

双眼鏡は左右のピントが合わないために頭痛くなっちゃうんですよね。

なので、片眼で見られる単眼鏡が欲しい。

あまり倍率が高いと視野が狭いので7倍から9倍くらいのポケットサイズ。

光学機器は一生モンと思って少々高くてもいいものを買った方がいい、とものの本には書いてある。



と、いうことで なが~い目でみておりましたがポケットサイズ買っちゃいました。


CA390877_convert_20100804130546.jpg


ニコン や ペンタ ほど有名じゃないけれど KENKO なら

カメラのレンズも作ってるからそんなに悪くないでしょう。



この7倍ポケット単眼鏡 希望小売価格7800円。

これ、実はおまけ付き。

CA390878_convert_20100804130614.jpg

18-100倍双眼鏡に三脚セット。

18倍でも視野が狭くてとまっている鳥には有効ですが飛んでる鳥は追えません。

正直言って使いづらい。

ちなみにこの双眼鏡、希望小売価格5万8千円。


それがセットで送料込みの 9987円。


ジャパネットたかた 恐るべし(--;







しかしこのところ暑くて寝られず。

涼しくなった早朝にバードウォッチングに出かけると寝不足。

4時半、5時半には一度目が覚めるのですが、ここで二度寝しなければ一日体力が持たない。

なので近頃は狙って出かけず出勤前にちょこっと観察。

仕事中に庭でウォッチングとその程度。


昨日は家の近所でノスリ観察。

カワセミポイントに行ってみると、カメラには収められなかったけれど飛び立つカワセミを目撃。



もしかしたら、ワタクシは安易に近づき過ぎているのかもしれんなぁ…。



と、本日はワタクシがいつもカワセミを待つポイントから100mほど離れた地点で停車し凝視。



おっ! なんか飛んだ。

とまっている鳥には有効の18倍双眼鏡で早速確認。



あぁっ! カワセミ… しかも2羽!!!

1羽はアユ食ってむ。

DSC_0026_01_convert_20100804130640.jpg


そうか、そうだったのか、いつも僕がアンブッシュしていたまさにそこが漁場だったのか。

それじゃ、なかなか撮れない訳だよ。

しかし、あんなに苦労したのに双眼鏡手に入れたとたんこんなにもあっさり発見できるなんて…。

しかしここでは遠すぎる。

やっぱりもう少し近づきたい。

フィールドスコープを持ってこなかった事を後悔した。

車をそこに乗り捨てて、一旦視界から離れ抜き足差し足。

DSC_0032_convert_20100804130753.jpg


慌てて飛んではいかなかったけれど、やっぱ気づかれたかな…。

2羽とも上流に消えて行きました。



振り向くと

DSC_0047_convert_20100804130810.jpg


ハッ飛んだ!

DSC_0048_convert_20100804130823.jpg


ここ橋の上やぞ、大丈夫なんか???

DSC_0050_convert_20100804130841.jpg

大丈夫みたいだ。



「駆除すべき」と言うは簡単だけどこんなスゲー奴、駆除なんて無理無理~。




そういえば昔は、長屋の軒にタヌキやテンの皮がいっぱいぶら下げてる家があったけれど

そんな光景もみなくなりましたねぇ。







03
Category: ピンボケ野鳥倶楽部   Tags: ---

庭にメジロがやってきた。

ヅィヅィ、ヅィヅィ


この声はシジュウカラだべ。


と庭に目をやると居ました。


シジュウカラが何羽か群れでやってきました。


となるともしかしたら佐渡では行動を共にしているチックなヤマガラやメジロなんかもいるのでは!?



ヤマガラは確認できませんでしたが、メジロは居ました。

DSC_0010_01_convert_20100803201309.jpg


やっぱり行動を共にしている。


巣箱も作りたいんですけどね~。


中々時間がとれません…。






1
2
5
7
9
11
12
13
14
15
17
21
22
24
27
28
29
30
31

top bottom