KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


"fishing" posts

17
Category: fishing   Tags: ---

続 フラっと

なんだか日没が遅いものですからまごまごしてたらお夕飯の時間、ヘタすりゃもう終わってる。
大慌てで先日フラっと行って釣ったフラットフィッシュの調理。
って事で 先日のタイトルは フラっと を掛けてあったのですが伝わらないようで
まぁそうですな、ルアーマンじゃなきゃフラットフィッシュなんて言わんもんね。

マゴチは厄介なところに骨があるものですからちょいと捌くのが厄介で
余すことなく頂くのなら酒蒸しにでもした方が無難。
と、言ってもウチだけで食べるには多すぎる。
酒蒸しにしたから喰って~、とお配りするにはインパクトに欠ける。
つーか、それなら釣ったそのままの姿であげるから調理して、と言いたいわけで
お配りするならやっぱ刺身になるのです。

IMG_0612(1).jpg

んで、急いでいつもお世話になっているご近所の先輩宅にお届け。
みなさん、口をモグモグさせながら 誰でぇ? と出てくるものだから
ぶってぇビフテキ喰っとんとこすんませーんっす!
マゴッツィーニ 漉いたんでおっそわけっす。
と置いてきたのでした。

捌くの事の厄介さからマゴチだきゃぁ持って帰ってくるな、と言われた shibaさん宅にもと思ったのですが
遠いって程遠くもないけどちょいと時間が遅すぎたのでまたの機会に、という事になりました。







スポンサーサイト


08
Category: fishing   Tags: ---

フラっと

結構、後発。
不思議なことに人がいないから入ってみたのですが、いざ入ってみると次から次へと入れ代わり立ち代わり車がやってきては通り過ぎてゆく。
チッ、先行者居やがる、どいてくれねぇかな~、という気を感じる。
事実、ワタクシが移動したら5分と経たず、次の釣り人がポイント入り。
だけどなんでワタクシが来たときは誰もいなかったのでしょう、いいタイミングだったようです。

旬のヤツだけお持ち帰り。

IMG_0587_201807082113549e4.jpg





29
Category: fishing   Tags: 釣り  ルアー  真鯛  

サクラサク

ときマラソンが終わって三日後。
ようやく真稜の長い冬が終わり、ワタクシもお役御免。

季節はすっかり春を通り過ぎ初夏。
桜も散って山笑う季節。
遅咲きのサクラを狙って海に走る。
キャストをして着水直後に何度かクンクンクン、と何かが引っ張るのだけれどすぐに外れてしまう。
でもまぁ十中八九、これはイナダ。
お暇つぶしにはいいのだけれど、この時季もう旨くないので心躍らない。
そのアタリさえも無くなり、魚っ気も感じない。
沖からミサゴが魚をつかんで戻ってくる。
その姿を眺めながら、リールを巻いていると竿先10mほどのところで
ドスッと糸を介して伝わる衝撃に一呼吸おいて合わせるとたしかに何かが掛かっているのだけれど重いばかりで走らない。
サクラマスなら走らないまでもその場でもがくのだけれどそれもない。
根掛かった??
と不安になるとパワフルに走り出したけれど、すぐにまたステイ。
根魚かなんかなのかな??
いったい何??

いや~、それからが大変でした。
誘導は利かないし、波は高いし、タモに入れてもデカすぎて、というかラバーネットは深さが無いから収まりきらずにこぼれ落ちるし。
相手も中々観念しないから波が来るたびにバラすかもしれないという緊張感。
波の力を利用してランディングポイントまで誘導して、ようやく確保。

桜鯛5.5㎏。


IMG_0435.jpg

狙ったサクラとは違いましたが、かねてより一度釣ってみたい思っていた魚。
真鯛は走ると聞いておりましたが、今回はそれほどでもありませんでした。
さて釣ったはいいけれど困りました。
想定外過ぎてどうやって持って帰ろう。
車の中を物色しても、頭しか収まらないビニール袋が一枚だけ。
こんな時はアレですよ、あの男が救ってくれるはずなんですよ、激・会長!の出番なんですよ。
と連絡したら、後ろのワイパーにぶら下げて帰れ、ですって。

という事で考えた末に、雨具を敷いてその上に転がして帰路に着いたのでございました。





05
Category: fishing   Tags: ---

よく見ると

不思議だ。
スクリューなんかついてねぇじゃん。
岩の陰、船尾に筒があるから、あそこからスクリューのシャフトが出てたとして、そしたら舵はどこよ??

DSC_0026_02.jpg

外に2ドゼムって言ってたけど、アレまだ中にあるって可能性ないんかな。





雨らなばいっそ雪の方がありがたいのですが。

IMG_0109.jpg

もう一本は最後の最後、指先10cmのところまで寄せて波にさらわれました、残念。

さすがに出刃を一度砥がんといかん。









02
Category: fishing   Tags: ---

ユラユラ

いったい昨夜何があったの?と言いたくなるくらい激にごり。
ついでに千切れ藻もすごくて釣りにならない
と、いう事で場所替え。
こちらはイナダがホイホイでて退屈はしないのだけれど持ち帰る気がないので外すのが面倒。

コーン、と何かがあったような気がするのだけど、と思ったらルアーの後ろを何かがユラユラとついてくる。
根魚?
どっちにしても食う気のないパタンやな、とルアピックアップしようとしたら食っちゃった。
だけど特に走るわけでもなく、と言って抜き上げるにはちとデカい。
結局キャッチするまで抵抗らしい抵抗をせず、なんだかな~、釣った気がしない。

ところでこの時季のクロダイってどうだったっけ?
なんかまだ旨くないような気がするのだけれど・・・。
手ぶらで帰るのもなんだし一応持って帰ることにしたけれど、こないだ入れたガソリンが早くもピコピコ。

ウェアとバッグ洗って塩抜き。
明日も気になるけれはゆっくり寝ることにする。



IMG_0105.jpg





1
2
3
4
11
14
15
16
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom