KIRAKUAN

毎日がとろけるスピード


"島発2等" posts

09
Category: 島発2等   Tags: ---

青春だべさ

東京に行きます。
郷土芸能界のドン・だーゆんの紹介で東京で鬼太鼓です。

が・・・、

ワタクシはお呼びでない。
ドン・だーゆんがやってきて 「東京行かんの?」 と聞かれましたが・・・。
高速バスでも手配してくれりゃ応援に行く気で居たけれど、
青年団長曰く、全員車で行けるメンバーで揃えたので大丈夫です! ですって。
当然ながら以来ワタクシに一切の情報が入ってこないのですが、
どうやら だーゆん先生 行程を聞いて心配になってワタクシの元にきたようで
聞けば二泊三日で行けるものを、なぜか行きと帰りに群馬で一泊づつ挟んで三泊四日。
東京ではカプセルホテルで駐車場なども調べていないとか・・・。

なるほど、まず引っ掛かるのはカプセルホテル。
どうしてそんな発想になるのか不思議。
それから、帰りの群馬はいいとして、行きの群馬。
ワタクシならば確実に任務遂行すべく、前日に東京、最低でも埼玉までは入ってしまうのですが、
群馬に泊まるという事は当日会場入り!?
確実に会場入りできるのか???
たしかにこれは だーゆん先生でなくても心配だ。
とはいえ、もう予約もしているだろうし、なによりワタクシは蚊帳の外。
東京に土地勘のないメンバーで珍道中は必至。

いや~、青春だわ~。

そしてワタクシは思ったのです。
OBには お前はまだ若手だ、と言われ、青年団にも呼び出しが掛かるのですが
つくづくもう青年じゃないんだな、と思い知りました。
四日も休めねーし、なにより任務より遊び重視って発想がオイラにはも~なかったよ。

彼らには風が吹いてるわ~。
湘南乃風くらい熱い風吹いてる、こんな感じで。

DSC_6566_01.jpg

モニタに映るのは HAN-KUN と 若旦那?
湘南乃風ライプに熱狂する人とスパスタヴァゴ 処女星号。

オラ、もぅ、青年じゃねんだな~、もう50近いし。





スポンサーサイト


27
Category: 島発2等   Tags: ---

もののあはれ

ようやく山も色づいてきたか、と思ったら台風で散ってしまったか?
下から見た感じではすっかり色あせてしまったような。

DSC_6620.jpg

という事で紅葉狩り。

DSC_6626.jpg

尾根のあたりは散ってしまったところもございますが見頃です。
今年最後の乙和池になるかな、葉も落ちてすっかり明るくなった、と思ったら

乙和池最大のブナが

DSC_6632.jpg

まさかの真っ二つ。

DSC_6633.jpg

DSC_6634.jpg

おそらくこの池を100年以上は見守ってきたであろう、この木も半分はここまでか。
まぁこれも自然の流れ。

お社の鳥居もあはれ。

DSC_6635.jpg




25
Category: 島発2等   Tags: ---

すごい風でした。

そうそう、たしか善知鳥祭りの日だったかとおもいます。
ゴゴゴゴゴ、とあたしゃてっきり自走の大型クレーン車が来たかと思ったら
ガタガタガタガタガタ・・・
と西の窓だけ揺れましたね。
謎の衝撃波が5回くらいきました。
今回はドーン、というような音はせず、地鳴りのような、重機の走行音の様な音を響かせてきました。
小松基地からスクランブルのソニックブームなのか?
まさか米韓軍事演習の音じゃないでしょ、だったら西側日本海沿岸広域にわたって騒ぎになるだろうし。
何だったんすかね~。


 台風21号 ランちゃんなんてかわいらしい名前がついていながら夜中の2時くらいからものすごい風でちょいちょい目が覚める。
ふぃふぉー、とわりかし近くで救急車が鳴り出したと思ったのですが、どうやら何かが共鳴しているらしい。
楽器とも歌声ともとれそうな、なんとも言われぬ今まで来たことないの無い音。
風神、と言えば俵屋宗達の風神をおもいうかべますが、
あの音を聞くと風の神様ってのはあんなんじゃなくて女だな、と思ってしまいましたね。
夜が明けても風は強かったけれど明るいというだけで安心するもので、
地震の時もそうだったけれどやっぱり夜というのは心細いものです。

という事で六時に布団を抜け出して仕事に向かうと

IMG_0036_01.jpg

枯れた桐の木がぼっきり折れて落下。
結構デカくて動かせるかしらん、と雨の中車から出てまずは周囲確認。
まだ落ちてくる可能性あるし。
崖の上のあの木からか・・・ こんなん直撃したらえらいことですわ。
とりあえず引きずって路肩へ寄せて通過。
思ったほどの被害はなさそうでした。

ところがですわ、一日経った翌日。

IMG_0038_01.jpg

右側からも杉の倒木。
これはもうお手上げ。
Uターンするほどの道幅もなくバックで坂道をずっと上って迂回路へ回りました。
よくよく見たらお隣の杉の木も二本倒れて入り口をふさいている。
まぁビニルハウスしか使ってなくて母屋は空き家なのでいいとして、
一番うちに近い杉がこっちに傾いているように見えるんだよなぁ・・・。
なんか、やばいんだよなぁ。


20
Category: 島発2等   Tags: ---

はんばぁぁぁぁぁぁぐ!

そういえば、ハンバーグ師匠に似てる、と言われることがあります・・・ 自分ではわかりませんが。

まぁそれはいいとして肉買いに行ったんですよ。
でも肉高かったんですよ。
つーかイワシが安すぎて霞んだんですよ。
で、手開きで叩いてたたいて、味噌とショウガいれてすり鉢でゴリゴリしてつみれ汁作ってたんだけど
鍋に入りきらんほどの量になりまして残りはまとめて焼いちゃいました。

IMG_0032_01.jpg

見た目はほんと、ハンバーグだな。



28
Category: 島発2等   Tags: ---

見上げれば

いつしか燕の姿も消えて蝉の声もしなくなった。
すっかり涼しくなりまして見上げますと上弦の半月。
本来ならば上弦の月の発売日となるはずなのですがすでに四合瓶は完売。
わずかに一升瓶が残るのみ。
あまりのお祭りぶりに来年は一升瓶を辞めて四合瓶のみにしようか、そうすればもう少し本数も稼げるのだけれど・・・
なんて話をシャチョサーンはしておりましたが、さてどうなるものやら。
今年の無農薬無肥料栽培越淡麗の収量次第という事です。

季節雇用の蔵人も戻ってきて次の仕込みに向けての大掃除。
活気が戻ってきました。
ワタクシの蔵入りの日も決まりましたが、その前にワタクシは今年最後のレース。
トレーニングも大詰め・・・ なのですが
この時季になると鼻のアレルギー。
寝てる間に鼻づまりで口呼吸。
喉が渇いてイガイガ。
翌朝、17km走ったもののなんだか体が重い。
全然のってこないわ~、走った後もだり~し、熱くもないのにやたら汗かくし、睡魔に悪寒・・・。
まさかとお昼に熱計ってみたら

IMG_2849.jpg

咳は出ないからアレルギーだと思っていたら風邪だった。
本番も近いのでお医者様のところで薬もらって二日ほど寝たら復活したものの本番前調整大失敗。
予定が大きく狂ってしまったのでした。

昨年は自己記録を30分も縮めたのに、今はそれは果てしなく高い壁。






1
2
3
4
5
6
7
8
11
13
16
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom