KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


"DIY" posts

17
Category: DIY   Tags: レザークラフト  レザーカービング  ももいろクローバーZ  自転車  ロードバイク  ロングライド  MCZ  

ハンドルバッグを作ろう。

ロングライドには毎回フロントバッグをつけて参加。
ですが実はアレ、ハンドルバッグではなく釣り用のエギングバック。
少々サイズが大きくて一日走ってると次第に垂れてきてワイヤーに干渉してしまう。
ちゃんとしたハンドルバッグを探していたのですが、帯に短したすきに長し。
何よりブルートゥーススピーカーを入れてちゃんと外に音を飛ばせるような構造のものとなると皆無。
これはもう自分で作るしかない、という事になってしまう訳です。

しかしまぁ、いざ作ろうとすると中々大きさが決まらない。
できる限りコンパクト。
それでいて大容量。
入れるのはウインドブレーカー、ブルートゥーススピーカー、モバイルバッテリーに携帯。

IMG_0475.jpg

先ずはチラシで作って実際に入れてみる。
ウインドブレーカーを横にして他きっちり収まる感じですが、ウインドブレーカーを縦に納めたら一気に容量広がるじゃん。

横幅、奥行きは決定で深さをウインドブレーカーの高さ12cmに変更。
大きさが決まれば次は革の確認。
手持ちの革の大きさ次第で切った貼ったしなければならないので完成形のイメージも変わってくる訳です。
なんと浅草橋で手に入れた大判革端切れで一枚革で切り出せることが判明。
という事で一枚革で型紙作成し、一気に切り出し。

IMG_0467.jpg

ショルダーバッグとして使うことはないのですが一応 Dカン も。

IMG_0468.jpg

自作モンには必ず制作年を入れるのですがウッカリをやらかしちまったい。

IMG_0469.jpg
 
E が逆さま(T-T
まぁ・・・、デザインぽく見えなくもないか・・・、な。


と、いう事で トンテンカントンテンカン、縫い縫い塗り塗りで完成です。

IMG_0477_20180517110403844.jpg

IMG_0472.jpg

軽量化も兼ねて内側はバックスキンむき出しの予定でしたが、
薄い革なのに調子に乗ってカービング始めたら所々貫通。
補強も兼ねてフェルト内貼り。
シンポー is Best!! のつもりだったのに作っているうちに疼いちゃって、ついつい派手にしっちまったい。

IMG_0473.jpg

スピーカーも中で暴れないように対処済み。
と、いっても使ってるスピーカーが壊れちゃったら作り直さねばですが、
おそらくその頃にはバック自体もいろいろ改良点が出てくるでしょうから試作零号バックというところでしょうか。

という事でウインドブレーカー、スピーカー、モバイルバッテリを入れてみたところデカすぎるくらいの容量。

IMG_0474.jpg

モバイルバッテリが予想以上に重いからガバガバしない方がよかったのかもしれん・・・。
まぁ、ロングライドが終わればいろいろ反省点が出ることでしょう。






スポンサーサイト


15
Category: DIY   Tags: シルバークレイ  

ククク、羽根はね、ねりねり

やってみよう!
と、思い立ち入門キットを買ったまではよかったのですが、届いた時には熱が冷めていたのでしょうか。
宅配便の箱すら開けずに置いておいたものを、ようやく開いてみようかと。
荷物の荷札見たら2016年の6月・・・。
2018年の2月まで放置していたとは吾ながらあきれる。
粘土練り練り、思いの形に作って焼成すれば99.9%の純銀になるシルバークレイ
実際やってみたら、思ったより粘土の粘りが無くて思うような形にできない。

これ、粘土で簡単に作れる、と思ったていたけど、大まかな形を作って削り出す、という方が正確。

IMG_0235.jpg

とりあえず初めてなんで一気に作ろうとして思い通りにいかないところがございますが、
これって、ひょっとして一度乾かして後から追加で張り付けていけばいいのか!?
と、思った時にはもう試す粘土がございません。

という事で、お祭りの香具師の型抜きみたいにチマチマと削り出し。

IMG_0236.jpg

カセットコンロで10分焼成。

IMG_0237.jpg

思った以上に縮みますね~。
焼きあがったときはまだ陶器、という感じでしたが磨いていくと金属になってるから不思議。

IMG_0241.jpg






28
Category: DIY   Tags: レザークラフト  革シース  

革シース リメイク

IMG_0081.jpg

チッ、雑な仕事しやがって!
何年前に作ったか記憶にないけれど、自ら作った革シースをみて憤慨。
糸をほどいて一旦開いて無駄な部分を切り落とし。

IMG_0082.jpg

ここに至るまでに2ウッカリ、やらかしましたが、まっいっかとスルー。
今までベルトに通したことはないのでベルトループは廃止。
そのかわりマジックテープを縫いつけてベルトにもつけられるように。
基本海で使うので金属パーツは使いたくないのですが、Dカンだけは妥協。
さて問題は柄の部分の固定法。
ホックはすぐに錆びるので・・・
久々にヘンプ編み編み。

IMG_0090.jpg

これはこれで出来たのだけれど、いざ縫い付けるに至って気が変わる。
傷んだ時の交換性がよろしくない。
もっと簡単に考えた方がむしろスタイリッシュってことで完成。

IMG_0091.jpg





27
Category: DIY   Tags: レザークラフト  革シース  

ン~~~ ・・・。

ハイ、本日麹室天井、壁、トコ上はもちろんトコ下からユカまで吹き上げて大掃除。
このトコ、とユカ、どっちも漢字で書くと 「床」 だからややこしい。
ワタクシの年内の任務完了。
本日をもってお払い箱。

さてさて、どうやらワタクシは釣り場でフィッシングナイフを落としてきてしまったようで。
これがないと釣れたら困る。
切れ味はいまいちでもやはりメンテナンスが楽ちんなステンがよいのだけれど、なんか
なんかな~。
これだ、というやつが見つからないので以前使っていた土佐打ち再登板。
しばらく使っていなかったから錆錆。
まぁ何度か使っているうちにきれいになっていくべさ。
几帳面にピカピカにする必要もない、どうせ錆びるし。
ある程度落として刃を付けたら、黒錆加工。

IMG_0081.jpg

が、久々に見たら



時間無いからつづく。


15
Category: DIY   Tags: レザークラフト  携帯ホルスター  

カスタマイズ

IMG_0064_20171114140825056.jpg


頼まれてもいないホルスター型携帯ケースを作った翌日、何か言いたげに〇〇が来たのです。
そして
「ここに穴開けられませんか?」
と。
つまり携帯を抜き出さなくてもサブスクリーンが確認できるようにしてくれと。
話を聞くと丸く穴をあけてくれればいいというのだけれどそこが素人考え。
ただ穴をあければいいなんてもんじゃない。
それ以前に縫い目ほどいてボンドで貼ったその部分を開かないと。
まぁ、開くのは大した問題じゃないのですよ。
問題は再び貼り合わせたときに縫い穴が揃うか否か。
ピッタリ揃わないとまた穴開け直しで仕上がりが汚くなるのだけれど、とりあえず携帯ごと預かる。

とか言いながら、こんな事もあろうかと一周ぐるりと縫うのではなく部分、部分で補修しやすく縫ってあったんですけどね。

IMG_0065.jpg

革のことを知らない〇〇のオーダーはこれでいいのですが
これでは穴が楕円に広がって型崩れするので補強。
これも貼って縫っただけではなく一仕事必要なのですが説明は カッツアイ!

IMG_0069.jpg

窓が開いたら内側の手を抜いた部分が丸見えなのが気に入らないのだけれど、
ん~もどかしいがそこまで作りこむならタダじゃやらん。
頼まれていないけれど勝手に刻印。

IMG_0067.jpg

無事、針孔が合うように張り合わせられ、縫った後は徹底的にコバ処理。

IMG_0076.jpg

完成!

IMG_0077.jpg

これ売れるんじゃねぇ~の~、なんて〇〇は言っておりましたが
えぇ、まぁ御所望とあれば承りますがね、おそらくみなさん値段聞いたら要らんって言うでしょうね。
だって革が高いんですもの。
こんな小物でも最低3デシは必要だしねぇ。




1
2
3
4
11
14
15
16
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom